各自ご想像にお任せ! 斎藤 工主演映画『麻雀放浪記2020』、オープニング映像(一部自粛)緊急公開

各自ご想像にお任せ! 斎藤 工主演映画『麻雀放浪記2020』、オープニング映像(一部自粛)緊急公開

公開まで全ての関係者も含め一切鑑賞できないという未だかつてない前代未聞の映画『麻雀放浪記2020』(4月5日(金)公開)のオープニング映像(一部自粛)が解禁された。

本作は、阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説『麻雀放浪記』を和田 誠監督の映画化以来、『凶悪』『孤老の血』などの白石和彌監督が35年ぶりに再び映画化したもの。主演は、映画版『麻雀放浪記』を傑作の1つと公言している斎藤 工。10年の歳月をかけて映画化を熱望し、ついに念願がかなって実現した。

解禁された映像の冒頭、戦争によって中止となった2020年東京五輪のポスターを前にして交わされる男二人の会話……一方は戦争によって開催権を放棄した1940年の幻の東京五輪の話をし、かたやもう一方は2020年のあらたな戦争によって中止となった東京五輪の話をしている。しかし、二人は徐々にその会話がどこか噛み合っていないことに気づき始める。紛れも無い、片方の声の主は、1945年11月5日に戦後東京で麻雀を打っていたはずの斎藤演じる坊や哲。彼が会話をしていた世界、そこは、新たな世界大戦の勃発により再び戦後となってしまった、2020年の東京だった。

しかし、今回解禁されたオープニング映像のほとんど全てが、黒塗りで音声と字幕のみで構成されている。そう、見せたくても見せられないのだ。背後で鳴り響くサイレンの音。果たしてこのオープニングシーンでは一体何が描かれているのか。本作への期待がますます高まる映像となっている。

【白石和彌監督 コメント】
僕もしばらくこの映画見てないので、色々思い出しましたが、改めてぶっ飛んだ設定ですね。
冒頭のテロップ部分はちゃんと映像ありますのでご安心を。
このオープニングタイトルだけでどんな映画か少しわかると思います。

解禁されたオープニング映像はこちら

【STORY】
主人公・坊や哲がいるのは、2020年の“未来”。なぜ?人口は減少し、労働はAI(人口知能)に取って代わられ、街には失業者と老人があふれている…。そしてそこは“東京オリンピック”が中止となった未来だった…嘘か?真か!? 1945年の“戦後”からやってきたという坊や哲が見る、驚愕の世界。その時、思わぬ状況で立ちはだかるゲーム“麻雀”での死闘とは!?

作品情報

『麻雀放浪記2020』
4月5日(金)全国ロードショー

原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)
監督:白石和彌
キャスト:斎藤 工、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、的場浩司、岡崎体育、堀内正美、小松政夫 / 竹中直人 ほか
企画:アスミック・エース
制作:シネバザール
配給:東映
©2019「麻雀放浪記2020」製作委員会

オフィシャルサイト
http://www.mahjongg2020.jp/

『麻雀放浪記』原作コミック