1月~3月クール放送のドラマ主題歌、ダウンロード数1位を獲得したのは?

1月~3月クール放送のドラマ主題歌、ダウンロード数1位を獲得したのは?

音楽配信サイト・moraダウンロードランキングをお送りする。
今週は1月~3月クール放送のテレビドラマ主題歌をピックアップ。(集計期間:2019年1月1日~2019年3月26日)

 

1位となったのはback number「HAPPY BIRTHDAY」。深田恭子主演のドラマ『初めて恋をした日に読む話』の主題歌で、2位以下に大差をつけての1位となった。同バンドは前クールに放送されたドラマ『大恋愛』でも「オールドファッション」を主題歌として提供しており、こちらもスマッシュヒット。ここのところ理想的なドラマとのタッグが続いている。男性の「女々しい」恋愛模様を歌っていると評されることの多い彼らだが、ドラマのストーリーと掛け合わさることで楽曲自体にも男女ともに共感を呼ぶポピュラリティを獲得しているといえるだろう。

back number「HAPPY BIRTHDAY」

 

2位となったBUMP OF CHICKEN「Aurora」は日曜劇場『グッドワイフ』の主題歌。同枠でのタイアップは2016年に放送された『仰げば尊し』主題歌の「アリア」以来、2回目となる。ストーリーともリンクする、「あきらめない立ち上がる心」をテーマに書き下ろされた今作は、シンセを大きく導入しつつも大地を踏みしめるようなリズムが胸に響く、王道感のあるナンバー。旧来からのファンにもアプローチするであろうシンプルな楽曲構成とメロディで、新たな代表曲となりそうな予感のする1曲だ。

BUMP OF CHICKEN「Aurora」

 

注目すべきは新人勢だ。3位につけたKing Gnu「白日」は『イノセンス 冤罪弁護士』の主題歌として書き下ろされた一曲。高順位につけたのはサスペンス性の高いドラマの内容が評判を呼んだのはもちろん、バンド自体が今年に入って以来1stフルアルバム『Sympa』の発表、「ミュージックステーション」への出演など話題を振りまき続けているからだろう。藝大出身のメンバーが主導となり制作された個性的なサウンドに加え、色気のあるボーカルが古き良き「歌謡」の匂いも感じさせる。フェスシーズンでシンガロングが湧き起こる光景がいまから楽しみな一曲だ。

King Gnu「白日」

 

4位となったmilet「inside you」は『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』のOPテーマ。サカナクションなどのミュージックビデオを手掛ける映像クリエイター・関和亮が演出を手掛けた同ドラマは全体にフィルターのかかった独特の画面作りが話題に。ONE OK ROCKのギタリスト・Toruがプロデュースしたこの楽曲も、個性的な映像と相乗効果を起こす形で毎回のストーリーへの期待感を高めた。miletは今クール、ドラマ『JOKER×FACE』にも2曲を提供。ドラマをきっかけに新たなスターが生まれるという、懐かしくも新しいモデルがここから定着するのか注目だ。

milet「inside you」

 

1位~10位までのランキングは以下の通り。
(ハイレゾ音源の配信があるものは、ダウンロード数を合算して集計)

1位:back number「HAPPY BIRTHDAY」
(TBS系ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌)
2位:BUMP OF CHICKEN「Aurora」
(TBS系ドラマ『グッドワイフ』主題歌)
3位:King Gnu「白日」
(日本テレビ系ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』主題歌)
4位:milet「inside you」
(日本テレビ系ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』OPテーマ)
5位:WANIMA「アゲイン」
(TBS系ドラマ『メゾン・ド・ポリス』主題歌)
6位:JUJU「ミライ」
(テレビ朝日系ドラマ『ハケン占い師アタル』主題歌)
7位:宮本浩次「冬の花」
(フジテレビ系ドラマ『ハケン占い師アタル』主題歌)
8位:YUKI「やたらとシンクロニシティ」
(テレビ朝日系ドラマ『後妻業』主題歌)
9位:THE YELLOW MONKEY「I don’t know」
(テレビ朝日系ドラマ『刑事ゼロ』主題歌)
10位:ゴールデンボンバー「ガガガガガガガ」
(NHKドラマ10『トクサツガガガ』主題歌)

 


 

邦楽・洋楽合わせて1,200万曲を配信する国内最大級の音楽配信サイトmora。CDの3~6.5倍の情報量を持つ高音質の「ハイレゾ音源」も取り揃えております!

mora ~WALKMAN[R]公式ミュージックストア~