「自分を洗脳する」。中丸雄一(KAT-TUN)、仕事へのモットーを語る! 吉高由里子主演ドラマ『わたし、定時で帰ります。』プレミア試写会開催

「自分を洗脳する」。中丸雄一(KAT-TUN)、仕事へのモットーを語る! 吉高由里子主演ドラマ『わたし、定時で帰ります。』プレミア試写会開催

TBSで4月16日(火)にスタートする、火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』(毎週よる10時~)のプレミア試写会&舞台挨拶が、本日4月8日(月)、丸ビルホールで開催され、吉高由里子、向井 理、中丸雄一、内田有紀、ユースケ・サンタマリアが登壇した。

司会者に紹介され、主演を務める吉高が挨拶をしようとすると、早速ユースケが「皆さん、今日は……」とボケてみせ、会場は笑いに包まれる。改めて、OL役を初めて演じるという吉高が「第一話の放送が待てないくらい、皆さんのリアクションが見たくて。面白かったですか?」と問いかけると、会場からは大きな拍手が巻き起こった。

そして、MCが観客へ「もしかしたら仕事を早く切り上げてきている方もいらっしゃるかもしれませんね」と、仕事を早退して参加しているに挙手するよう呼びかける。次々と手が上がる様子に、吉高は「おー! すごーい!」と歓声を上げていた。

しかし、撮影現場の雰囲気について聞かれるとユースケは、「この間、スタジオに行ったらなんか騒がしくて。何があったのかって覗いたら由里子ちゃんが胴上げされてました」と冗談を連発! 吉高は「よくそんなふざけたことをシャーシャーと……!」とタジタジの様子。慌ててユースケが中丸へ「その場に中丸くんはいなかったわけじゃない? だから、この話には参加できないって、汗がすごい!」と突っ込み。それを受け中丸は、「ユースケさんの嘘がすごい!」と反論し、ハンカチで汗をぬぐう。

内田は、それを受け、個性の強い共演者について聞かれると、「みんな思ったことを言うタイプの人が多いですね」とコメントしまとめ、笑顔を見せる場面もあった。

過去にトラウマを抱え、仕事は「残業ゼロ、定時で帰る」をモットーに働く主人公にちなみ、自身の仕事のモットーは?という質問にユースケは、「先輩とも後輩とも仕事するので、年下の子を呼び捨てにしない。かと言って、『さん』付けで呼べないので、女の子はちゃん付け、男の子はくん付けで呼んでます」と回答。さらに、向井は「遅刻しないこと」、内田は「役に真摯に向き合うこと」と答える。

また、「なんとなく楽しもうという気持ちを持てるように心がけている」と答えた中丸は、つらい現場の場合はどうるのかと聞かれると「この仕事は楽しいと自分を洗脳する。つまんないベクトルから楽しいかも、と言い聞かせる」とコメントすると、吉高は、「切り替えることで今日が決まりますよね」と深く共感している様子。

「昨日、すごく落ち込んで、ギャン泣きして」と語り始め、「今日ここに立ちたくないくらいメンタルえぐれてたんですけど」と吉高が、心境を吐露すると、すかさず、ユースケから「今日来てよかったろ?」とフォローが入り、「来てよかったです。皆さんに会えて楽しくできて良かったです」と“笑顔を浮かべた。

そして、肝心のモットーについて吉高は、「スタッフさんの名前をより早く覚えること」とあげ、「現場により入り込めるし、そうするようになってから楽しめる環境になった」と明かす。さらに、名前の覚え方のコツを聞かれると、「現場でのスタッフさん同士が呼び合っているのを盗み聞きしています」と答え、共演者も感心している様子であった。

最後に吉高は、「登場人物の誰かしらに感情移入というか共感できるキャラクターがみなさんいると思います。このドラマを見て気持ちが楽になったり、また明日もがんばろうという内容になっていますので、三ヶ月間みなさんどうぞ見守ってください。今日は本当にありがとうございました」と本作につてアピール。そして、「18時なので、私は定時で帰らせていただきます(笑)」とドラマの決めセリフで締めくくり、イベントは大盛況で幕を閉じた。

【STORY】
主人公・東山結衣(吉高)はWEB制作会社で働くディレクター。過去のトラウマから入社以来、残業ゼロ生活を貫いてきた。理由が無ければ帰りづらい風潮の中で、仕事中は誰よりも効率を追求し、生産性の高い仕事をし、定時になるときっぱり退社。行きつけの中華料理屋でビールを嗜み、恋人・諏訪 巧(中丸)との時間も大切にしている。だが新任の部長が赴任したことをきっかけに、結衣の前に曲者社員たちが立ちはだかる。ワーカホリックの結衣の元婚約者・種田晃太郎(向井)、会社に住み着く非効率男・吾妻 徹(柄本時生)、辞めたがりの新人男子・来栖泰斗(泉澤祐希)、仕事命の皆勤賞女・三谷佳菜子(シシド・カフカ)、産休明けのワーキングマザー・賤ヶ岳八重(内田有紀)、そして悪気なくブラック発言を連発する部長・福永清次(ユースケ・サンタマリア)。彼ら曲者たちが抱える様々な問題に、結衣はどう立ち向かうのか――?

番組情報

火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』
4月16日(火)スタート 毎週火曜よる10:00~11:07

製作:TBSスパークル TBS
原作:朱野帰子『わたし、定時で帰ります。』(新潮文庫刊)
脚本:奥寺佐渡子 清水友佳子
演出:金子文紀
竹村謙太郎
プロデューサー:新井順子
八尾香澄

出演
東山結衣:吉高由里子
種田晃太郎:向井 理
諏訪 巧:中丸雄一
吾妻 徹:柄本時生
栗栖泰斗:泉澤祐希
三谷佳菜子:シシド・カフカ
愁:桜田 通
王丹:江口のりこ
戸塚 学:梶原 善
篠原友之:酒井敏也
賤ケ岳八重:内田有紀
福永清次:ユースケ・サンタマリア
ほか

©TBS

番組サイト
https://www.tbs.co.jp/watatei/

『わたし、定時で帰ります。』原作