松本穂香、初レッドカーペットに「想像するだけでドキドキ」。主演映画『おいしい家族』が韓国の映画祭へ正式招待

松本穂香、初レッドカーペットに「想像するだけでドキドキ」。主演映画『おいしい家族』が韓国の映画祭へ正式招待

9月20日(金)に全国公開される、松本穂香の主演映画『おいしい家族』が、5月2日(木)より韓国で開催される韓国三大映画祭のひとつ「チョンジュ国際映画祭」へ正式招待が決定。あわせて場面写真も初解禁された。

若手映画作家育成プロジェクト2015に選出され、短編映画『父の結婚』が大きな話題になり、25歳で発表した小説『えん』が第40回すばる文学賞を受賞するなど、マルチな才能を持ち合わせた新鋭作家・ふくだももこの初長編作品となる本作。自身が監督を務めた、妻を亡くした父親が再婚するまでの親子の日々を描いた『父の結婚』の長編化したもので、今回は舞台を離島に移しエピソードやキャラクターが追加することで、家族における絆とそこへ向き合う主人公の心境がより深く描いた。

今回招待されたのは、シネマフェスト部門で、日本からは過去、同部門に『焼肉ドラゴン』『俳優 亀岡拓次』『勝手にふるえてろ』などが招待されている。映画祭は、5月2日(木)から 5月11日(土)まで開催され、松本とふくだ監督はオープニングセレモニーから参加する予定だ。

初めて映画祭のレッドカーペットを踏むことになる松本は「海外の映画祭のレッドカーペットを歩くのは初めてなので、想像するだけでドキドキします。この映画の良さを色んな人に伝えられるように堂々歩こうと思います。」と緊張気味。一方、ふくだ監督は「韓国は映画がめっちゃ盛り上がってるので羨ましいと思います。常識にとらわれずさまざまな個性の多様性を肯定した『おいしい家族』を、韓国の人がどう思うんやろ? とかたのしみです。」とコメント。「あとこの前愛媛の映画祭で会った『罪深い少女』のキム監督にまた会いたいです!」と映画祭への期待をふくらませた。

松本は別の主演作『わたしは光をにぎっている』(11月15日公開/中川龍太郎監督)でも「モスクワ国際映画祭」へ招待されることが発表されており、主演作が立て続けに海外で評価されたことに関し「日本の作品が日本を飛び出して、世界中に映画が広がっていることはとても嬉しいです。関わった作品だけでなく、日本映画を知ってもらう機会になったらという思いで参加させていただけたらと思っています。」とコメントした。

作品情報

『おいしい家族』
9月20日(金)全国公開

出演:松本穂香/板尾創路/浜野謙太
監督・脚本:ふくだももこ
音楽:本多俊之
製作:新井重人/松井 智
エグゼクティブプロデューサー:福家康孝/金井隆治
プロデューサー:谷戸 豊/清家優輝
アソシエイトプロデューサー:山野邊雅祥
撮影:高橋草太
照明:山本浩資
録音:原川慎平
美術:大原清孝 
編集:宮島竜治
音楽プロデューサー:岡田こずえ
宣伝プロデューサー:滝口彩香
衣裳:江森明日佳
ヘアメイク:佐藤美和
VFX:野間 実
音響効果:井上奈津子
助監督:古畑耕平
制作担当:竹田和史
製作:日活/ハピネット
制作プロダクション:ファインエンターテイメント
企画・配給:日活

©2019「おいしい家族」製作委員会