梶 裕貴、神谷浩史ら登壇の『進撃の巨人』Season3ステージ オフィシャルレポート到着【アニメジャパン2019】

梶 裕貴、神谷浩史ら登壇の『進撃の巨人』Season3ステージ オフィシャルレポート到着【アニメジャパン2019】

3月23日、24日に開催されたアニメの祭典「AnimeJapan 2019」にて、TVアニメ『進撃の巨人』Season 3のスペシャルステージが開催。そのオフシャルレポートが到着した。

本作は、4月28日(日)よりNHK総合にてSeason3のPart.2が放送予定。ついに決行される、人類の悲願であるウォール・マリア奪還作戦が描かれることになっている。

TVアニメ『進撃の巨人』Season 3スペシャルステージ

ステージには、エレン・イェーガー役の梶 裕貴、ミカサ・アッカーマン役の石川由依、アルミン・アルレルト役の井上麻里奈、リヴァイ役の神谷浩史が登壇。Season3のPart.1を振り返りつつ、4月から始まるSeason3のPart.2への意気込みを語った。

ステージでは、オープニングトークの後にSeason 3に関する質問を、漢字一文字で答える『進撃の巨人 attack one talk!』コーナーも行われた。コーナー内では、Season3のPart.1を中心にキャラクターたちの成長や、印象深いシーンについてトークが繰り広げられ、会場に集まった1,000人の観客とともに、作品への想いを共有した。

最後の挨拶では、梶が「今回のSeason3 Part.2のドラマは、ある意味で集大成となるような内容になっています。荒木総監督のもと、この『進撃の巨人』というアニメが皆様にとって、大切なもの・かけがえのないもの・忘れられないものになるように、頑張っていきます。ぜひ最初から最後まで欠かさずご覧いただければと思っております」とコメントし、イベントを締めた。

【INTRODUCTION】
人類が永きに亘って壁の中に隠してきた、大いなる秘密――。その真実に一歩近づいた調査兵団だったが、時の王政により反逆者の汚名を着せられてしまう。しかし、人類はただ飼われるだけの家畜ではなかった。

真実を追い求めるエルヴィン・スミスの執念は兵団のトップを動かし、遂に現体制に対するクーデターが勃発する。民衆を欺き続けた偽りの王は退き、真の王家の血を引くヒストリア・レイスが即位。自ら巨人を討ち果たした勇敢な女王のもと、人類は新たな時代を迎えようとしていた。

エレン・イェーガーが得た硬質化の能力と、そこから誕生した対巨人兵器。着々と反抗の準備を進める人類は、悲願のウォール・マリア奪還作戦を決行する。人類と巨人、互いの生き残りを賭けた究極の戦い。その先にエレンは、人類は、はたして何を手にするのだろうか?

作品情報

TVアニメ『進撃の巨人』Season 3
4月28日(日)24:10~ NHK総合にて「Part.2」放送予定
※関西地方は24時45分から。
※放送日時は変更になる可能性あり。

 

【STAFF】
原作:諫山 創(別冊少年マガジン連載/講談社)
総監督:荒木哲郎
監督:肥塚正史
シリーズ構成:小林靖子
キャラクターデザイン:浅野恭司
総作画監督:浅野恭司、門脇 聡
助監督:若野哲也
アクション作画監督:今井有文、胡拓磨、三木達也、橋本尚典
美術設定:谷内優穂、藤井一志
巨人設定:千葉崇明
プロップデザイン:胡拓磨、手島舞
色彩設計:橋本 賢
美術監督:吉原俊一郎
3DCG監督:廣住茂徳
3DCGプロデューサー:籔田修平
撮影監督:山田和弘
編集:肥田 文
音響監督:三間雅文
音楽:澤野弘之
OPテーマ:Linked Horizon
EDテーマ:cinema staff
音響効果:倉橋静男
音響制作:テクノサウンド
アニメーション制作:WIT STUDIO

【CAST】
エレン・イェーガー:梶 裕貴
ミカサ・アッカーマン:石川由依
アルミン・アルレルト:井上麻里奈
コニー・スプリンガー:下野 紘
サシャ・ブラウス:小林ゆう
ヒストリア・レイス:三上枝織
ジャン・キルシュタイン:谷山紀章
ライナー・ブラウン:細谷佳正
ベルトルト・フーバー:橋詰知久
ハンジ・ゾエ:朴 璐美
エルヴィン・スミス:小野大輔
リヴァイ:神谷浩史
ジーク:子安武人

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

『進撃の巨人』オフィシャルサイト
http://shingeki.tv/season3/

原作コミック『進撃の巨人』