稽古の成果? 神戸FWポドルスキが今季初ゴールで「四股パフォーマンス」を披露!

稽古の成果?  神戸FWポドルスキが今季初ゴールで「四股パフォーマンス」を披露!

大型補強が話題のJリーグ・ヴィッセル神戸。今シーズンの明治安田生命J1リーグでは、開幕戦こそセレッソ大阪に敗れてしまったが、その後サガン鳥栖、ベガルタ仙台に連勝している。

そして3月17日(日)のJ1第4節では、清水エスパルスをホームのノエビアスタジアム神戸に迎えた。

注目の新加入選手セルジ・サンペールもベンチ入りしたこの試合、なかなかゴールを奪うことができない神戸だったが、49分、アンドレス・イニエスタからチャンスが生まれる。

ゴールラインギリギリまで持ち込んだイニエスタからの折り返しを、ルーカス・ポドルスキがゴールに叩き込む。しかも得点後には、相撲の「四股」のパフォーマンス!

先日、九重親方(元千代大海)のツイートで相撲の稽古に参加していたことが明らかにされたポドルスキ。まわし姿は世界的な話題にもなった。

ポドルスキ自身も練習で「四股をやってみた」とツイート。

足腰や体幹はあらゆるスポーツにおいて重要。サッカーにも効果アリなのかもしれない。

イニエスタとポドルスキで先制点を奪ったヴィッセル神戸。しかし試合は、終盤に清水エスパルスが相手のクリアミスからチョン・テセのゴールで追いつき、1-1に終わっている。

ホームで痛い引き分けとなった神戸は、3月30日(土)に行われる次節、アウェイでガンバ大阪との関西ダービーに臨む。

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by QOLY