中村倫也がアラジン、木下晴香がジャスミンの声を担当! 実写映画『アラジン』吹替版の新たなキャストが解禁

中村倫也がアラジン、木下晴香がジャスミンの声を担当! 実写映画『アラジン』吹替版の新たなキャストが解禁

6月7日(金)より日本公開される、実写映画『アラジン』の新たな吹替キャストが発表。主人公・アラジン役を人気俳優の中村倫也、自由に憧れる王女・ジャスミン役をミュージカル女優の木下晴香が担当する。

本作は、映画史に残る名曲「ホール・ニュー・ワールド」を生み出したあの名作アニメーション映画『アラジン』を、ディズニーが実写映画化したもの。人生を変えるチャンスを待つ貧しいアラジン(メナ・マスード)と自立した心と強い好奇心を持ち、自由に憧れる美しい王女ジャスミン(ナオミ・スコット)の身分の違う二人の運命的な恋、そして、3つの願いを叶える魔法のランプを巡る壮大な冒険を描く、究極のエンタテインメント作品だ。

そんな本作のオーディションを突破した中村、木下のふたりだが、起用の大きなポイントとなったのは演技力と歌唱力、そして「ホール・ニュー・ワールド」の歌声とのこと。最高にロマンチックなシーンに流れる甘いアラジンの歌声と、初めての自由な旅を満喫するジャスミンの伸びやかな歌声が、ふたりの歌声にピタリとはまっており、このシーンが象徴する二人の喜びと幸せが最大限表現されていたそうだ。

吹替えの初参加作品がすでに人気も高い本作になったことについて、木下は「(ジャスミン役に選ばれて)すごく嬉しいです。数あるディズニーの作品の中でも本当に大好きな作品の一つで、まだどこか信じられていない自分がいるのに、ここにいるこの状態・・・」とコメント。『アラジン』のテーマとなる“願い”にかけて、「思い続ければ願いは叶う!」とメッセージを送ってくれた。

また、起用の決め手となったという「ホール・ニュー・ワールド」のシーンについて、中村は「自分が携わる仕事で、感じたことのない感動がありました。小さい頃から知っている名曲に自分が歌って吹き込んで完成版を観たとき、珍しく鳥肌が立ちましたね。アラジンはジャスミンを誘って一緒にいろんな世界を見て回ろうよという、優しさと強さ、ちょっとした強引さがありながら素敵な体験をさせてあげる……そういう幸せな気持ちやキラキラした感情がいっぱいのシーンになればいいなと思って吹替えをしました」と、特別な思いを語っている。

なお、本作では、一流の演技力と歌唱力兼ね備えた豪華キャストたちが台詞だけではなく歌まで完全に吹替える“プレミアム吹替版”が公開。“プレミアム吹替版”参加吹替えキャストとして、アニメーション版でも同役を演じた山寺宏一がジーニー役を務めることが決定している。

※プレミアム吹替版:一流の演技力と歌唱力を兼ね備えた豪華キャストが集結。台詞も歌も完全に吹替えをした日本語版。

作品情報

『アラジン』
6月7日(金)全国公開

監督:ガイ・リッチー
脚本:ジョン・オーガスト、ガイ・リッチー
音楽:アラン・メンケン
出演:メナ・マスード、ナオミ・スコット、ウィル・スミス
原題:Aladdin
全米公開:2019年5月24日
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
© 2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

オフィシャルサイト
https://www.disney.co.jp/movie/aladdin.html