キンプリ・永瀬 廉&神宮寺勇太、自宅で本読みのはずがジェンガ対決!? 映画『うちの執事が言うことには』完成披露レポート

キンプリ・永瀬 廉&神宮寺勇太、自宅で本読みのはずがジェンガ対決!? 映画『うちの執事が言うことには』完成披露レポート

5月17日(金)全国公開となる、映画『うちの執事が言うことには』の完成披露試写会が本日4月18日(木)に都内で行われ、永瀬 廉(King & Prince)、清原 翔、神宮寺勇太(King & Prince)、優希美青、神尾楓珠、矢柴俊博、村上 淳、吹越 満、久万真路監督が登壇した。

本作で映画初主演を務めた永瀬は「1年前に撮影したんですけど、僕自身、この日を待ちに待ってました! やっと来たか! と思うとニヤニヤが止まらないですね。嬉しいです。」と挨拶。一方の神宮司は本作で映画初出演。「こんなにたくさんの方々に囲まれながら会見するのは初めて。」と嬉しさを露わにしながらも「映画観たんですけど、やっぱり1年前も何かが違うなと! 顔つきも。そして、色気が少し。」と自身の成長を感じたことを明かした。

また、永瀬と神宮司は初めて共演してみて、今まで気づかなかった一面も見えてきたそうで、「一緒に読み合わせをしたいって、撮影の前に廉が言ってきて。台本読みを廉の家でやったんですけど、ジェンガがあってやったんです。そしたらめちゃくちゃ強かったんですよね」と“演技”とは関係ない告白をする神宮司。すると、MCはじめ共演者から「なんでジェンガ?」という鋭いツッコミが。永瀬が「急に神がジェンガしようぜって言ってきて、途中からジェンガ対決になったんですよね。」と補足。しかし、「(だから)なんで?」と声が漏れると、永瀬と神宮司は「いや、そこにジェンガがあったから!(笑)」と仲良く声を揃えて答えると、会場は笑いに包まれた。

また、映画を観た感想を聞かれた矢柴は「本読みの時に、永瀬君が重鎮に囲まれていて、めちゃくちゃ緊張していた。だから本編を観たときは、役を自分のものにしていましたし、驚きました」と絶賛。永瀬も「吹越さん、奥田さん、村上さんに囲まれていて。本当に両脇からのプレッシャーがすごくて(笑)。本読みで3キロくらい痩せました(笑)。そのくらいのレベルで緊張してましたし、さらに人見知りなんで…。」と振り返ると、矢柴は「あと、あの時、緊張で声が高くなってるのかなぁと思ったら、普通に高いんだね!(笑)」と続けると、「シンプルな声の高さですね(笑)」と永瀬も笑った。

一方、村上も映画の感想を聞かれると「監督の手腕を感じる作品でした」とコメント。続けて「今日は絶対に言いたいことがあって。6月19日、『King & Prince』というファーストアルバムが発売されます!」と、まさかのPR。永瀬と神宮司も「えぇ!!!」と驚きを隠せない様子だったが、「ありがとうございます!」と感謝を伝えた。

また、優希と神尾は初主演だとは思えない座長っぷりを見せた永瀬を絶賛。「廉は演技の経験がないとか言ってたんですけど、まったくそんなこと感じないくらいのみんなの中心になってコミュニケーションをとってくれました。僕は3人(永瀬・清原・神宮司)の関係性が出来上がってる時期にクランクインしたんですけど、うまく輪に入れてくれた。」と神尾が明かすと、永瀬は「今の聞いて、ニヤニヤが止まらい」と本当に嬉しそうにニヤニヤ。すると、村上は「こっち来て、ぷっちょ食えよ! みたいな感じ?」と、またしてもナイスなアシストを飛ばして、大爆笑を誘った。

【STORY】
日本が誇る名門・烏丸家の第27代当主となった花穎(永瀬 廉)は、18歳にして既に飛び級で大学を卒業する程の頭脳明晰、 しかも色彩に関して特別な能力を備えている。突然の引退を宣言した先代当主の父・真一郎は行方がわからず、急ぎ留学先から 戻ってきてみると、そこにいたのは幼少時代から全幅の信頼を寄せる老執事・鳳ではなく、新しい執事だという仏頂面の見知らぬ青 年・衣更月蒼馬(清原 翔)だった。父・真一郎が遺した突然の発令により、不本意ながらも衣更月と主従関係を結ぶ羽目になっ た花穎。まだ自覚が足りない若き当主・花穎と、仏頂面で新米執事・衣更月との関係には、ビミョーな空気が流れる。そんな中花穎 は、招待された芽雛川(めひながわ)家次男のバースデーパーティーで、ある事件に巻き込まれる。親しげに近づいてくる大学生にし て起業家の赤目刻弥(神宮寺勇太)とは何者なのか?さらに、次々に起こる不可解な出来事・・・烏丸家に上流階級の陰謀が 降りかかる。花穎と衣更月は、烏丸家を守り抜くことができるのかー。

作品情報

『うちの執事が言うことには』
5月17日(金)全国ロードショー


出演:永瀬 廉(King & Prince) 清原 翔 神宮寺勇太(King & Prince) 優希美青 神尾楓珠 矢柴俊博 村上 淳  原 日出子 吹越 満 奥田瑛二
原作:高里椎奈「うちの執事が言うことには」(角川文庫刊) 
監督:久万真路
脚本:青島 武 
配給:東映
©2019「うちの執事が言うことには」製作委員会

『うちの執事が言うことには』オフィシャルサイト
uchinoshitsuji.com

小説「うちの執事に願ったならば」

原作コミック『うちの執事が言うことには』