佐藤 健主演『るろうに剣心』最終章の製作が決定! 2020年夏に2作連続で公開

佐藤 健主演『るろうに剣心』最終章の製作が決定! 2020年夏に2作連続で公開

佐藤 健主演で大ヒットを記録した映画「るろうに剣心」シリーズの最終章が、5年の時を経て遂に製作決定。2020年夏に2作連続で公開されることが明らかになり、頬の傷が十字じゃない剣心のビジュアルも解禁となった。

映画「るろうに剣心」シリーズは『るろうに剣心』(2012)、『るろうに剣心 京都大火編』(2014)、『るろうに剣心 伝説の最期編』(2014)の3作品が公開されており、シリーズ累計の興行収入は125億円以上、観客動員数は980万人を突破。迫力のある超高速アクションと、エモーショナルに描かれる人間ドラマは世界中を熱狂させ、北米、ヨーロッパ・アジア諸国を含む世界100ヶ国以上で配給、世界50以上の国際映画祭に出品された。

そして最終章では、これまで語られることのなかった剣心の“十字傷の謎”に迫る物語が展開。さらに、中国大陸の裏社会を牛耳る謎の武器商人で、志々雄真実を操っていたシリーズ最恐の敵・縁(えにし)との戦いが、動乱の幕末期と明治維新後の新時代の2つの時代を通して描かれる。

そんな最終章にかける思いについて、佐藤 健「毎回どの作品も全力で演じていますが、『るろうに剣心』に関しては、やはり特別な思いがあります。また、この二部作は、剣心の十字傷の秘密(剣心の過去)を描いていることもあり、剣心にとって間違いなく一番重要なエピソードです」とコメント。

「クランクインの日は、久しぶりに剣心を演じること、大友組ならではの大規模撮影の雰囲気など、全てにおいてソワソワしていました(笑)。でも芝居が始まっていくうちに、「懐かしい」「帰ってきた」という感覚がとても強くなってきました。2020年、みなさんに楽しんで頂ける作品になるように、自分にとって人生の代表作にするつもりで最後まで演じ切りたいと思います」と続けた。

さらに、大友啓史監督は今回の物語を撮るにあたり「このシリーズには絶対に欠かせないエピソードであり、主人公<緋村剣心>の人間性に踏み込んでいくことになる頬の傷の話を描くにあたって、もう一度『るろうに剣心』と対峙することへの覚悟を問われる感じがしました」と言及。

ファンに向けては「“るろ剣クオリティ”を超えていくために、見たことのないアクション、幕末と明治という全く異なる2つの時代、剣心が背負ってきた深いドラマ、繊細なラブストーリーなど、多くの視点で大きな熱量を注いでいます。全員が『るろうに剣心』への想いが強くなっていますし、自分たちにできるベストなものを届けたいと思っています。健くんも多くの作品で経験してきたものをこの作品に捧げてくれています。皆さんに愛してもらえる作品に仕上がると思いますので、2020年夏を楽しみに待っていてください」とメッセージを送った。

作品情報

『るろうに剣心』最終章
2020年夏 2作連続 全国ロードショー

主演:佐藤 健
監督:大友啓史
原作:和月伸宏「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」(集英社ジャンプ コミックス刊)
製作:映画「るろうに剣心」最終章 製作委員会
制作プロダクション・配給:ワーナー・ブラザース映画

©2020「るろうに剣心」最終章 製作委員会

映画『るろうに剣心』オフィシャルサイト
http://rurouni-kenshin.jp

原作コミック『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』