斬新な切り口で話題の映画『決算!忠臣蔵』に木村祐一、板尾創路、村上ショージが参戦!

斬新な切り口で話題の映画『決算!忠臣蔵』に木村祐一、板尾創路、村上ショージが参戦!

11月22日(金)より公開される映画『決算!忠臣蔵』に木村祐一、板尾創路、村上ショージが出演することが決定した。

大石内蔵助に堤 真一、内蔵助を支える貧乏なそろばん侍・矢頭長助には、時代劇初挑戦の岡村隆史がダブル主演となる本作。

主君・浅野内匠頭の仇を討つため、石原さとみ演じるその妻・瑤泉院から預かった上限予算9,500万以内でなんとか討入りするべく、爪に火を灯す勢いで、日々の生活費や江戸までの旅費、武具までにも「これなんぼ?」と口癖の如く問い詰める内蔵助を筆頭に、本編は全編関西弁。



赤穂藩は現在の兵庫県に位置しているので当然ではあるが、【予算】と【関西弁】を切り口にした忠臣蔵は史上初の試みだ。

そしてこの度、公開されたキャラクターは、大石内蔵助の右腕として浪士を統べる赤穂藩イチの熱血漢・原惣右衛門に木村祐一、赤穂藩の討入りを阻止すべく画策する大垣藩家老・戸田権左衛門に板尾創路、赤穂の塩で大儲けしたカネに汚い塩問屋の主人・前田屋茂兵衛に村上ショージ。彼ら3人のコメントも掲載。

木村祐一 コメント
事実も史実も捉え方ひとつでこんなにも笑える。
現実っていうのも、遠くから見ればコメディなのでは?
堤さん、ツッコミ担当お疲れ様でした!

板尾創路 コメント
京都太秦での映画の撮影には特別感があるので楽しみにして参加しました。
共演者から「この現場はいいね!いい絵が撮れてる!スタッフ最高!」などの嬉しい声をたくさん聞きました。
完成品をまだ観ていないのでワクワクして、その日を待っています。

村上ショージ コメント
寒い寒い身体も凍れる撮影の日でした。
カイロを貼り、全身震える中、役者さんの役に対する凄さに只々感心させられた私でございました。

今後も出演情報の解禁は続いていく。期待していよう。

【STORY】
元禄14(1701)年3月14日。事件が起こったのは江戸城・松の廊下。
「濁った水を綺麗にする」ことを強く願う清廉潔白な赤穂藩藩主・浅野内匠頭は、かねてより賄賂まみれだった吉良上野介の態度の据え兼ね、斬りかかります。通常であれば喧嘩両成敗となるはずが、幕府が下した結論は、浅野家のお取り潰しと、内匠頭の即日切腹。突然藩主を亡くし、お家断絶となり、赤穂藩士たちは路頭に迷います。

要は江戸時代の優良企業倒産事件。現代に置き換えると、藩は会社、武士はサラリーマンということ。
筆頭家老・大石内蔵助(堤)は、嘆く暇もなく、勘定方・矢頭長助(岡村)の力を借り、ひたすらリストラに励む日々。
その努力や幕府への取次も虚しく、お家再興の夢は断たれてしまいます。それでも一向に討入る様子のない内蔵助。

ですが、江戸の庶民たちは赤穂浪士たちによる、吉良上野介への仇討を超熱望!
いつの時代も物事を動かすのは、なんとなくの時代の空気感。それは現代でも変わりありません。
ただそこで発覚した大変な事実。なんと、討入りするにも予算が必要。その上限は9500万!!!

討入るのか討入らないのか、迷っているうちに予算はどんどん減っていく。
でも世間の空気的に仇討しないと絶対にまずい!どうする大石内蔵助!?

予算の都合で、チャンスは一回。果たして彼らは【予算内】で、一大プロジェクト【仇討】を、無事に【決算】することができるのか!? こんな忠臣蔵見たことない! 涙と笑いの予算達成エンタテインメント!

作品情報

『決算!忠臣蔵』
2019年冬 全国公開
原作:山本博文『「忠臣蔵」の決算書』 (新潮新書)             
出演:堤 真一 岡村隆史 濱田 岳、横山 裕、妻夫木 聡、荒川良々、竹内結子、石原さとみ 木村祐一、板尾創路、村上ショージ
ほか
監督・脚本:中村義洋
製作:「決算!忠臣蔵」製作委員会
製作幹事:松竹株式会社、吉本興業株式会社
配給:松竹株式会社
©2019「決算!忠臣蔵」製作委員会 

オフィシャルサイト
http://chushingura-movie.jp/

原作書籍

「忠臣蔵」の決算書
著:山本博文 出版社:新潮社