坂口健太郎×吉田鋼太郎が“FF愛”を熱弁! 『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』公開決定

坂口健太郎×吉田鋼太郎が“FF愛”を熱弁! 『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』公開決定

本日3月24日(日)、「FINAL FANTASY XIV FAN FESTIVAL 2019 in TOKYO」のコーナー「プロデューサーレターLIVE」内で、『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』制作発表会が開催され、W主演を務める坂口健太郎、吉田鋼太郎、FF XIVプロデューサー兼ディレクターの吉田直樹が登壇。6月21日(金)より全国公開されることが発表された。

本作は、息子であることを隠して父とオンラインゲームをプレイする日々を綴り、累計アクセス数が1,000万を超えるブログが原作。SNSで絶賛の声が爆発的に広がり、地上波でドラマ化もされた。劇場版となる本作では、息子・岩本アキオ役に坂口、父・岩本 暁役に吉田のW主演、そしてアキオの会社の同僚・里美役に佐久間由衣、アキオの妹・美樹役に山本舞香、アキオの会社の先輩・吉井役に佐藤隆太、アキオの母親役に財前直見と豪華キャストが集結した。

暗転しスクリーンに解禁された本作の特報映像とポスターが映し出された後、吉田プロデューサーから劇場版の制作が発表されると大歓声に包まれた会場。今の気持ちを聞かれた吉田プロデューサーは、「『光のお父さん』計画が、多くの人を巻き込んで、そもそもテレビドラマになったこと自体が奇跡的なのに、劇場映画になるなんて! 嬉しくないわけがないです」とコメント。ドラマ版から全スタッフ続投という制作陣に関しては、「脚本もすべてリライトしています。僕も相当口を出させてもらいました。スタッフ一丸となって、スケールアップして劇場版をお届けしたい」と自信を見せた。

ここで、現在撮影真最中という本作からW主演を務める坂口と吉田がサプライズ登場。坂口は「僕も実際に『FF』をプレイしていて、すごく楽しいです。このゲームの良さを伝えられるような、そして父と子の愛情を描いた作品にしていきたいと思います」、吉田は、自身の演じる役がドラマ版で故・大杉 連が演じた役であることに触れ「何回もお仕事をさせていただいておりまして、本当に尊敬する先輩だった大杉さんの演じられた役をやらせていただくこととなり、とっても光栄で、とっても責任が重大だなと。でも、がんばってやっていきたいと現在撮影しております!」と挨拶。

吉田プロデューサーから、本作の出演オファーを受けた際について聞かれると、坂口は自身もゲーム好きであることを明かし「『FF 』シリーズはほぼ全作やっているのですが、それを公表したりはしていなかったので。どこかで知ってくれたのかな、と思ったのですが、全然そんなことはなかったです」とコメント。さらに、「お芝居をするときは、僕はアキオでありマイディーでもあるので、ゲームの中の気持ちと自分をシンクロさせるのが、すごく難しい部分でした」と演じる難しさを打ち明けた。

一方吉田は、「お父さんは基本寡黙な役で、セリフを覚える作業をほとんどしなくて良いという楽してる感じです」と笑いを誘いながら、「喋って演じることのほうが得意で、アドリブをして現場で盛り上がる方なのですが、今回はきっちりと伝えたいことだけを言葉少なにしゃべる人なので、そこの難しさはあります」と明かした。

役作りへの工夫については、坂口は「ゲームをプレイしながら、アキオという役が構築されていく感じを楽しみながらやっていました。父親との絆をフューチャーしている作品なので、現場でも鋼太郎さんとがっつりとセリフでやりとりするシーンはなかなかなかったのですが、ぽつぽつとお父さんが言ってくれるセリフが妙に心に響いたりとか。そういうのはおもしろい感覚でしたね」と振り返る。吉田は、「基本的にお芝居は一人でするものではないので、セリフの少ない役であっても一人になっていはいけない。絶対にコミュニケ―ションが必要で、通じていないということもコミュニケーションなので大事にしなきゃいけない」と熱く語った。

