神谷浩史がサプライズ登場! 沢城みゆき、野沢雅子、庄司宇芽香、藤井ゆきよも登壇した『ゲゲゲの鬼太郎』ステージイベント【アニメジャパン2019】

神谷浩史がサプライズ登場! 沢城みゆき、野沢雅子、庄司宇芽香、藤井ゆきよも登壇した『ゲゲゲの鬼太郎』ステージイベント【アニメジャパン2019】

本日3月23日(土)、東京ビッグサイトにて開催中の「AnimeJapan 2019」特設ステージにて、『ゲゲゲの鬼太郎』のステージイベントが開催された。

ステージには、作品の声優を務める沢城みゆき、野沢雅子、庄司宇芽香、藤井ゆきよに加え、シークレットゲストとして神谷浩史が登壇。作品に関するトークが繰り広げられた。

イベントでは新情報として、4月7日(日)放送の第50話より登場する新キャラクター・石動 零(いするぎれい)を、神谷浩史が担当することが発表。シークレットゲストとして登場した神谷は、アフレコ現場について「ベテランの方々が(台本にある難しい言葉が言えず)弱音を吐いているのを見てホッとしました」とぶっちゃげトークを全開し、会場の笑いを誘う。

野沢は神谷との関わりを“親子のような関係だ”とし、通っている美容室も同じであるといった仲の良さをアピール。神谷も「いずれは髪の色も同じに……」と冗談を飛ばし、再び会場の笑いをとっていた。

1年の振り返りについて聞かれると、庄司は『ゲゲゲの鬼太郎』の作品の大きさが感じられたとしみじみと語る。沢城は“立派な鬼太郎”を演じようと意識し過ぎていたことに気づいたので、これからは“年相応の鬼太郎”を演じたいと意気込みを語った。

イベントの後半では、4月28日(日)放送の第53話にて人気ユーチューバーのヒカキンが本人役で出演することも発表された。

最後に、神谷が「(石動役が決まり)今年一番嬉しかったです。嬉しい気持ちをアフレコ現場に持って行って、精一杯役をやらせていただきますので、ぜひぜひご覧ください」と挨拶し、イベントは終了となった。

『ゲゲゲの鬼太郎』は毎週日曜朝9時~9時30分に好評放送中。神谷が出演する第50話は、4月7日(日)に放送になるので、ぜひチェックを。

「AnimeJapan 2019」最新情報はコチラ

『ゲゲゲの鬼太郎』神谷浩史が新章の新キャラクターとして出演決定! ヒカキンも本人役で登場

『ゲゲゲの鬼太郎』神谷浩史が新章の新キャラクターとして出演決定! ヒカキンも本人役で登場

2019.03.23

作品情報

『ゲゲゲの鬼太郎』
フジテレビほかにて毎週日曜9:00~9:30放送(一部地域を除く)
4月7日(日)より新章「地獄の四将(よんしょう)編」スタート

【STAFF】
原作:水木しげる
シリーズディレクター:小川孝治
シリーズ構成:大野木寛
キャラクターデザイン・総作画監督:清水空翔
音楽:高梨康治、刃-yaiba-
制作:フジテレビ・読売広告社・東映アニメーション

【CAST】
ゲゲゲの鬼太郎:沢城みゆき
目玉おやじ:野沢雅子
ねずみ男:古川登志夫
ねこ娘:庄司宇芽香
犬山まな:藤井ゆきよ
砂かけばばあ:田中真弓
子泣きじじい&ぬりかべ:島田 敏
一反もめん:山口勝平

【主題歌】
OP:氷川きよし「ゲゲゲの鬼太郎」
作詞:水木しげる/作曲:いずみたく/編曲:田中公平
ED:go!go!vanillas「No.999」
作詞:Tatsuya Maki/作曲:Tatsuya Maki/編曲:go!go!vanillas

【第6期 STORY】
21世紀も20年近くが経ち人々が妖怪の存在を忘れた現代。科学では解明が出来ない現象が頻発、流言飛語が飛び交い大人たちは右往左往するばかり。そんな状況をなんとかしようと妖怪ポストに手紙を書いた13歳の少女・まなの前にカランコロンと下駄の音を響かせてゲゲゲの鬼太郎がやってきた…。

【新章「地獄の四将編」STORY】
目玉おやじの茶碗風呂、子泣きじじいや砂かけばばあのかまびすしい会話、ゲゲゲの森ではいつもと同じ穏やかな時が流れているように見える。しかし鬼太郎の様子が何かおかしい…鏡爺と何かを探している素振り。

そんな時、鬼太郎のもとに人間の少年から助けを求める手紙が届く。鬼太郎はさっそく手紙の主に会いに東北へ向かうが、その姿を遠くから見つめる謎の男が…!?

©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』オフィシャルサイト
http://anime-kitaro.com/
アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』オフィシャルTwitter
@kitaroanime50th

原作コミック『ゲゲゲの鬼太郎』