松坂桃李、主演映画『居眠り磐音』公開に感謝。 原作者・佐伯泰英、短編書き下ろし「この小説を君に捧げます」

松坂桃李、主演映画『居眠り磐音』公開に感謝。 原作者・佐伯泰英、短編書き下ろし「この小説を君に捧げます」

5月17日(金)に全国公開される映画『居眠り磐音』のプレミアイベントが、本日4月4日(木)、有楽町朝日ホールで開催され、松坂桃李、木村文乃、芳根京子、柄本 佑、杉野遥亮、西村まさ彦、中村梅雀、柄本 明、本木克英監督が登壇した。

ピエール 瀧容疑者の逮捕により、代役に奥田瑛二を迎え撮り直し・差し替え作業を行なっている本作。主演を務めた松坂は、「たくさんの人の応援と支えがあり、無事に公開します」と改めて報告。本木監督も、「再撮影のめども立ち、なんとかアップグレードしてお届けできるよう進めております」と報告し、「奥田瑛二さんに心より感謝申し上げますとともに、事件直後に、何人もの俳優さんたちが、『自分でよければやるよ』と言ってくださったことに、この場を借りて感謝したい」と感謝を述べた。

また、本作は、元号が『令和』に変わり初の時代劇作品となることについて、松坂は「演じているときは新元号一発目の時代劇だとは考えていなかったですが。僕のなかでは、『武士たるものは』という強いイメージがありましたが、磐音は普段は肩の力が抜けていて、まわりに流されやすい、翻弄されやすい部分がある。いざ、正義を貫く瞬間は武士になるのですが、そのギャップが自分の持っていた武士のイメージと違いましたね」と力強く語った。

松坂とは5度目の共演となる木村は、本作での印象を聞かれると、「今まで観てきた松坂さんよりも凛としている」と絶賛。芳根は、2日間だけしか松坂と撮影で一緒にならなかったことを明かし、「『爪が大きいですね』というお話をしました」と思い出をコメント。松坂は、「もっと思い出作りたかったですね」と残念そうな表情を見せつつも、「たまに言われるんですよね。ひいおばあちゃんの遺伝だと思います」と笑顔を見せた。

幼馴染役を務めた松坂・柄本 佑・杉野の3人のなかで、一番後輩の杉野は、「柄本さんは初めて殺陣の稽古を一緒にしたとき、すごく包み込んでくれる方だなと思って、松坂さんは事務所の先輩で優しさは知っていたので(笑)」とコメントすると、すかさず松坂は「割愛しますってこと? 雑だな!」とツッコミをいれ会場が笑いに包まれる場面も。

柄本 佑は「松坂さんとは8年ほど前にカンボジアで1カ月半ほど撮影して、個人的に会ったりなどはしてなかったのですが。濃密な時間をすごしてたので、どこかで仲間だと思っていました。杉野氏に関して言うと、初めて会ったときにとっても目がキラキラされていて。初対面で緊張するけど、会ったらとっても目がキラキラで、素直でかわいらしい、フレッシュな方で。よかったと思いました」とそれぞれの印象を振り返った。

中村は、松坂、木村との共演について「二人ともとっても自然体で、自分の役に集中しようと常に維持してらっしゃるし、その空気感をぶっ壊さないように演じました」と述懐。中村の娘役を演じた木村は、「お父ちゃん(中村)とお芝居すると自然とテンションが上がっていくんです。気づけば今まで演じたなかで一番ぶりっこしてるなって」と新しい面を出せたことに感謝していた。

悪役を務めた柄本 明は、特殊メイクを施したことについて問われるも、「基本的にそんなに覚えてない」と回答し、会場にも笑いが起きる。「悪役ってのは、面白いですね。楽しくやらせていただいた記憶がうっすらとあります」とコメントした。

元木監督は、本作への想いを問われ「時代劇の楽しさが詰まった作品だと思います。剣豪、悲恋、隙のない悪役が出てきたり、僕自身、充実した撮影の日々が送れました」と感慨深い様子であった。

ここで、原作者の佐伯泰英がサプライズ登壇。佐伯は、「あの日以来、本来必要でなかった膨大な作業にスタッフの皆さんは今も費やされています」と本作の再撮影に触れながら、「私は今回の居眠り磐音製作委員会の勇気ある差し替え、再撮影の決断とスタッフの再挑戦を全面的に支持するものです」と製作陣へのエールを送った。

