“戦争を絶対にしない”と約束した日本。西島秀俊×佐々木蔵之介らが戦後最大の危機に立ち向かう! 映画『空母いぶき』新予告解禁

“戦争を絶対にしない”と約束した日本。西島秀俊×佐々木蔵之介らが戦後最大の危機に立ち向かう!  映画『空母いぶき』新予告解禁

5月24日(金)に全国公開される、映画『空母いぶき』の新予告編と本ポスターが解禁となった。

『沈黙の艦隊』『ジパング』のかわぐちかいじ原作、累計500万部突破のベストセラーコミックを、西島秀俊、佐々木蔵之介、髙島政宏、玉木 宏、藤 竜也、そして佐藤浩市といった日本映画界を牽引する超重厚キャストの共演で映画化する本作。

真っ赤に染まる空母「いぶき」を背景にオールスターキャストが並ぶ本ポスターは、「運命の、24時間。」というコピーと共に、戦後最大の危機に立ち向かう人間達の緊張状態が表現されている。

また、新予告編では、日本の危機に立ち向かう登場人物たちの姿が収められている。日本が侵略を受けた状況下「これは訓練ではない!」という空母「いぶき」秋津艦長(西島)からの言葉により、第5護衛隊群の各艦隊員はかつて経験したことのない緊張感に襲われる。攻撃か、防御か――自身の信念の元で激しく葛藤する「いぶき」副長の新波(佐々木)、たまたま取材目的で「いぶき」に乗艦していたニュース・サイトの記者・本多裕子(本田 翼)は、この事態にどう立ち向かうのか。垂水内閣総理大臣(佐藤)を中心とする政府は究極の選択を迫られ、海の向こうでは「対空戦闘用意!」と各艦長(髙嶋・玉木)の号令がこだまし、中野店長(中井貴一)のコンビニエンス・ストアには、事態を知り食料や水を求める市民の長蛇の列が出来始める。果たして、“戦争を絶対にしない”と約束した日本はこの危機にどう立ち向かうのか、物語の展開が気になるところだ。

【原作者:かわぐちかいじコメント】
優れたアクセルとブレーキ、この二つが機能しなければ動力を備えた運動体は上手く機能しない。それはあらゆる組織・国家も同じだろう。映画は原作以上に秋津と新波が自衛官としてクッキリ描かれていて、国を守るとはどういうことかというテーマが二人の確執を通して浮び上ってくる。秋津と新波は国を守り戦う自衛隊の優れたアクセルとブレーキなのだ。

【STORY】
20XX年。日本の最南端沖で起こった国籍不明の軍事勢力による突然の発砲。日本の領土の一部が占領され、海保隊員が拘束された。未曾有の緊張が走る中、政府は初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とする護衛隊群を現場に向かわせる。空がうっすらと白み始めた午前6時23分。この後日本は、かつて経験したことのない1日を迎えることになる―。

作品情報

『空母いぶき』
5月24日(金)全国超拡大ロードショー!


原作・監修:かわぐちかいじ「空母いぶき」(小学館「ビッグコミック」連載中・協力:惠谷治)
企画:福井晴敏
脚本:伊藤和典、長谷川康夫
音楽:岩代太郎
監督:若松節朗
製作:『空母いぶき』フィルムパートナーズ
配給:キノフィルムズ

キャスト
西島秀俊(航空機搭載型護衛艦「いぶき」艦長:秋津竜太)
佐々木蔵之介(航空機搭載型護衛艦「いぶき」副長:新波歳也)

航空機搭載型護衛艦「いぶき」
藤 竜也(第五護衛隊群群司令:湧井継治)/村上 淳(船務長:中根和久)/石田法嗣(砲雷長:葛城政直)
戸次重幸(第92飛行群群司令:淵上晋)/市原隼人(アルバトロス隊隊長:迫水洋平)
平埜生成(アルバトロス隊パイロット:柿沼正人)/金井勇太(海幕広報室員:井上明信)

護衛艦「あしたか」工藤俊作(艦長:浦田鉄人)/千葉哲也(砲雷長:山本修造)
護衛艦「いそかぜ」山内圭哉(艦長:浮船武彦)/和田正人(砲雷長:岡部隼也)
護衛艦「はつゆき」玉木 宏(艦長:瀬戸斉明)
護衛艦「しらゆき」横田栄司(艦長:清家博史)
潜水艦「はやしお」髙嶋政宏(艦長:滝隆信)/堂珍嘉邦(船務長:有澤満彦)

RF4EJ偵察機
袴田吉彦(ナビゲーター:大村正則)/渡辺邦斗(パイロット:備前島健)

首相官邸
佐藤浩市(内閣総理大臣:垂水慶一郎)/益岡 徹(内閣官房長官:石渡俊通)中村育二(副総理兼外務大臣:城山宗介)

外務省アジア大洋州局
吉田栄作(局長:沢崎勇作)/三浦誠己(局員:赤司徹)

P-Panel
本田翼(記者:本多裕子)/斉藤由貴(プロデューサー:晒谷桂子)片桐仁(ディレクター:藤堂一馬)/土村芳(AD:吉岡真奈)

コンビニ
中井貴一(店長:中野啓一)/深川麻衣(アルバイト:森山しおり)/伊達円祐(アルバイト:和田正幸)

ジャーナリスト 
小倉久寛(東邦新聞記者:田中俊一)/岩谷健司(東邦新聞記者:一ノ瀬隆)今井隆利(現代日報記者:飯野智司)

オフィシャルサイトkuboibuki.jp

『空母いぶき』原作コミック

©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