成田 凌、映画『愛がなんだ』の公開記念舞台挨拶。撮影で監督からダメ出し!?

成田 凌、映画『愛がなんだ』の公開記念舞台挨拶。撮影で監督からダメ出し!?

映画『愛がなんだ』の公開記念舞台挨拶が本日4月20日、東京・テアトル新宿にて行われ、主演の岸井ゆきの、成田 凌、深川麻衣、若葉竜也、そして今泉力哉監督が登壇した。

本作は、直木賞作家・角田光代原作の同名小説を映画化したラブストーリー。

約200席の満席になった会場の観客に対して今泉監督は「昨日から劇場公開されて、いろいろな感想も耳に入ってきた。“刺さった”という人もいるようで、ちゃんとお客さんに届いていることがわかってうれしい」と満面の笑みでコメント。

大好きなマモルを一途に追いかける主人公・テルコ役の岸井は「原作と映画では役柄の描き方が違うので、原作未読の方は映画を観たあとに原作を読んでみたら面白いかも」と述べ、テルコ唯一の親友・葉子役の深川も「これだけの個性的なキャラクターが出ているのに、誰も悪者に見せない展開が素敵。誰にでも共感できるのがこの映画の面白いところ」と本作についてのそれぞれの感想を述べた。

葉子に惚れるナカハラ役の若葉は「演じていて恥ずかしかった。それは自分と通ずる部分があるから。自分の全裸を見られているようで、セリフにしても『こんなことを言ったことがあるよなぁ』と思った」と自身が演じた役柄に共感。思い出のシーンを聞かれると「BBQの撮影で成田君がブヨに刺されてすげえ血が出ていた。自分も耳を刺されてものすごく腫れあがった」と苦笑していた。

そんな若葉は深川から「寡黙で怖そうな人という印象を持っていたけれど、ナカハラ君と接していくなかで健気な人だなと。誰もが応援したくなる人です」とエールを送られると、「ありがとうございます!」とうれしそうに返答。

イベントでは突然、成田が撮影の裏側を暴露するひと幕も。

成田は岸井とのキスシーンを挙げて「一発OKだったけれど、岸井さんが監督のところに行ってコソコソと。そうしたら監督が僕のところに来て、ざっくりと説明すると『今のキスじゃ岸井さんは芝居ができねえ』と言われた」と述懐。

これに対し今泉監督は「そんな言い方はしていない!」と大慌て。「岸井さんからは『愛情がないのはわかるけれど、肉体すら求められていない気がする』と言われて、もう一度やってもらった。そうしたらものすごく熱量のあるキスシーンになってしまって『それは違う』と調整しつつやってもらいました」と劇中キスシーンの舞台裏を明かした。

最後に今泉監督は「内容が刺さったという人もいるし、すすり泣いたという感想も聞きました。泣かせたい、笑わせたいという意識のないささやかな演出だが、そこから何かを感じ取ってもらうというのが理想でした。それが届いたのがうれしい。このキャストでなければ厳しかったはず」と登壇者に感謝。

岸井も「この映画を完成させるために、キャスト・スタッフ一同頑張りました。映画は続いていくものなので、明日も明後日も劇場が満席になったら……と願います」と大ヒットに期待を込めた。

映画情報

『愛がなんだ』
テアトル新宿ほか全国公開中
原作:角田光代「愛がなんだ」(角川文庫刊)
監督:今泉力哉
出演:岸井ゆきの 成田凌 深川麻衣 若葉竜也 片岡礼子 筒井真理子 /江口のりこ配給:エレファントハウス
(c)2019映画『愛がなんだ』製作委員会


『愛がなんだ』作品サイト
http://aigananda.com/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC