祝ハタチ記念・優希美青のキュートなハウスキーパー姿&未解禁写真を公開! 映画『うちの執事が言うことには』もアピール

祝ハタチ記念・優希美青のキュートなハウスキーパー姿&未解禁写真を公開! 映画『うちの執事が言うことには』もアピール

5月17日(金)全国公開となる永瀬 廉(King & Prince)主演の映画『うちの執事が言うことには』に出演する優希美青が本日4月5日(金)に20歳の誕生日を迎えたことを記念して、キュートなハウスキーパー姿を含む未解禁の場面写真が公開された。

小さい頃より芸能界に興味を持ち、石原さとみのドラマを見たのがきっかけで女優を目指した優希は、「第37回ホリプロスカウトキャラバン2012」でグランプリを受賞。2013年『雲の階段』(日本テレビ系)で女優デビューを果たし、同年公開の映画『空飛ぶ金魚と世界のひみつ』では映画初主演を務めた。NHK連続ドラマ小説『あまちゃん』では、宮城県出身のご当地アイドルGMT47メンバーの小野寺薫子役で出演、ホリプロタレントスカウトキャラバングランプリ受賞者の中で最速での朝ドラデビューを飾り注目を集めた。


そんな優希が本作で演じるのは、烏丸家の使用人を務める母・雪倉叶絵(原日出子)の長女で、母が病欠時にハウスキーパー代理として神尾楓珠演じる兄・雪倉峻とともに烏丸家に仕える雪倉美優。素直になれない花穎と衣更月の背中を押す重要な役どころだ。

優希は、「美優は原作にはないオリジナルのキャラクター。物怖じせず、思ったことはそのまま素直に伝える、明るく誰にでもフレンドリーに接する女の子なので、私自身も素直に演じようと心がけました。キャストの皆さん、スタッフのみなさんが優しく、現場の雰囲気が温かかったので、すごく楽しかったです。」と撮影の思い出を笑顔で語る。「この作品はただのミステリーではなく、男同士の友情も描いていて、胸アツなシーンもあります。そして、フレンドリーだった美優が、当主の花穎に対して徐々にハウスキーパーとして接していく成長の過程も見れますので、多くの方々にこの作品を観てほしいです」とアピールした。

本作公開前後には、『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』や、御前試合をテーマに戦いに臨む男たちの生き様を描く『GOZEN 純恋の剣』で主演を務めるなど待機作が控え、新元号の年に新成人になり、今勢いに乗る優希の活躍に注目だ。

【STORY】
日本が誇る名門・烏丸家の第27代当主となった花穎(永瀬 廉)は、18歳にして既に飛び級で大学を卒業する程の頭脳明晰、 しかも色彩に関して特別な能力を備えている。突然の引退を宣言した先代当主の父・真一郎は行方がわからず、急ぎ留学先から 戻ってきてみると、そこにいたのは幼少時代から全幅の信頼を寄せる老執事・鳳ではなく、新しい執事だという仏頂面の見知らぬ青 年・衣更月蒼馬(清原 翔)だった。父・真一郎が遺した突然の発令により、不本意ながらも衣更月と主従関係を結ぶ羽目になっ た花穎。まだ自覚が足りない若き当主・花穎と、仏頂面で新米執事・衣更月との関係には、ビミョーな空気が流れる。そんな中花穎 は、招待された芽雛川(めひながわ)家次男のバースデーパーティーで、ある事件に巻き込まれる。親しげに近づいてくる大学生にし て起業家の赤目刻弥(神宮寺勇太)とは何者なのか?さらに、次々に起こる不可解な出来事・・・烏丸家に上流階級の陰謀が 降りかかる。花穎と衣更月は、烏丸家を守り抜くことができるのかー。

作品情報

『うちの執事が言うことには』
5月17日(金)全国ロードショー


出演:永瀬 廉(King & Prince) 清原 翔 神宮寺勇太(King & Prince) 優希美青 神尾楓珠 矢柴俊博 村上 淳  原 日出子 吹越 満 奥田瑛二
原作:高里椎奈「うちの執事が言うことには」(角川文庫刊) 
監督:久万真路 脚本:青島 武 
配給:東映
©2019「うちの執事が言うことには」製作委員会

『うちの執事が言うことには』オフィシャルサイト
uchinoshitsuji.com

小説「うちの執事に願ったならば」

原作コミック『うちの執事が言うことには』