貞子の呪いが池田エライザに襲い掛かる! 「リング」シリーズ最新作『貞子』の本予告&ビジュアル解禁

貞子の呪いが池田エライザに襲い掛かる! 「リング」シリーズ最新作『貞子』の本予告&ビジュアル解禁

5月24日(金)より全国公開される、池田エライザ主演の映画『貞子』の本ビジュアル&本予告映像が公開された。

本作は、時代の変化と共に恐怖の形状を変えながら、常に日本のホラー映画界を牽引してきた「リング」シリーズ最新作。今回解禁となった本予告では、心理カウンセラーの茉優(池田エライザ)が、投稿後に消息を絶ってしまった動画クリエイターの弟・和真(清水尋也)を見つけ出すため、拡散された動画を探し出し再生するが、そこには映ってはいけないものが写り込んでしまっていた。

背後から忍び寄る影、足元から現れる髪の毛、そしてTV画面に突如映し出された井戸……。容赦無い“恐怖”の連続に、早くも興奮がとまらない映像となっている。

また、プロモーション楽曲「feels like”HEAVEN”」の斬新なカバーが大きな話題となった女王蜂が、新曲「聖戦」で本作の主題歌を務めることも決定。予告で解禁されたエモーショナルなメロディが、弟を救いたい茉優の切なる心情を映し出し、中田監督が描きだす、深い人間ドラマの果てにある恐怖と哀しみを助長させている。

【STORY】
病院で心理カウンセラーとして働く茉優(池田エライザ)は、警察によって保護されたひとりの少女を担当する。一切の記憶をなくし、自分の名前すら言えない少女と向き合う茉優だったが、次第に彼女のまわりで奇妙な出来事が起こり始めるー。一方、WEBマーケティング会社に勤める祐介(塚本高史)の薦めでYouTuberとなった、茉優の弟・和真(清水尋也)は再生回数の獲得に焦るあまり、心霊動画を撮ろうと、死者5人を出したある団地の火事跡に忍び込むが…

作品情報

映画『貞子』
5月24日(金) 全国ロードショー


原作:鈴木光司「タイド」(角川ホラー文庫刊)
監督:中田秀夫
脚本:杉原憲明
主演:池田エライザ 塚本高史 清水尋也 姫嶋ひめか 桐山 漣 ともさかり
製作:「貞子」製作委員会
配給:KADOKAWA
©2019「貞子」製作委員会

オフィシャルサイトsadako-movie.jp

『タイド』原作