『ゲゲゲの鬼太郎』第49話あらすじ&先行カットが解禁! 名無しの力を前に鬼太郎は呆然と立ち尽くす

『ゲゲゲの鬼太郎』第49話あらすじ&先行カットが解禁! 名無しの力を前に鬼太郎は呆然と立ち尽くす

3月31日(日)より放送される、TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』第49話「名無しと真名」のあらすじ&先行場面カットが公開された。

また、『ゲゲゲの鬼太郎』(6期)のオフィシャルLINEスタンプも登場。現在配信中なので、ぜひこちらもぜひチェックしてほしい。

LINEスタンプの詳細はコチラ:
https://line.me/S/sticker/13934

第49話「名無しと真名」
最後の文字を入れられ、とうとうまな(声:藤井ゆきよ)は器として完成してしまう。彼女を利用した名無し(声:銀河万丈)は、想像しえないような強大な力を手に入れた。その力をもって、人間も妖怪も等しく虚無に引きずり込んでいく。抗うこともできず、人や妖怪は次々と犠牲になった。圧倒的な力を前にどうすることもできない鬼太郎(声:沢城みゆき)。彼を庇い、ついには目玉おやじ(声:野沢雅子)もその虚無に飲み込まれてしまう。鬼太郎はなすすべもなく立ち尽くす。呆然とする彼のもとに、ねずみ男(声:古川登志夫)が現れた。彼はその拳を振り上げ、鬼太郎を殴り飛ばす。

絵コンテ:小川孝治/演出:飛田 剛/脚本:大野木寛/作画監督:藤原未来夫/美術:加藤 恵

第49話場面カット

キャラクター情報

鬼(声:置鮎龍太郎)
名無しの記憶に蘇った妖怪。かつて名無しと関わりがあったようだが…?

ふく(声:桑島法子)
まなに面影がよく似た女性。かつて名無しと関わりがあったようだが…?

鬼(右)、ふく(左)

作品情報

『ゲゲゲの鬼太郎』
フジテレビほかにて毎週日曜9:00~9:30放送(一部地域を除く)
4月7日(日)より新章「地獄の四将(よんしょう)編」スタート

【STAFF】
原作:水木しげる
シリーズディレクター:小川孝治
シリーズ構成:大野木寛
キャラクターデザイン・総作画監督:清水空翔
音楽:高梨康治、刃-yaiba-
制作:フジテレビ・読売広告社・東映アニメーション

【CAST】
ゲゲゲの鬼太郎:沢城みゆき
目玉おやじ:野沢雅子
ねずみ男:古川登志夫
ねこ娘:庄司宇芽香
犬山まな:藤井ゆきよ
砂かけばばあ:田中真弓
子泣きじじい&ぬりかべ:島田 敏
一反もめん:山口勝平

【主題歌】
OP:氷川きよし「ゲゲゲの鬼太郎」
作詞:水木しげる/作曲:いずみたく/編曲:田中公平
ED:go!go!vanillas「No.999」
作詞:Tatsuya Maki/作曲:Tatsuya Maki/編曲:go!go!vanillas

【第6期 STORY】
21世紀も20年近くが経ち人々が妖怪の存在を忘れた現代。科学では解明が出来ない現象が頻発、流言飛語が飛び交い大人たちは右往左往するばかり。そんな状況をなんとかしようと妖怪ポストに手紙を書いた13歳の少女・まなの前にカランコロンと下駄の音を響かせてゲゲゲの鬼太郎がやってきた…。

【新章「地獄の四将編」STORY】
目玉おやじの茶碗風呂、子泣きじじいや砂かけばばあのかまびすしい会話、ゲゲゲの森ではいつもと同じ穏やかな時が流れているように見える。しかし鬼太郎の様子が何かおかしい…鏡爺と何かを探している素振り。

そんな時、鬼太郎のもとに人間の少年から助けを求める手紙が届く。鬼太郎はさっそく手紙の主に会いに東北へ向かうが、その姿を遠くから見つめる謎の男が…!?

©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』オフィシャルサイト
http://anime-kitaro.com/
アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』オフィシャルTwitter
@kitaroanime50th

原作コミック『ゲゲゲの鬼太郎』