土屋太鳳&志尊 淳、洋画吹替初挑戦映画『バンブルビー』が初日を迎え感無量! 木村良平、悠木 碧ら豪華声優陣が大集結

土屋太鳳&志尊 淳、洋画吹替初挑戦映画『バンブルビー』が初日を迎え感無量! 木村良平、悠木 碧ら豪華声優陣が大集結

映画『バンブルビー』公開と大ヒットを記念し、3月23日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて公開記念舞台挨拶が開催され、日本語吹替版で声優を務めた土屋太鳳、志尊 淳、木村良平、悠木 碧、濱野大輝、土屋神葉が登壇した。

特撮好きな土屋太鳳&志尊 淳が「トランスフォーマー」シリーズ最新作『バンブルビー』の魅力を語る。「特撮ものには夢がある!」

特撮好きな土屋太鳳&志尊 淳が「トランスフォーマー」シリーズ最新作『バンブルビー』の魅力を語る。「特撮ものには夢がある!」

2019.03.22

太鳳は「この作品はトランスフォーマー始まりの物語であると同時に、観た人の心に何かが芽生える、疲れや傷を抱えながら踏ん張っている沢山の人に勇気や元気を感じてもらえる作品です。私自身、この作品に救われながらチャーリーを演じたので、この作品からもらえる勇気や愛が日本にやっと届くと思うと本当に嬉しいです! 戦い方も自分の特徴を最大限に活かしていて、大切な人を守ろうとするところが本当に好きです!」と目を輝かせて挨拶し、続けて「今日は、いろいろな作品を拝見して感動を頂いてきた声優の方々とご一緒できて本当に光栄です。特に悠木 碧さんは、私が初めて声優に挑戦したときにご一緒させていただいていたんです。何か悩んでいたりする時も、悠木さんの作品を見て乗り越えてきましたし、今回チャーリーを演じて悩んだ時も、悠木さんの声を聴いて、こういう風にしたら良いのかなと考えていたので本当に嬉しいんです。」と明かすと、悠木は「太鳳ちゃんはすごく丁寧に仕事に取り組まれる素敵な役者さんで、私もとても勉強になったので、またこうしてご一緒できたことが嬉しかったですし、チャーリーと太鳳ちゃんがすごく合っていて素敵でした!」と照れながらコメント。

志尊は、先日同じ会場で開催されたジャパンプレミアを思い返しながら「ヘイリー・スタインフェルドさんはずっとハリウッドの作品で拝見していた方だったので、同じ作品に携わらせてもらえたというより、会えた! 本当に実在するんだ! とミーハー心がくすぐられました(笑)」とはにかみ、劇中で声を失った秘密が明かされるバンブルビーの吹替を担当した木村は「みなさん決して短くはない映画をご覧になった後ですが、覚えておいででしょうか、バンブルビーが喋っていた時のことを……!(笑) 映画ではバンブルビーは喋らないと聞いていて、演じられることはないんだろうなあと思っていたので嬉しいです」とコメント。

常日頃からバンブルビーの大ファンであることを公言している悠木も「自分の推しが主演の作品が出来るなんてすごい! と思って、時間がある限りは通い詰めて興行収入に貢献していきたいと思います。バンブルビーの作品に関われるだけで有難いんですけど、敵役で、バンブルビーを攻撃するということはバンブルビーに触れられるということなので、すごく光栄だと思いました。一緒に水にも流されたし、すごく幸せです!」と尋常ならざる愛情表現で会場を笑いに包んだ。濱野は「シャッターもドロップキックも、トリプルチェンジャーというレアなトランスフォーマーなので変身シーンは見どころです。地球に降り立ってはじめて人間を見たときの、戦士としての威厳や誇りを見せるディセプティコンに注目してほしいです」、神葉は「演じたトリップは、僕自身とタイプが違うので、海外のグルーヴ感だったりノリの良さを出せたらと思ってがんばりました!」と自身の役どころをアピールした。

