福原 遥、佐藤大樹、鈴木 仁、井桁弘恵が登壇! 映画『4月の君、スピカ。』関西&長野舞台挨拶のオフィシャルレポート到着

福原 遥、佐藤大樹、鈴木 仁、井桁弘恵が登壇! 映画『4月の君、スピカ。』関西&長野舞台挨拶のオフィシャルレポート到着

4月5日より公開されている、映画『4月の君、スピカ。』の舞台挨拶が大阪と長野で開催。各舞台挨拶のオフィシャルレポートと、登壇した福原 遥、佐藤大樹(FANTASTICS from EXILE TRIBE)、鈴木 仁、井桁弘恵、大谷健太郎(監督)のコメントが到着した。

『4月の君、スピカ。』鈴木 仁のインタビュー記事はコチラ

鈴木 仁「○○を気にしていたら恋はできない」。映画『4月の君、スピカ。』で演じた深月とは正反対(?)な恋愛観を告白

鈴木 仁「○○を気にしていたら恋はできない」。映画『4月の君、スピカ。』で演じた深月とは正反対(?)な恋愛観を告白

2019.04.04

『4月の君、スピカ。』関西舞台挨拶

――主人公・早乙女星は転校初日に失言して高校デビューに失敗してしまいますが、入学・転校など何かの初日に、こうしとけばよかったとか、逆に成功の思い出などはありますか?

福原 小学校のころから転校が多かったんです。もともとはすごい人見知りで、この業界に入ったのも人見知りを治すために入ったくらいだったんですけど、何回か転校を繰り返すうちに慣れてきて、最初からとりあえず笑顔でだれかに話しかけてみよう! から始めてみたら意外とみんなとすぐ仲良くなることができました。なので、笑顔が成功だったのかなって思います。

佐藤 中学時代は失敗した思い出があって、自転車通学が禁止だったのにイキって登校初日にチャリ通をしたら、サッカー部の先輩に平手打ちをされました(笑)。そこで先輩後輩の上下関係の厳しさを学びましたね。

あと、高校に入ったころから”ダンスで飯を食う!”って決めていていたので、最初のホームルームで「絶対にEXILEに入る!」っていう宣言をしたんです。周りには笑われたけど、公言したことでそれが実現して今があるのかなって思います。こっちは成功の思い出ですかね。

キャストが理想の“つまクル”シチュエーションを実演して発表!
原作コミックス3巻の表紙で、泰陽が星の髪の毛を右手でつまんでクルっとしているポーズを「つまクル」と命名! 今回はキャストそれぞれがしたい、してもらいたい“つまクル”シチュエーションを実演した。

まずは、井桁。「私がやってもらいたいシチュエーションは、もう付き合ってる彼と家でテレビを見ている設定で、彼はソファにて私は床に座っています。そこで突然、、『あ、枝毛み~っけ~!』っていう“つまクル”です(笑)。急に触られるとドキッとするけど、こういう風にいわれれば、『ちょっと~何!』っていう風に言えるし、こういうテンションで付き合いたいなって思いました」と“つまクル”シチュエーションを実演すると、ほかの出演者からは「勉強になるな~」とコメントが。

続いて鈴木は、ハードルがあがってしまった中で戸惑う中披露。「(クルクルやりながら)…この長さじゃつまクルできねぇよ! 俺こうなっちゃいます」と言うと、会場の客席から大きな拍手と黄色い歓声が沸き起こった。佐藤は「映画の(鈴木演じる)深月とはまた違ったキャラクターで、男らしいですね」とコメントした。

『4月の君、スピカ。』長野舞台挨拶

観客の中にはロケ地の長野県千曲市出身の方や、エキストラで映画に出演している方も多数会場にいた長野での舞台挨拶。キャストそれぞれが長野県千曲市での撮影の思い出や、シャインマスカット、杏、お蕎麦など、美味しかったご飯のトークで盛り上がった。さらに、福原は撮影後にプライベートでもキティパークの星見ヶ丘に行き満天の星空を堪能したそうで、他キャストからは「ずるい~」という声が上がり観客からも拍手が起こり、アットホームな雰囲気の中進行した。

フォトギャラリー

作品情報

映画『4月の君、スピカ。』
新宿ピカデリー、イオンシネマ他 全国公開中

出演:福原 遥、佐藤大樹(W主演)
鈴木 仁、井桁弘恵、夏目かな、南山あずさ、大原優乃
原作:杉山美和子(小学館「Sho-Comi」連載)
監督:大谷健太郎
脚本:池田奈津子
音楽:吉俣 良
企画・プロデュース:高石明彦
製作:「4月の君、スピカ。」製作委員会
配給:イオンエンターテイメント
配給協力:プレシディオ

© 2019杉山美和子・小学館/「4月の君、スピカ。」製作委員会
©杉山美和子/小学館

オフィシャルサイト
https://kimispi-movie.com
オフィシャルTwitter
@kimispi_movie
オフィシャルInstagram
@kimispi_movie

原作コミック『4月の君、スピカ。』