感極まり思わず泣いてしまうファンも!結成10年の女王蜂、初の書籍『qb図鑑』発売イベント開催!

感極まり思わず泣いてしまうファンも!結成10年の女王蜂、初の書籍『qb図鑑』発売イベント開催!

約2年ぶりにニュー・アルバム『十』を5月22日に発売する女王蜂が、4月7日(日)福家書店サブナード新宿店にて、初の書籍『qb図鑑』発売記念イベントを開催した。(6日に紀伊國屋書店グランフロント大阪店でイベントを開催)。
ニュー・アルバム収録される新曲「聖戦」は、映画『貞子』(5月24日公開)の主題歌に決定し、結成10周年にふさわしい盛り上がりをみせている。

発売記念イベントは、一部では抽選で選ばれた方限定でメンバーとのチェキ撮影会、二部は書籍のお渡し会が行なわれた。

メンバーを代表して、アヴちゃんがインタビューに答えてくれた。

結成10年を迎え、「バンドの若さを感じました。ようやくエンジンが回ってきたなというか、さらによくなってきたなと感じます」とコメント。

さらに、本を発売されたことについては「この10年で多分わたしが一番変わったんだなっていう片鱗が見えたから、それを残せたというのがとても嬉しいです。ファンの人達から“最高でした”って、伝えてもらえたし。本が出せる日が来たんだな…って感じます。でも、わたし達には、まだまだあるので、#1というか、1巻が出せたなという感じがします」と、10周年の区切りに出版できた喜びと共に、次の10年を期待させてくれるコメントをくれた。

初の書籍『qb図鑑』については、「10年かけて、ひとりの人間から、4人の人間になって、十数名くらいのスタッフが加わり、こうやって具現化していけるっていうことは、面白いことなんじゃないかって思っていて、全部手作りというか、一つひとつ作っていっているから、それを見て“あ、自分もやってみようかな”とか、“こんな生き方もあるんだな”っていうところを楽しんで頂ける1冊になったと思います」とアピールしてくれた。

イベントは、間近で女王蜂メンバー4人に会えるということで、何も言えなくなってしまうファンや、感極まって思わず泣いてしまうファンも多く、今の女王蜂の人気を物語る盛り上がりをみせた。
ライブ以外でファンと顔を合わせる場があまりないメンバーにとっても、書店でのイベントは全て初めての経験。“好きです”という気持ちを伝えてくれるファン一人ひとりに、「ありがとうございます」と、感謝の気持ちを伝え、とても温かいイベントとなった。

なお、『qb図鑑』の発売記念イベントは、4月21日(日)紀伊國屋書店札幌本店でも行なわれる。現在、書店店頭と電話にて一部(チェキ撮影会)のチケットを発売中。

4月17日(水)からは、全国ツアー2019「十」-火炎-がスタート。今後も、躍進を続ける女王蜂に注目だ。

女王蜂『qb図鑑』

発売日:2019年3月28日(木)
定価:¥3,241+税
仕様:B5版/176頁

【イベント】
4月21日(日)札幌・紀伊國屋書店札幌本店

女王蜂公式サイト:http://www.ziyoou-vachi.com/