さらに、撮影中の現場の雰囲気について聞かれると吉田は、「家のシーンが多くて、リビング、座敷、アキオの部屋に約10時間ほど、ずっと拉致・監禁されています」と暴露し笑いを誘う場面も。坂口は、「ゲーム画面と僕で芝居をすることが時々あったんですね。その時に、ゲームをしながらどういう風に演技すれば良いのか迷ったりする場面も、撮影スタッフさんの中に、(『FF XIV』)熟練の方がいらして、『ツイスターがくるから』とか、あぁ、こいつを倒してから次にいかなきゃいけないんだなって。教えてもらいながらやってました」と撮影の裏側を披露。

また、自身もゲーマーであることを明かした吉田は「大きな声で言いたいのですが、僕らはゲーム世代。20歳くらいの時にファミコンが登場して、それに飛びついてやり始めて。『FF』も1からずっとやっている!」とアピール。「15のオンラインバージョン『戦友』を今やってるんですよ。ダウンロードするのに3日かかりました」と熱弁していた。

実写部分とゲームの中の画面の演技をミックスさせるという試みをしている本作については、吉田は「今回これがミソで。実際にいる暁というお父さんを演じるのと、ゲームの中で演じるのとでは、キャラを変えられるといえば、変えられる」とやりがいを感じている様子。坂口も、「普段は寡黙なお父さんが、ゲームの中では嬉々として生きていて。ゲームの中で『これが本当にお父さんなのか』って思いながら芝居するのが、おもしろいんですよね」とコメントした。

最後に、坂口は「『FF XIV』のおもしろさを、どう映像で伝えていくかというのと、息子と父親との人間関係・愛が描かれています。『FF XIV』のファンの皆さんの想いに負けないようなおもしろい作品を作っていきたいと思います。公開を楽しみにしていてください」。吉田は、「昨日も少年時代のアキオ、高校生になったアキオのシーンを撮っていましたが、なぜかわかりませんが少年時代から大人になったアキオを見ながら、演じながらちょっと涙ぐんでしまう一幕もありまして。出演者が泣いておりますので(笑)、笑えるところもドキドキするところもたくさんありますが、最後は皆さんに感動で涙を流していただけるような作品になっています」とアピール。

吉田プロデューサーは、「このゲームは、本当にいろんなことが起こるゲームでして、ユーザーの一人が発信したブログが、まさか劇場公開までいくとは。僕も撮影現場に行きましたが、間違いなくみなさんのご期待に添える作品になりますので、ぜひ劇場に足を運んで1回といわず2度3度と観ていただきたい」とコメントし、イベントは大盛況で幕を閉じた。

フォトギャラリー

【STORY】
この人が死んだとき、泣いたりするんだろうか──

自分が子供の頃から、何を考えているのか全く分からなかった父の背中を見て、心の中でそうつぶやくアキオ(坂口健太郎)。仕事一筋で単身赴任中だった父(吉田鋼太郎)が、突然会社を辞めて家に帰って来たのだ。母と妹も一日中ボーっとテレビを見ている父を、遠巻きに眺めている。父の本音を知りたい、そんな願いに突き動かされたアキオに、ある計画が閃く。アキオの得意なオンラインゲーム『ファイナルファンタジーXIV』の世界に父を誘導し、自分は正体を隠して、共に冒険に出るのだ。その名も〈光のお父さん計画〉! アキオは顔も本名も知らないゲーム仲間たちに協力を呼び掛け、励まされる。だが、この時のアキオは思いもしなかった。父に家族も知らない意外な顔があるとは──。

作品情報

『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』
6月21日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

監督:野口照夫(実写パート)、山本清史(ゲームパート)
脚本:吹原幸太
出演:アキオ:坂口健太郎、アキオの父暁:吉田鋼太郎、アキオの会社の同僚:佐久間由衣、アキオの妹:山本舞香、アキオの会社の先輩:佐藤隆太、アキオの母親:財前直見
声の出演:マイディー役(アキオのゲームキャラ):南條愛乃、あるちゃん役(ゲーム内フレンド):寿 美菜子、きりんちゃん役(ゲーム内フレンド):悠木 碧
原作:「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」マイディー
配給:ギャガ 
©2019「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」製作委員会 
©マイディー/スクウェア・エニックス

『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』原作

『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』オフィシャルサイト
https://gaga.ne.jp/hikarinootosan/

『ファイナルファンタジーXIV』オフィシャルサイト
https://jp.finalfantasyxiv.com/