また、本作の上映劇場にて、佐伯が書き下ろした短編小説『居眠り磐音 劇場版00』の冊子が入場者特典として数量限定で配布されることが発表。「エピソード0ですか!?」と驚きを隠せない松坂に対し、佐伯は「京都で君の演技を見ていたときに、ふっと頭に浮かんだの。僕は半世紀くらい前にスペインで闘牛ばかり取材していた人間です。そのときの体験をなんとなく君に重ね合わせちゃった。それで虚構を描いた短い小説ですけど、闘牛士・桃李。この短編(小説)を君に捧げます」と説明。松坂は「ありがとうございます! ん……え!? 闘牛士の話ですか!?」と理解できずに問いかけると、佐伯は「映画もそうじゃないですか、現と夢の話。まあ、読んで!」とコメントしていた。

最後に松坂は、本作について、「映画はたくさんの人の応援や支えによって成り立っているんだなと、改めて強く実感しております」と感謝を示し、「『居眠り磐音』は、久しく見なかった時代劇の真ん中を行った、時代劇エンタテインメントとなっております。時代劇に対して、敷居高いなって思っていた方も、すごく見やすく、時代劇が好きな方も楽しめる作品になっています。そして、原作ファンのみなさんにも楽しんでいただける内容となっているので、一人でも多くの人に観てもらいたい」とアピールし、イベントは大盛況で幕を閉じた。

 

【STORY】
主人公・坂崎磐音(松坂桃李)は人情に厚く、礼節を重んじる好青年で、春風のように穏やか。剣の達人ではあるが、その剣術は日向ぼっこで居眠りする老猫のようで、眠っているのか起きているのかわからないことから「居眠り剣法」と呼ばれていた。
江戸勤番を終え九州・豊後関前藩に三年ぶりに戻った磐音と幼馴染の小林琴平(柄本 佑)、河井慎之輔(杉野遥亮)。琴平の妹・舞は慎之輔に嫁ぎ、また磐音も、琴平と舞の妹・奈緒(芳根京子)と祝言を控えており、三人は幼馴染以上の深い絆で結ばれていた。
ところが、磐音と奈緒の祝言の運びになった時、慎之輔が「妻・舞が不貞を犯した」という噂を聞き、舞を斬ってしまう。それに激高した琴平は慎之輔に噂を吹き込んだ人物、さらには慎之助をも斬るという凄惨な展開に。琴平は罰せられることとなり、磐音が琴平を討ち取るよう命じられてしまった。
決死の闘いで琴平を討ち取った磐音は実の兄を殺した以上、奈緒と一緒にはなれないと、奈緒を残し脱藩することを決意。すべてを失い、江戸へ向かった――。
江戸で浪人として長屋暮らしを始めた磐音は、収入源がなく家賃の支払いも滞るように。見かねた大家の金兵衛(中村梅雀)に鰻割きの仕事や、両替商・今津屋の用心棒の仕事を紹介してもらい、なんとか生活の工面をしていた。穏やかで優しいが、剣も立つ磐音は次第に周囲から頼られる存在になっていき、今津屋の女中で金兵衛の娘・おこん(木村文乃)からも好意を持たれるなど江戸での暮らしも慣れ始めてきた。
そんな折、今津屋が南鐐二朱銀をめぐる騒動に巻き込まれ、磐音は用心棒として今津屋を守るために立ち向かうー。

作品情報

『居眠り磐音』
5月17日(金)全国公開

原作:佐伯泰英「居眠り磐音 決定版」(文春文庫刊)
出演:松坂桃李 木村文乃 芳根京子 柄本 佑 杉野遥亮 佐々木蔵之介 陣内孝則 谷原章介 中村梅雀 柄本 明 ほか
監督:本木克英
脚本:藤本有紀
音楽:髙見 優
製作:「居眠り磐音」製作委員会
配給:松竹
©2019映画「居眠り磐音」製作委員会

オフィシャルサイト
iwane-movie.jp
オフィシャルTwitter
https://twitter.com/iwane_movie
オフィシャルFacebook
https://www.facebook.com/iwane.movie/