崎山つばさ、セカンド写真集『THE RAW』発売!「何事もステップアップできる1年に」

崎山つばさ、セカンド写真集『THE RAW』発売!「何事もステップアップできる1年に」

2019年に入っても俳優・崎山つばさの躍進は止まらない。3月には初主演映画『クロガラス』の上映、さらに4月18日(木)から初主演舞台「幕末太陽傳 外伝」への出演を控え、ますます勢いを増している。そんな彼のセカンド写真集『THE RAW』が3月27日(水)に発売、4月6日(土)に発売記念イベントが催され、崎山つばさが会見に登壇した。

取材・文・撮影 / 竹下力

僕の生活のすべてが詰まっている

崎山にとってセカンド写真集となる『THE RAW』は、彼のこれまでの人生の軌跡を集めたような写真集だ。撮影は現代の写真シーンに欠かせない存在である気鋭の写真家・笠井爾示。ロケ地は“神の住む島”といわれる奄美群島が選ばれた。本人が今回の撮影で強く希望した雄大な大自然の中に溶け込む姿は、テレビ、映画や舞台で役を演じる彼とは違ったプライベートな姿が垣間見える写真集となっている。

      撮影:笠井爾示/崎山つばさ写真集『THE RAW』(講談社)より

会見では、まず写真集が発売されたことについて触れ「僕の人生で、まさか2度目となる写真集を出せるとは思っていませんでした」と率直な気持ちを語ったが「2冊目を出すのであれば、テーマとして、八百万神の神々ではないのですが、神々しさを感じることのできる、海や空といった自然を全面に出したくて、奄美群島で撮影しました。初めて訪れたのですが、テーマにぴったりのロケーションで、森の樹木から妖精が出てくるような神秘的な雰囲気の写真集に仕上がりました」と今作の見どころを話した。



取材中に、自らを“スピリチュアル俳優”と語った崎山だが、奄美群島で神秘体験をしたようで「人がなかなか行けないような場所に分け入って、滝壺のようなところで撮影した写真があるのですが、長靴を履いて、泥まみれになって、ようやくたどり着いた水辺で水を掬った瞬間に湯気のようなものが突然出たんです。神聖な場所だからそんな幻想的なことが起きたのかもしれないですね」とコメント。

さらに撮影の合間にも趣味の神社巡りをしたそうで「撮影期間中に行く予定はなかったのですが、加計呂麻島に唯一の神社が山の上にあると聞いたので、思わず行きたくなってしまったんです(笑)。スタッフと一緒に参拝して素晴らしい思い出を作ることができました」と撮影当時を振り返った。

『THE RAW』よりお気に入りを披露

お気に入りのカットを聞かれると「温泉に入っている写真ですね。写真集のタイトル『THE RAW』にちなんで、“生”な感じを出したくて、笠井さんに撮影してもらいました。僕の“素”の部分がもっとも出た写真だと思います」と紹介した。

また、「実家に帰った時に、子供の頃のアルバムを開くと、“どうしてこんなラフな写真があるのだろう。なんのために撮ったのだろう”と思った写真があったのですが、それが今作の“生”の感覚に近かったんです。つまり、僕の生活のすべてが詰まっていると思います」と今作が自身のルーツを感じさせる写真集でもあるとコメント。

 

      撮影:笠井爾示/崎山つばさ写真集『THE RAW』(講談社)より

写真家・笠井とのセッションも見どころで「決めうちのカットもありますが、あくまで自然にシャッターを切っていただいたので、とてもナチュラルな気持ちで撮影に臨むことができましたね」と語った。

撮影の苦労を問われ「ないですね(笑)。12月に現地を訪れたのですが、温度は20度ぐらいあって暖かったですし、休日に遊びにきたような感覚でリフレッシュしてパワーチャージもできました。ただ、奄美大島に生息する“とびんにゃ”という貝を食べたのですが、ビジュアルにインパクトがあって食べる瞬間は戸惑いました。とても美味しかったけれど(笑)」と取材陣を笑わせる一幕も。

崎山にとって20代最後の写真集になるが「あと7ヶ月ほどで30歳になりますが、奄美大島に行ったことを含め、知らない世界がたくさんあることを実感しました。いろいろな節目で “こういう大人になりたい”という姿を思い描いていたのですが、まだまだそこにたどり着いていないのを感じています。これからもいろいろな景色を見つけたいと思います。それから、もっと大人の振る舞いができるようになれたら嬉しいです」と30歳に向けての抱負を語った。

撮影:笠井爾示/崎山つばさ写真集『THE RAW』(講談社)より

そして、“大人の振る舞い”とはという問いに「たとえば、後輩たちとお店に行くと、気づいたらお会計を済ませている先輩に憧れますね(笑)。『刀剣乱舞』の刀剣男士の中では年上なので、みんなで食事をした時は、少し多めに奢っているんですけど」と場を和ませるコメントも。

普段の崎山は「基本的には家が好きで一歩も外に出ずにマイペースに過ごしています」と語ったが、もし3冊目の写真集があればと問われると「2冊目まで国内で撮影したので、国外の遺跡で思いっきり撮影したいですね。神社巡りと同じぐらい世界遺産が好きなので(笑)」とアクティブな一面も。



あと1ヶ月も経たないうちに“平成”が終わることについて崎山は「とあるショップで洋服を買った時に領収書をもらったのですが、発行時期に新元号の“令和”と書かれてびっくりしました」と爆笑エピソードを披露した。

そして2019年に“崎山つばさ”はどのようになっていくか問われ「2018年には紅白歌合戦への出場といった初めての経験をたくさんしました。今年に入っても、2週間後には人生で初の主演舞台『幕末太陽傳 外伝』の上演が控えているので、役者としてだけではなく、人間として、何事もステップアップできる1年にしたいと思います」とコメントし、会見は終了した。

ミュージカル『刀剣乱舞』の一振(一員)として活躍するのみならず、歌手としても崎山つばさ名義でファーストアルバム『UTOPIA』の発売しアクティブなライブ活動をしている。さらに多くのテレビ番組への出演、初主演映画も公開され、加えて初主演舞台……と多忙を極める彼からこれからも目が離せない。この写真集には、そんな彼が普段我々に見せることのない“RAW=生”な“崎山つばさ”が写し出されている。彼の貴重なドキュメントが収められたセカンド写真集をぜひ手にとってほしい。

舞台『幕末太陽傳 外伝』

2019年4月18日(木)~4月28日(日)三越劇場

原作:映画『幕末太陽傳』 ©日活株式会社
監督:川島雄三
脚本:田中啓一、川島雄三、今村昌平
脚本・演出:なるせゆうせい

出演:
崎山つばさ
愛原実花
蒼木 陣
磯貝龍虎
入江甚儀
鐘ヶ江洸
久下恵美
向野章太郎
小坂涼太郎
小松準弥
津田英佑
中野あいみ
野添義弘
林明寛
丸山優子
三浦海里
武藤十夢

(五十音順)

オフィシャルサイト
Twitter(@taiyouden_stage)

崎山つばさセカンド写真集『THE RAW』

発売日:2019年3月27日(水)
撮影:笠井爾示
定価:¥3,000+税
仕様:B5判/112ページ
発行:講談社

『崎山つばさセカンド写真集 THE RAW』(講談社)

崎山つばさオフィシャルサイト