宮野真守「ハードで、シリアスで、攻め込んだ内容の超大作」。梶 裕貴も登壇した映画『二ノ国』ステージオフィシャルレポート

宮野真守「ハードで、シリアスで、攻め込んだ内容の超大作」。梶 裕貴も登壇した映画『二ノ国』ステージオフィシャルレポート

3月23日、東京ビッグサイトにて開催中のアニメの祭典「AnimeJapan 2019」にて、今夏公開される山﨑賢人主演&声優初挑戦の映画『二ノ国』のステージイベントが開催。本作キャストの宮野真守、梶 裕貴、そして日野晃博(製作総指揮)が登壇した。

本作は、レベルファイブが制作する大ヒットRPG「二ノ国」シリーズの劇場アニメ作品。ある事件をキッカケにふたつの世界を行き来する主人公たちにつきつけられる「究極の選択」を描く衝撃作だ。「妖怪ウォッチ」「レイトン」シリーズなどで知られる、日野晃博が製作総指揮、原案、脚本を務め、監督は百瀬義行(『おもひでぽろぽろ』原画 他)、音楽は久石 譲(『千と千尋の神隠し』 他)が担当する。

本稿では、そんな本作のステージイベント オフィシャルレポートをお届けしよう。

映画『二ノ国』スペシャルステージ(AnimeJapan 2019)

集まった約1000人の大歓声に迎えられ登壇した日野晃博、宮野真守、梶 裕貴の3名は本作の制作発表後の世間の大きな反応に驚きながらも、絶賛制作中である本作についてのトークを展開。

日野は作品の手応えについて「レベルファイブとして初めてゲームとの関連は考えず、メッセージ性があって観た人に何かを感じてもらえる作品“純粋にいい映画を作りたい”という気持ちで取り組んでいます。物語もレベルファイブのテイストとは違っていて企画の段階でも物議があったが非常に攻めている内容で、(青春の)普通の三角関係ではなく、人の命を巡って命を取り合う物語。ジブリテイストの絵、超豪華声優陣、謎がいっぱいのシナリオ、最後のどんでん返しに皆さん驚いて頂けると思います」と自信を覗かせる。

“二ノ国”ではヨキを演じる宮野は自身の役柄について「ただの優しい人ではなく、一癖も二癖もあるキャラクターで、僕自身もどんな活躍をするか楽しみ」。また、“二ノ国”でダンパを演じる梶は「カワイイ見た目のキャラクターで、僕自身どんな声で演じるのか楽しみです。関西弁じゃないですよね!?」と、日野と宮野に確認し会場を盛り上げる。

初めて明らかとなった2大ドリーム声優が演じるキャラクターに会場からの関心が集まる中、すでに脚本を読んだというふたりから「シナリオを読んで、ファンタジーな世界でカワイイ絵なんですけど、ハードで、シリアスで、攻め込んだ内容の超大作で今からわくわくしています。僕自身、この絵の中に参加できる事が嬉しいし、皆さんには期待して待っていてほしいです」(宮野)

「元々ゲームのファンで、今もテンションが上がってます! 山崎賢人君ともいつか共演したいねと話していたので『二ノ国』で共演できてよかったです。賢人からはアフレコに立ち会ってほしいと言われていたので支えます! (宮野真守も同調し「みんなで賢人を支えましょう!!」と盛り上げる)。本当に大作 映画です。久石さんの音楽も、、もう本当に色んな面で楽しみですし、1ファンとしても嬉しい!」(梶)と、制作中でありながら映画『二ノ国』の圧倒的な期待値の高さと、クオリティの高ささをファンに宣言。数々の作品に参加してきたふたりだからこそ説得力のある熱い言葉に会場中が酔いしれ、“衝撃作”の誕生に期待値はさらに高まることとなった。

また、一般公募によるLINE LIVE限定声優オーディションを勝ち抜いたせりしゅんさんと水瀬遥さんが登壇し緊張気味に意気込みを語り、宮野真守は「せっかくの大舞台だから楽しんで収録してくださいね」と優しくアドバイスを贈っていた。

【STORY】
冷静沈着で車いすのユウ、バスケ部の人気者のハル、ハルの恋人コトナは幼なじみの親友同士。ある日、事件に巻き込まれたコトナを助けようとした二人は突然、「二ノ国」に引き込まれる。そこは現実世界と並行する魔法の世界。そこで二人はもう一人のコトナ、アーシャ姫に出会う。次第にアーシャ姫に惹かれていくユウ。しかしコトナの危機を救うには、アーシャの命を奪わなければいけないことを知る。大事な人の“命”をかけた究極の選択に果たして二人人の決断は―。

作品情報

映画『二ノ国』
2019年夏、全国ロードショー

製作総指揮/原案・脚本:日野晃博
監督:百瀬義行
音楽:久石 譲
主演:山﨑賢人

原案:レベルファイブ
アニメーション制作:オー・エル・エム
製作:映画「二ノ国」製作委員会 
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2019映画「二ノ国」製作委員会 

映画『二ノ国』オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/ninokunijp/