椎名林檎、5年ぶりのニューアルバム&20周年記念ツアーのライブ映像をリリース! 最新ビジュアルも解禁

椎名林檎、5年ぶりのニューアルバム&20周年記念ツアーのライブ映像をリリース! 最新ビジュアルも解禁

昨年、デビュー20周年を記念した作品リリースや全曲ストリーミング配信、アリーナツアーの開催など、アニバーサリーイヤー を盛り上げた椎名林檎。その締めくくりを飾るニューリリースが決定した。

前作『日出処』より実に5年ぶりとなるオリジナルフルアルバムを、デビュー記念日となる5月27日にリリースする。

新作タイトルは『三毒史』。 人の善心を害する三種の煩悩とされる、貪(むさぼり=豚)、瞋(怒り=蛇)、癡(迷妄=鶏)。それら「三毒」を、本作では全13曲に編み上げている。

「獣ゆく細道」(w/宮本浩次、日本テレビ系『news zero』テーマ曲 2018年~)、「目抜き通り」(w/トータス松本、GINZA SIX オープニングテーマソング2017)、「長く短い祭」(“コカ・コーラ”2015年サマーキャンペーン CMソング)、「神様、仏様」(au スマートフォン“isai vivid”CMソング2015)のほか、2014年に発表した前作『日出処』以降に制作された、番組テーマ/ CMソング/ドラマ主題歌などお馴染みの楽曲を交えながらも、あらたに描かれるフルアルバム。詳細は後日発表される。

そして、新作アルバム『三毒史』発表を記念して、椎名林檎の近影も公開。処女作『無罪モラトリアム』よりつねに進化を遂げ続け、二十年。いよいよ最終形態に辿り着いた最新の椎名林檎。不惑を迎えた彼女ならではの新作に注目だ。

20周年記念アリーナツアー『(生)林檎博’18 ―不惑の余裕―』ライブ映像作品Blu-ray/DVD発売決定!

椎名林檎デビュー20周年記念のアリーナツアーとして、2018年10月と11月に全国4ヵ所8公演で開催された『椎名林檎 (生)林檎博’18 ―不惑の余裕―』。このたび、椎名の誕生日である2018年11月25日のさいたまスーパーアリーナ公演の模様を中心に収録した映像作品Blu-ray&DVDが、5月27日にリリースとなることが決定した(※一部別日公演映像有)。
※「(生)林檎博」の「(生)」は、「生」の丸囲みが正式表記。

音楽的知識、学識、技術、表現力、それらすべてを兼ね備えた演奏家/舞踏家、各職人たちが一丸となって放り出す機知、頓智が随所に活きる、目くるめくほどに多彩なセットリストは、「本能」「歌舞伎町の女王」など、初期の椎名林檎のアイコン的楽曲から、「いろはにほへと」「神様、仏様」「人生は夢だらけ」といった近年の楽曲はもとより、「雨傘」「日和姫」のような他のアーティストへの提供曲なども網羅。また、カバー曲「個人授業」「恋の呪文はスキトキメキトキス」の歌唱や、新曲「マ・シェリ」も初披露された。

特筆すべきは、Mummy-D、浮雲、トータス松本(11月22日公演)、宮本浩次、レキシという豪華で多彩なゲスト陣。また演奏家は、The Mighty Galactic Empireと称する一流が名を連ねた。みどりん(ds)、鳥越啓介(b)、ヒイズミマサユ機(key)、名越由貴夫(g)、そして大勢の管弦打奏者。指揮は斎藤ネコが務めた。

ボーナストラックには、11月24日・25日のさいたま公演以外ではすべてアンコール1曲目に歌われていた「はいはい」(11月22日公演)、そして、同アリーナツアーのMC集「余裕み時間」を収録。椎名と出演者のポートレート写真や、ライブ写真が多数掲載された封入ブックレットは、ライブパンフレットとも言えそうな出来ばえとなっている。

また、椎名林檎Blu-ray&DVD『(生)林檎博’18 ―不惑の余裕―』特設サイトも開設。作品情報など随時最新情報が公開予定となっている。

リリース情報

2019.05.27 ON SALE
ALBUM『三毒史』

2019.05.27 ON SALE
Blu-ray&DVD『(生)林檎博’18 ―不惑の余裕―』

『三毒史』特設サイト
https://sp.universal-music.co.jp/ringo/sandokushi/
『(生)林檎博’18 ―不惑の余裕―』特設サイト
http://sp.universal-music.co.jp/ringo/expo18/
椎名林檎オフィシャルサイト
http://www.kronekodow.com

Blu-ray
DVD
Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC