TAKAHIROの暴露話に板垣瑞生がタジタジ! 映画『僕に、会いたかった』完成披露上映会が開催

TAKAHIROの暴露話に板垣瑞生がタジタジ! 映画『僕に、会いたかった』完成披露上映会が開催

本日4月3日(水)、TOHOシネマズ日比谷にて映画『僕に、会いたかった』の完成披露上映会が開催。イベントにはTAKAHIRO、山口まゆ、柴田杏花、板垣瑞生、秋山真太郎、小市慢太郎、錦織良成(監督)が登壇した。

冒頭は「記憶をなくした男を今回は演じさせていただいたんですけど、ぜひ皆さんとは記憶に残るひと時を過ごせればいいと思います」とTAKAHIROが挨拶し、始まった今回のイベント。本作でTAKAHIROは普段の明るいイメージとは逆に、寡黙で無精ひげを生やした漁師の役を演じているが、そんな自身の演技について「監督と相談しながら大船に乗ったつもりで演じさせていただいたので、ぜひ安心して観ていただければ」とアピールした。

山口は、本作でTAKAHIRO演じる池田 徹の母・信子役で出演した、松坂慶子についてコメント。撮影の帰りの空港で一緒に食事をしたそうで、「共演することができて本当によかった」とひと言。TAKAHIROも松坂について触れ、「短い時間ながら、息子として過ごせたことを本当に光栄に思います」と語った。

柴田は、今回の隠岐の島での撮影で島民のお世話になった様子。「人間の真の愛情を感じた」と当時を振り返り、本作で自身も演じている島留学に来た学生については「すごくしっかりしていた」と話した。

すると、ここでTAKAHIROが板垣について「女の子の話ばかりしていた」と言い、板垣からはすかさず「してないよ!」とのツッコミが。さらにTAKAHIROは、最初に会ったとき緊張しているかと思いきや、ソファに深々と座っていたと暴露話を展開。しかし、今度は板垣がTAKAHIROと一緒に釣りをするシーンの裏話として、かつて釣った大きな魚のことを子供のように自慢していたそうで、「僕もこういうご年齢になっても……大人になっても、そういうことで楽しめる大人になりたい」とトーク。失言ギリギリの言葉でゲストも観客も大いに笑わせた。

キャストとして出演しただけでなくプロデューサーも務めた秋山は、やはり本作を観た観客の反応も気になる様子。TAKAHIROによると、秋山はずっと日の下で動いていたためどんどん日焼けしていったそう。最初と後で外見が違うためメイクスタッフなどに怒られていたことを明かし、再び笑いが起こった。

そして最後はTAKAHIROが「このご時世、SNSとかネット社会の中で、他人に会わずして会話せずにしていろんなことが進んでいきますが、この映画を通して今一度人と人の絆だったり温もりみたいなものを感じていただいて、まわりの方々に感謝を伝えたくなるような気持ちになっていただければありがたいと思います」とコメント。このままイベントは終了……かと思いきや、「とはいえ、SNSのパワーはすごいので、映画を観たあとはぜひ“#僕に、会いたかった”で」とオチを付け、笑い声に包まれながらイベントは終了となった。

フォトギャラリー

【STORY】
ある事故をきっかけにして、記憶を失った男、徹。その後の日々を優しく見守る、母と島の人々。本島から島へ来る留学生たちとの触れ合いの中で、徹の記憶は蘇るのか? 島の愛は、人の心を救えるのだろうか? その裏側には家族の、温かくも切ない秘密があった。漁に出られなくなった元漁師は島で懸命に今を生きようとするも、「ありがとう」を言いたい人も忘れ、心だけが前に進まない。そんな男を、島の人々の優しさが包み込む。雄大な自然に囲まれた島で、男は“自分自身”を見つけることができるのか? 事故の真相を知った時、男は……。

作品情報

『僕に、会いたかった』
5月10日(金)TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー

出演:TAKAHIRO
山口まゆ 柴田杏花 板垣瑞生 浦上晟周 小野花梨
宮本裕子 吉野由志子 川村紗也 斉藤陽一郎 清水 宏 山下容莉枝
秋山真太郎 黒川芽以 
小市慢太郎 /松坂慶子
監督:錦織良成
エグゼクティヴ・プロデューサー:EXILE HIRO
脚本:錦織良成 秋山真太郎
音楽:瀬川英史
撮影:金子正人
照明:吉角荘介
録音:西岡正巳 
編集:栗谷川 純
配給:LDH PICTURES

©2019「僕に、会いたかった」製作委員会

オフィシャルサイト
https://bokuai.jp/