横浜流星、“無敵ピンク”からイメチェン! “無敵ブラウン”で今後の活躍にも期待「これからもいろいろ挑戦していきたい」

横浜流星、“無敵ピンク”からイメチェン! “無敵ブラウン”で今後の活躍にも期待「これからもいろいろ挑戦していきたい」

俳優の横浜流星が、4月2日に新宿バルト9で行われた映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』の大ヒット舞台挨拶に登壇した。

横浜と言えば、ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS)に出演し、深田恭子が演じるヒロイン・晴美順子に思いを寄せる、不良高校生・由利匡平を好演して大ブレイク中。

劇中は、“無敵ピンク”ことピンク髪で登場していたが、イベント当日は茶髪姿を披露! イメチェンした横浜が登場すると会場から「かっこいい~!」と大歓声が。横浜は笑顔で「嬉しい~。ニューヘアーの横浜です」と挨拶をした。

イベントでは、“私にとって『LDK』は?”というテーマでトークを展開。横浜は【可能性が広がった】と回答し、「今まで結構受け身の芝居が多くて、周囲をかき乱す役はほぼ初めてでした。たくさん勉強になりましたし、役の幅を少しでも広げることができたのかな思いました。これからもいろいろ挑戦していきたい」と思いを明かした。

また、川村監督から3人を表彰するサプライズも行われ、横浜には「ふり幅の広い演技で繊細な玲苑を見事に演じたで賞」がおくられた。監督は「ハイブリッド壁ドンだけではなく、不器用な玲苑の愛情表現などふり幅広く、繊細に演じ全国の女子をギャップ萌えさせてくれました。本当にあなたが玲苑でよかったです」と表彰すると、横浜は「監督からこういったお言葉をいただけるのは本当に嬉しいです。ありがとうございます!」と嬉しそうな笑顔を見せた。

最後に横浜は「この作品が、一人でも多くに方の目に触れて、愛される作品になっていけばいいなと、強く思ってます」と作品をアピール。 

横浜は、5月10日(金)に公開する主演映画『チア男子!!』、9月には同じく主演を務める映画『いなくなれ、群青』の公開が控えており、今後ますます活躍していくことは間違いない。

 

【STORY】
高校3年生の西森 葵(上白石)には、学校のみんなには言えないある秘密があった。それは学校一のイケメン・久我山柊聖(杉野)とナイショで付き合って、さらには同居をしていること。葵が柊聖の家で起こしてしまったボヤ騒ぎで、部屋をダメにしてしまい、柊聖はなんと葵の家で暮らすことに!
最初はからかったり、ちょっかいばかりかけてくる嫌なやつ。と思っていたけど、次第に惹かれあい、ついにふたりは付き合うことに! 恋人同士になり、ふたりの同居生活もますますラブラブに…! と思っていたら、柊聖のいとこ・久我山玲苑(横浜)が突然アメリカからやってきた! 同居の秘密を必死に隠そうとするもあっさり秘密はバレてしまい、葵と柊聖のふたりを引き離そうとする玲苑とまさかの3人同居がスタート!?

作品情報

『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』 
大ヒット上映中 
原作 :渡辺あゆ『L♡DK』(講談社『別冊フレンド』刊)
監督:川村泰祐
脚本:江頭美智留
出演:上白石萌音 杉野遥亮 横浜流星 ほか
©「2019 L♡DK」製作委員会

オフィシャルサイト http://www.l-dk.jp/

『L♡DK』原作