本作ではじめて吹き替えに挑戦した志尊が、せっかくプロの声優と一緒に登壇しているチャンスに、「本当に普段声優の皆さんがやられている仕事は凄いと感じたんですが、何個も役をかけもちでやられているなかで、ゼロから役を作り出すアプローチはどうされているのかすごく気になるんです」と問いかけると、木村が「セリフをひとつずつ見て、こんな時にこういうことを言うキャラなんだと段々つながっていって埋まっていく感じですかね」とズバリ答える。志尊が「声のトーンの作り方はどうされているんですか?」とさらに問うと、木村は「たぶん俳優さんよりももっと声でバランスをとっていくのかなと思います。主人公がこの感じだったら、こっちのキャラはこういう感じかな、と現場で一緒にバランスをとって作っていくのかなと思います。普段ちょっとだけ土俵の違うお2人(太鳳と志尊)とご一緒するのも新鮮で楽しいです」と真摯なアドバイスに、志尊はもちろん太鳳、さらにプロの声優の面々も聞き入り、悠木が「お芝居の呼吸や波の付け方、臨場感がいつもと違う幅で見えました」と重ねると、太鳳も「だから声優の皆さんは一つの言葉でも立体感があるんだな、とすごく納得しました」と喜びながら真剣に耳を傾ける一幕も。

神葉は「もっと聞かせてください!」と言いつつ、ジャパンプレミアで太鳳がチャーリーとの共通点として「弟を利用するところがある」と言っていたことに話が及び、太鳳がニコニコしながら「利用と言うか、おいしいもの食べたいね、食べようねと言って(一緒に行かせ)るんです(笑)」と明かすと、神葉は「こちらとしてはパワーをもらいたいなと思うときに姉に『ちょっと、お肉食べない?』って誘って(笑)、おいしいところに連れて行ってもらってるので、持ちつ持たれつです!」と仲の良い姉弟ならではの微笑ましいエピソードを披露し、太鳳も「そうなんです、好きです(笑)」と満面の笑みを見せた。

ここで、全国をまわってきたリアルバンブルビーに、チャーリーと心を通わせる名場面の再現リクエストが各地で寄せられていたことから、太鳳も木村もそろうこの特別な舞台で、もしもバンブルビーが喋れたら、という設定で太鳳とリアルバンブルビーに、木村の声が加わるという夢の共演によるスペシャルバージョンで名シーンを生披露することに! 太鳳はバンブルビーを前に、「すごくかわいくて愛おしいですね。一緒にどこか行きたくなります、お花見とか!」と共演が実現した喜びを語り、実演ではしっかりと目を合わせ、木村も息を合わせて見事な掛け合いが披露されると、会場からは万雷の拍手! 太鳳は「全然声が出なかった……(笑)」と謙遜しつつ、「これまでは映像だけだったので、実際にこうして自分でビーに触れられるのが本当に嬉しかったです。気持ちがこもりました。ありがとうございました」と感無量の様子でコメント。

これから本格的に春休みへと突入し、桜前線の到来とともに日本列島を駆け巡る”バンブルビー前線”の盛り上がりを見せつける舞台挨拶となった。

【STORY】
自分の居場所を見つけられない思春期の少女チャーリーは、海沿いの小さな廃品置き場で、ボロボロの黄色い車を見つける。「バンブルビー」と名付け、修理したこの車が、やがて普通の車ではないと気づくのに、時間はかからなかったー。1987年、まだ地球は平和な生活を送っていた。その時までは。

作品情報

『バンブルビー』
大ヒット上映中

監督:トラヴィス・ナイト
原案:クリスティーナ・ホドソン 
脚本:クリスティーナ・ホドソン、ケリー・フレモン・クレイグ
製作:ドン・マーフィ、トム・デサント、ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ、マイケル・ベイ 
キャスト:ヘイリー・スタインフェルド、ジョン・シナ、ジョージ・レンデボーグJr.、ジョン・オーティス、ジェイソン・ドラッカー、パメラ・アドロン、ステファン・シュナイダー
全米公開:2018年12月21日(予定)
原題:Bumblebee
配給:東和ピクチャーズ
© 2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. © 2018 Hasbro. All Rights Reserved.

オフィシャルサイト
bumblebeemovie.jp/ 
オフィシャルtwitter
Bumblebee_JP
オフィシャルInstagram
bumblebee.jp