菅田将暉、映画『シャザム!』主役のオファーに「詐欺ではないかと思いました(笑)」

菅田将暉、映画『シャザム!』主役のオファーに「詐欺ではないかと思いました(笑)」

4月19日(金)に公開される映画『シャザム!』の吹替版完成披露試写会が、4月16日(火)に新宿ピカデリーで開催された。

映画実写版『銀魂』の福田雄一監督が、吹替監修・演出を担当することでも話題となっている本作。日本語吹替キャストには、主人公シャザムの声を担当する菅田将暉をはじめ、佐藤二朗、子安武人、杉田智和、緒方恵美、阪口大助、平野 綾、遠藤 綾、櫻井孝宏、小野大輔と人気俳優・声優陣の出演も明らかになっている。

そんな吹替版の完成披露試写会には、キャストより菅田将暉、緒方恵美、阪口大助、平野 綾が登壇。本稿では、イベントのオフィシャルレポートをお届けする。

『シャザム!』吹替版完成披露試写会イベント

本作の主人公である見た目はオトナ、中身はコドモのスーパーヒーロー・シャザムのコスプレほか、スーパーマン、バットマン、ワンダーウーマン、アクアマン、フラッシュ、グリーン・ランタン、アクアマンのメラ、スーパーガールなどのコスプレをしたDCコミックスファンたちが集まった超満員の熱気に満ちた会場に、シャザムの声を担当した菅田将暉、変身前の少年・主人公ビリーの声を演じた緒方恵美、主人公ビリーの親友でスーパーヒーローオタクの少年フレディの声を担当した阪口大助、ビリー、フレディと同じグループホームで育つ少女メアリーの声を務めた平野 綾が大きな歓声と拍手に迎えられて登場。

大人気DCコミックスのヒーロー映画である本作の吹替版のオファーが来た時の心境について、菅田は「びっくりしました。ついこの間、オファーを貰ったんですが(笑)、その頃はTVのCMを見てDCの新しいヒーローがあるんだ! 観に行こうと思っていたら3日後ぐらいにオファーが来たんです! そんなに大きな話ではないと思っていたので詐欺ではないかと思いました(笑)」と、オファーを受ける前から本作を楽しみにしていたこと、そしてオファーがウソではないかと疑ったことを明かした。

全米興行収入が2週連続でNo.1を記録し、全世界での興行収入は2億5800万ドルを突破するなど大ヒットとなっている本作だが、本作の魅力について緒方は「シャザムとフレディが子供らしくて全体を通して面白い! ビリーがグループホームで暮らしているのでシニカルな感じで斜に構えた感じなんですが、シャザムに変身すると子供らしさ全開で色々遊ぶんですよ。実験するシーンが好きです」とコメント。坂口も「実験のシーン楽しかった!」と緒方のコメントに頷きながら「青春というよりもっと下な感じ。葉っぱ燃やしてダンゴムシ集めているレベル(笑)」と笑いを誘いながら説明。菅田も坂口に共感したようで、「僕も筆箱に集めていました」と明かし、周囲を沸かせていた。

本作では、オトナになったシャザムとフレディが悪ふざけ全開で楽しむが、MCに子供の頃大人になったらやってみたかったことについて問われると、平野は、本編にも登場するシャザムとフレディがビールを買うシーン同様にビールを飲むことが憧れだったと明かす。しかし、炭酸が苦手だそうで「いまだにビールは大人の味がします」とはにかんだ。『機動戦士Vガンダム』のウッソ・エヴィンの声で知られる坂口は「某アニメの某パイロットになりたかったんです(笑)。でもガンダムに乗っちゃった!」と、幼いころの夢がこの仕事でかなったことを明かし、坂口と同期の緒方は「坂口さんはガンダムに乗れたら業界辞めてもいいと言っていたのに、初めての主人公の仕事がガンダムのパイロット(笑)」と暴露。坂口が「もうちょっと頑張りますよ!」と慌てる一幕も。自分で稼いでスイカを丸ごと1つ食べるという夢を大学でやってみたという緒方は「数学の先生になりたかった」とコメントし、菅田も「僕も!」と互いに共感して和気あいあいな雰囲気に。そんな菅田は「トイザラスのおもちゃを大人買いしたかった」と振り返った。

福田雄一監督監修の魅力について問われると、菅田は「全体的に分かりやすくなっています。福田さんのワードセンスが良くて、海外ならでは独特の言い回しがきちんと還元されているので笑えるし、最後は感動して泣けるんです」。緒方も「福田監督は演出監督として初めてだったけど、指示が的確。作品を大切にしながらわかりやすい言葉に還元されていて、監督の言葉選びが素晴らしい」と大絶賛! 坂口も「足されているセリフもあったし、菅田さんのセリフでげらげら笑っていた」と、現場の様子を振り返ると、菅田は「福田さんは緊張していたんです!」と福田監督と一緒に組んでいるからこそ分かる豪華声優陣を前に緊張していた監督の様子を振り返る。

そして、菅田が演じたシャザムについて問われると、緒方は「いい感じでウソがないし、そのまんまな感じ」。坂口からは「マイクの前でもダンゴムシ集めてそうだもん(笑)」といじられ、童心を忘れない菅田がシャザムにぴったりだったと全員が口を揃えてコメント。菅田は「貴重な体験をさせていただきました」と笑顔を見せた。

最後に、菅田は「家族や友人たちと笑って、騒いで泣いて、最後にすごく熱くなれる新ヒーロー映画が誕生しました。是非、色んな方を誘って劇場に遊びに来てください」と本作の魅力をアピールした。

イベントでは、キャストによるトークセッションの他、抽選会が行われ、チョイ役と噂される佐藤二朗がアフレコ時に着用したサンタの衣装やシャザムのコスチューム、映画グッズ、サイン入りポスター、2.3メートルという巨大な等身大シャザムスタチュー(立像)といったファンたちにはたまらないプレゼントが観客たちに当たり会場は大盛り上がりの中、幕を閉じた。

作品情報

『シャザム!』
4月19日(金)ロードショー

監督:デヴィッド・F・サンドバーグ
製作:ピーター・サフラン(「死霊館」シリーズ、「アナベル」シリーズ、『アクアマン』)
出演:ザッカリー・リーヴァイ、アッシャー・エンジェル、マーク・ストロング、ジャック・ディラン・グレイザー
配給:ワーナー・ブラザース映画
全米公開:2019年4月5日
©2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

オフィシャルサイトshazam-movie.jp