我が家・坪倉由幸、内田有紀と夫婦役で吉高由里子主演ドラマ『わたし、定時で帰ります。』に出演

我が家・坪倉由幸、内田有紀と夫婦役で吉高由里子主演ドラマ『わたし、定時で帰ります。』に出演

TBSで4月16日(火)にスタートする、火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』(毎週火曜よる10時~)に、お笑いトリオ・我が家の坪倉由幸の出演が決定した。

本作は、自身も会社員を経験しており、作品ごとの徹底的な取材と軽快な筆致による作風で人気を博している朱野帰子のお仕事小説「わたし、定時で帰ります。」シリーズ(新潮社刊)をドラマ化。「働き方改革」が叫ばれる現代にこそ観てほしい、現代に働くすべての人を応援する“心温まるワーキングドラマ”だ。

坪倉が演じる丸山陽介が登場するのは第2話から。育休から職場復帰する妻・八重(内田有紀)に代わり、育休を取って双子の育児に奮闘する優しい夫という役柄。坪倉はクランクイン後、2日目の撮影でついに内田と共演。初対面ながら息ぴったりの演技で、双子の赤ちゃんと4人でいるシーンでは、まるで本当の家族のような雰囲気で、現場を和ませた。

なお、2人の共演シーンは、本日4月4日(木)よる10時放送の『櫻井・有吉THE夜会』で初公開される。

【坪倉由幸 コメント】
以前、『アンナチュラル』(18・TBS)で初めてお父さん役をやらせていただいたのですが、実際は結婚もしたことないし、子どももいないのに周りの方から好評でうれしいです。赤ちゃんを抱いていると癒されますね。笑っているときももちろんかわいいですが、泣いていてもかわいいです。
正直、内田さんが奥さんというのは、ドキドキしています(笑)。今回が初めましてだったのですが、本当に素敵な方で、(僕に対して)優しそうという印象を持ってくださっていたみたいで光栄です。かわいい子ども達と素敵な家族に見えたらと思います。
ぜひ、毎週火曜日は定時に帰って、このドラマをご覧になってください。

【STORY】
主人公・東山結衣(吉高)はWEB制作会社で働くディレクター。過去のトラウマから入社以来、残業ゼロ生活を貫いてきた。理由が無ければ帰りづらい風潮の中で、仕事中は誰よりも効率を追求し、生産性の高い仕事をし、定時になるときっぱり退社。行きつけの中華料理屋でビールを嗜み、恋人・諏訪 巧(中丸)との時間も大切にしている。だが新任の部長が赴任したことをきっかけに、結衣の前に曲者社員たちが立ちはだかる。ワーカホリックの結衣の元婚約者・種田晃太郎(向井)、会社に住み着く非効率男・吾妻 徹(柄本時生)、辞めたがりの新人男子・来栖泰斗(泉澤祐希)、仕事命の皆勤賞女・三谷佳菜子(シシド・カフカ)、産休明けのワーキングマザー・賤ヶ岳八重(内田有紀)、そして悪気なくブラック発言を連発する部長・福永清次(ユースケ・サンタマリア)。彼ら曲者たちが抱える様々な問題に、結衣はどう立ち向かうのか――?

番組情報

火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』
4月16日(火)スタート 毎週火曜よる10:00~11:07

製作:TBSスパークル TBS
原作:朱野帰子『わたし、定時で帰ります。』(新潮文庫刊)
脚本:奥寺佐渡子 清水友佳子
演出:金子文紀
竹村謙太郎
プロデューサー:新井順子
八尾香澄

出演
東山結衣:吉高由里子
種田晃太郎:向井 理
諏訪 巧:中丸雄一
吾妻 徹:柄本時生
栗栖泰斗:泉澤祐希
三谷佳菜子:シシド・カフカ
愁:桜田 通
王丹:江口のりこ
戸塚 学:梶原 善
篠原友之:酒井敏也
賤ケ岳八重:内田有紀
福永清次:ユースケ・サンタマリア
ほか

©TBS

番組サイト
https://www.tbs.co.jp/watatei/

『わたし、定時で帰ります。』原作