三上博史、初共演の福山雅治の存在に「本当にいるんだ!」と驚き。日曜劇場『集団左遷!!』制作発表会レポート

三上博史、初共演の福山雅治の存在に「本当にいるんだ!」と驚き。日曜劇場『集団左遷!!』制作発表会レポート

TBSで4月21日(日)よる9時から“平成最後の日曜劇場”としてスタートする、日曜劇場『集団左遷!!』の制作発表会が、本日3月31日(日)に赤城神社(神楽坂)で行われ、主演の福山雅治をはじめ、香川照之、神木隆之介、中村アン、井之脇 海、高橋和也、迫田孝也、増田修一朗、谷口翔太、橋本真実、市村正親、酒向 芳、八木亜希子、尾美としのり、三上博史が登壇。キャスト15名による“集団”会見は和やかな雰囲気で進んだ。

日曜劇場初主演となる福山は「意気込んで撮影に入らせていただいたのですが、それ以上の熱い意気込みを感じる現場になっている。放送が始まる前から、これだけのチーム感ができあがっているのは初めてかもしれない。平成最後となってますけど、新元号最初のという意味でもありますので、新元号に負けないくらいのエネルギーの作品にすべく、頑張りたいと思います!」とコメント。福山とは『龍馬伝』以来、9年ぶりの共演となる香川も「最初からとてもいいチーム感でやらせていただいています。現場でもめちゃくちゃ頑張っているので、いいドラマにできたらと思っています。」と、意気込みを語った。

また、“平成最後の下克上”がテーマとなっている本作にちなみ、“平成最後にやっておきたいこと”を問われると、香川は「ちょっと長くなります」と前置きしたうえで、「昨日たまたま、福山さんと我々を鍛えていただいた大先輩・緒形 拳さんのお話で盛り上がったんです。福山さんとは、緒方さんにマジビンタを受けているという共通点がありまして。台本にないのに殴られるんです(笑)。これは昭和の象徴だったな思い、僕は平成で緒方さんのスピリットを受け継いでいろんな作品をやらせていただいているなかで、黒沢 清監督の『トウキョウソナタ』という作品で、まだ子供だったある俳優をバコチン!って殴ったんです。カットがかかった瞬間「痛いよ~」って大泣きしてて、本当に申し訳ないなと思ったんですけど、これが役者だと、その俳優に植えつけるためにやったんです。それが12年前の井之脇 海だったんです。平成最後に謝りたいです。ごめんなさい!」と謝罪。井之脇は「引き継ぎます」と力強く答えた。

また、福山は「僕が最初にちゃんとドラマをやらせていただいたのはTBSさんのドラマなんです。その時に緒方さんとご一緒しまして、おもちゃ投げつけられたり、ゴルフのパターで頭殴られたりするんですけど、全然イジメとかじゃなくて、お芝居の経験がほとんどない、ぽっと出の何もできなかった僕と同じ画面に映った時に、どうやってお芝居を成立させるか考えてくれて、僕の反射、反応を引き出してくださったんです。僕は何もできなくて悔しくてふがいなかったんですけど、お芝居をする、お芝居になるという楽しさを教えていただいた。出来もしないのに、楽しいと思ったんです。そんな、始まりの場所にこうやって帰ったこれて、平成最後、新元号を迎えられることが本当に嬉しく、いろんな縁を感じる作品になってます。」と思いを明かした。

また、三上と初共演となる福山は、三上の印象について「最初はミステリアスで怖いんだろうなって、ビビってました(笑)。」と告白。一方、三上は福山について「テレビで拝見していて、素人みたいですが、本当にいるんだ~!!!って思いましたね(笑)」とまさかの回答。会場は笑いの渦に包まれた。

作品情報

日曜劇場『集団左遷!!』
4月21日(日)スタート
初回85分スペシャル よる9時~10時19分
※通常回はよる9時~9時54分

原作:江波戸哲夫「新装版 銀行支店長」「集団左遷」(講談社文庫)
脚本:いずみ吉紘
プロデュース:飯田和孝
演出:平川雄一朗、田中健太、韓 哲
制作著作:TBS

【CAST】
片岡 洋:福山雅治
真山 徹:香川照之
滝川晃司:神木隆之介
木田美恵子:中村アン
平正樹:井之脇 海
花沢浩平:高橋和也
横溝厚男:迫田孝也
三宅庄司:増田修一朗
宮田学:谷口翔太
藤枝薫:橋本真実
藤田秀樹:市村正親
青島憲二(チンタオ):赤堀雅秋
鈴木将之(パチ):パパイヤ鈴木
宿利雅史:酒向 芳
南口優:橋爪 淳
郷田成道:津嘉山正種
片岡かおり:八木亜希子
真山有里:西田尚美
梅原 尊:尾美としのり
横山輝生:三上博史

©TBS

書籍情報

『新装版 銀行支店長』『集団左遷』(講談社文庫)
著者:江波戸哲夫 
定価:各800円+税
出版社:講談社

『新装版 銀行支店長』

『集団左遷』

『集団左遷!!』オフィシャルサイト
https://www.tbs.co.jp/program/nichi201904/