荻野目洋子、デビュー35周年記念ライブで新曲含む20曲を熱唱

荻野目洋子、デビュー35周年記念ライブで新曲含む20曲を熱唱

1984年4月3日に「未来航海-Sailing-」で歌手デビュー。以来、「ダンシング・ヒーロー」「六本木純情派」「コーヒー・ルンバ」など数々のヒットを放ってきた荻野目洋子が、4月6日、東京・恵比寿のLIQUIDROOMでリキッドルームでデビュー35周年の記念ライブ『YOKO OGINOME LIVE 2019 FREEDOM!!』を開催した。

2017年に、大阪府立登美丘高校ダンス部とともに、日本レコード大賞の特別賞を受賞するなど、爆発的な再ブレイクを果たした荻野目だが、ライブハウスでのオールスタンディングによる単独公演は、意外にも今回が初めて。

今年1月には23年ぶりにテレビドラマの主演を務めるなど、50代を迎えて、ますます活動の幅を広げている彼女。今回のライブではギターの弾き語りに加えて、ピアノの弾き語りにも初挑戦。オリジナル曲や洋邦のヒット曲をバンド演奏でロックシンガーばりに歌唱するなど、意欲的なパフォーマンスで、さらなる進化を印象づけた。

ライブは、最近、映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観たという荻野目がクイーンの「We Will Rock You」に乗せて「35周年を一緒にお祝いしてくれませんか?」と歌う演出からスタート。革ジャンにミニスカート姿のロックスタイルで登場すると、会場のボルテージは一気に上がった。

序盤は荻野目が90年代に発表したクラブミュージック系のナンバーや、バンドサウンドにアレンジされたアルバム曲など、会場の雰囲気にマッチした楽曲で構成。中盤ではハードロック調の「六本木純情派」や代表曲「ダンシング・ヒーロー」、さらに1月放送の主演ドラマ『ネット歌姫~パート主婦が、歌ってみた~』の劇中で歌唱した「DOWN TOWN」(オリジナル:シュガー・ベイブ)や「本能」(オリジナル:椎名林檎)も披露した。

恒例の弾き語りコーナーでは、シーアやプリンスの世界的なヒット曲をカバー。さらに荻野目自身が26年ぶりに作詞・作曲を手がけた新曲「愛とは」を初めてお披露目するなど、盛りだくさんの内容で会場を湧かせた。

鳴りやまない拍手の中、アンコールでは日頃から親交のあるLiLiCoが登場し、荻野目と「DEAR~コバルトの彼方へ~」をデュエット。その後、荻野目の顔が描かれたケーキがサプライズで運び込まれるなど、祝祭感に溢れた演出と、“ロックな荻野目ちゃん”を満喫できる選曲で満場のファンを魅了した。

■荻野目洋子 コメント
昨年50歳を迎えて、小さなことでも新しい目標を増やしていけたら……と思って、今回のライブは初のオールスタンディング、そしてピアノの弾き語りに挑戦しました。多くの皆さんにお会いできただけでなく、いま自分が感じていることを歌にした新曲も喜んでいただけて、またあらたなモチベーションが湧いてきました。私の声を通して、少しでも感じていただけるものがあるよう、これからも精進していきますので、ぜひまた会いに来てください! 本日はありがとうございました。

■『YOKO OGINOME LIVE 2019 FREEDOM!!』
2019年4月6日(土)東京・恵比寿LIQUIDROOM
<セットリスト>
01. ジャングル・ダンス (15thシングル「スターダスト・ドリーム」C/W/88年)
02. LOOK UP TO THE SKY(36thシングル/97年)
03. Make It On My Own(37thシングル/97年)
04. REPLICAのKISS(15thアルバム『NUDIST』/92年)
05. RAINBOW CHAMELEON(38thシングル「from my Garden」C/W/97年)
06. JULIA(12thアルバム『KNOCK ON MY DOOR』/90年)
07. 黄昏のネイバーフッド (4thアルバム『ラズベリーの風』/86年)
08. 六本木純情派 (10thシングル/86年)
09. ロマンティックに愛して (26thシングル/92年)
10. ダンシング・ヒーロー(Eat You Up) (7thシングル/85年)
11. 銀色のペーパームーン (8thアルバム『CD-RIDER』/88年)
12. DOWNTOWN(19thアルバム『Songs & Voice』/09年) ※NHK-BSドラマ『ネット歌姫』劇中歌
13. 本能 (椎名林檎のカバー) ※NHK-BSドラマ『ネット歌姫』劇中歌
14. Chandelier(シーアのカバー) ※ピアノ弾き語り
15. Nothing Compares To You (プリンスのカバー) ※アコースティックギター弾き語り
16. 愛とは (新曲) ※作詞・作曲:荻野目洋子
17. フリーダム (20thアルバム『ディア・ポップシンガー』/14年)
[ENCORE]
18. DEAR~コバルトの彼方へ~ (16thシングル/88年)
19. コーヒー・ルンバ (25thシングル/92年)
20. 湘南ハートブレイク (18thシングル/89年)


ビクターエンタテインメント 荻野目洋子オフィシャルサイト
http://jvcmusic.co.jp/oginome/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC