徳永えり×橋本 淳、映画『月極オトコトモダチ』本編映像解禁

徳永えり×橋本 淳、映画『月極オトコトモダチ』本編映像解禁

6月8日(土)より新宿武蔵野館、アップリンク吉祥寺、イオンシネマ板橋ほか全国順次公開される、映画『月極オトコトモダチ』の予告編が解禁された。

数々の名作を世に送り出している映画祭「MOOSIC LAB」2018年度の長編部門でグランプリ・最優秀男優賞(橋本 淳)、女優賞(徳永えり)、ミュージシャン賞(BOMIと入江 陽)と4冠に輝き、その完成度の高さから東京国際映画祭・日本映画スプラッシュ部門に異例の選出も果たした、穐山茉由監督の長編デビュー作となる本作。徳永が等身大のアラサー編集者役を、橋本がレンタルフレンド役を熱演。さらに芦那すみれがミュージシャン役として加わり、男女の友情の揺らぎを見事に体現する。そのほか、人気モデルで映画初出演の野崎智子、劇団ロ字ックの主宰にして映画監督でもある山田佳奈ら多方面で活躍するキャスト陣が脇を固める。

この度完成した予告編では、主人公の那沙とレンタル友達・柳瀬、そして那沙の同居人のミュージシャン・珠希の微妙な関係が切り取られている。レンタル友達という面白そうなネタを前に気合いが入る那沙は、正体を隠し月極プランで柳瀬をレンタルし始める。普通の友達のように仲を深めていく2人だが、ある日那沙は上司から“男女の友情のボーダーライン”を探す実験を行うことを命じられ、はたまた柳瀬は珠希と音楽という共通点を理由に繋がってしまう。いろいろな想いが交差した3人の関係は一体どこへ向かうのか―?

仕事に恋に悩む、等身大のアラサー女子の可愛らしい魅力が詰まった本作。同じくアラサー女子の本音を詰め込んだ漫画『凪のお暇』が、今若い女性に大人気の漫画家コナリミサトも本作に共感し「穐山監督と飲みながらお話してみたい」と絶賛。“男女の友情”という普遍的でありながら永遠の謎でもあるテーマについて、改めて考えてみたくなる映画となっている。

【STORY】
大人になると異性の友達ってなかなかできない。男女の間に友情は本当に存在しないの?WEBマガジン編集者の望月那沙(徳永えり)は、あるきっかけで「男女関係にならないスイッチ」を持つと語る柳瀬草太(橋本淳)に出会う。実は、彼は依頼主に雇われた「レンタル友達」だった。那沙は柳瀬を題材に、ある検証を試みようとする。一方、那沙のルームメイトの珠希(芦那すみれ)は音楽を通じて柳瀬と距離を縮めていく―。仲良くなっても越えられない「契約関係」。夢と現実の間で悩む男女が織りなす不思議な「関係性」の物語。

作品情報

映画『月極オトコトモダチ』
6月8日(土)より、新宿武蔵 野館、アップリンク吉祥寺、イオンシネマ板橋ほかにて全国順次公開


出演:徳永えり 橋本 淳 芦那すみれ 野崎智子 師岡広明 三森麻美 山田佳奈
監督・脚本:穐山茉由
音楽:入江陽
劇中歌・主題歌:BOMI
配給:SPOTTED PRODUCTIONS|
製作:「月極オトコトモダチ」製作委員会
©2019「月極オトコトモダチ」製作委員会
オフィシャルTwitter & instagram: @tsukigimefriend