菅田将暉、福田雄一監修の『シャザム!』日本語吹替版で主演! 佐藤二朗は収録時間7分の“ちょい役”

菅田将暉、福田雄一監修の『シャザム!』日本語吹替版で主演! 佐藤二朗は収録時間7分の“ちょい役”

4月19日(金)に公開される映画『シャザム!』の「“爆笑”緊急記者会見風!?」イベントが、3月26日(火)、新宿バルト9で開催され、佐藤二朗、福田雄一監督が登壇。菅田将暉がメインキャストの吹替を担当することが発表された。

本作で洋画の日本語吹替監修・演出を初めて担当することとなった福田監督は、オファーを受けた際の心境を聞かれると、「アメコミスーパーヒーローという、厨二病の僕としてはたまらなく惹かれる作品でしたので、二つ返事でやります! と返事しました」とコメント。物語の内容を聞かずに引き受けたため、鑑賞する直前まで「つまんなかったらどうしようと思いました(笑)」とドキドキしていたというが、「本当におもしろかったので、ほっとしました。そこから吹替のキャストを考え始めました」と明かした。

続いて、佐藤が登場。実は、メインキャストの吹替を佐藤が担当するという体で記者会見が開かれたが、実はそれはどっきりだったという内容で台本が組まれていた本イベント。しかし、MCから台本通りに「メインキャストを佐藤にした理由は?」と問われた福田監督と佐藤は、段取りを無視し声をそろえて「メインキャストじゃないですよ!」」と否定。佐藤は、「僕の吹替にかかった時間は7分だった! ちょい役です!」と明かし、「僕の予想だと、メインキャストの人間がここに来れないための、苦し紛れに呼ばれたのでは」と笑いを誘った。

アフレコの現場について聞かれた福田監督は「アフレコは大変!」としみじみ。佐藤もアニメの吹替より大変だと明かし、「実写版は、俳優さんの息遣いや、つばを飲むとか全部台本に指定してあって。それをやりながらセリフに感情を入れなきゃいけないから、プロの声優さんはすごい!」と絶賛。メインキャスト以外の配役は発表されていないが、豪華声優陣も出演しているという本作。福田監督は、配給元に「どうしてもご一緒したい声優さんがいらっしゃるので、僕の夢を叶えてくださいとお願いし実現した」と明かし、「アフレコの際はものすごく緊張した」と述懐していた。

スケジュールの都合でイベントに来ることができなかった菅田はビデオメッセージを寄せ「えらいドでかい仕事が来たな! ということでびっくりしました」とオファーを受けた際の心境を吐露。続けて、「福田さんがパロディじゃなくて、マジヒーローをやる、というところも胸が躍りましたね。自分がヒーローの声をできるんだ、というのはすごい高揚しました」と喜びのコメント。「やっぱり、ヒーローは気持ちいいですね。映像の規模感もなんですけど、手からビーム出したりして。内容的にもすごく少年の日常感があるなかでのヒーローだから、現実味もあって、ワクワクしながらずっとやっていました」と収録を終えた感想も語った。

菅田を起用した理由について、福田監督は「直観で選びました。大人だけど中身は子どもという落ち着きのない感じのヒーローなので、この感じ菅田くんに聞いてみれば? って」と振り返り、「僕のなかで、菅田くんの印象が大人になったシャザムのイメージにとても強かった。普段の菅田くんこんな感じ」とコメント。佐藤も、「僕も菅田くんが思い浮かびますね」と納得の様子。過去にアニメ映画の吹替も担当している菅田のアフレコ収録については、「僕の思っていた以上にガチハマリでした。無理をすることもなく、菅田将暉でやってもらった感じが、ハマった」と福田監督は菅田を大絶賛していた。

佐藤は本編のアフレコ以外にも、TV-CMや劇場予告のナレーションを担当しており、福田監督も「めっちゃおもしろいですよ!」自信満々の様子。佐藤は、「そうだ! それも含め7分だ!」と、本編だけでなくナレーションも含まれての収録時間が7分であったと明かし、「本編は3分で終わった」と改めて説明。リハなしで1発OKで収録が終わったというが、実は福田監督が「二朗さんは1回しかおもしろいことができないから、リハなしで」とお願いしていたと暴露し、佐藤が「そんなことはない! 真面目にやれ!」とツッコミを入れる場面もあった。なお、「ちょっとした理由でアフレコの際リップを気にせずに収録できた」という佐藤の演じる役どころは後日発表される。

最後に佐藤は、「笑って泣ける映画です」と本作をアピールしようとするも、福田監督から「観てないでしょ?」とするどい指摘が。佐藤は「観てません!」と潔く認め、福田監督に「観に行きたくなるようなこと喋れ!」と指令。それを受け福田監督は、「本当に笑えて、最後感動できるすばらしい作品です。こういう言葉は苦手ですけど、友情とか家族愛とか、いろんな要素がうまく入ったヒーローものです。ぜひとも観ていただきたい」としっかりアピールし、多くの笑いに包まれた記者会見は大盛況で幕を閉じた。

菅田将暉 アフレコの様子

作品情報

『シャザム!』
4月19日(金)全国ロードショー

監督:デヴィッド・F・サンドバーグ
製作:ピーター・サフラン(「死霊館」シリーズ、「アナベル」シリーズ、『アクアマン』)
出演:ザッカリー・リーヴァイ、アッシャー・エンジェル、マーク・ストロング、ジャック・ディラン・グレイザー
配給:ワーナー・ブラザース映画
全米公開:2019年4月5日
©2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

オフィシャルサイトshazam-movie.jp