宮野真守 主演劇場アニメ『HUMAN LOST 人間失格』がアヌシー国際アニメーション映画祭にて公式上映決定

宮野真守 主演劇場アニメ『HUMAN LOST 人間失格』がアヌシー国際アニメーション映画祭にて公式上映決定

太宰治生誕110周年を記念作品として、2019年に全世界で公開される劇場アニメ『HUMAN LOST 人間失格』が、フランスのアヌシー国際アニメーション映画祭で公式上映されることになった。

本広克行(スーパーバイザー)×木﨑文智(監督)×冲方丁(脚本)×ポリゴン・ピクチュアズ(アニメーション制作)の最強布陣で手掛けられる本作は、太宰 治の『人間失格』をSF作品としてダイナミックにリメイク。主人公・大庭葉藏(おおばようぞう)役は、声優・アーティスト・俳優など幅広く活躍する宮野真守が演じる。

そして、アヌシー・アニメーション国際映画祭は、1960年にカンヌ国際映画祭からアニメーション部門が独立し設立された映画祭。アニメーション映画祭としては世界最大規模を誇り、毎年国内外の約230作品が上映され、来場者は約12万人を記録している。

イベント情報

アヌシー・アニメーション国際映画祭
開催地:フランス・アヌシー
開催期間:6月10日(月)~15日(土)
イベントオフィシャルサイト:
https://www.annecy.org/home

作品情報

『HUMAN LOST 人間失格』
2019年全世界公開

【STAFF】
原案:太宰治「人間失格」より
スーパーバイザー:本広克行
監督:木﨑文智
ストーリー原案・脚本:冲方丁
キャラクターデザイン:コザキユースケ
コンセプトアート:富安健一郎(INEI)
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
企画・プロデュース:MAGNET/スロウカーブ
配給:東宝映像事業部

【CAST】
大庭葉藏:宮野真守

©2019 HUMAN LOST Project

『HUMAN LOST 人間失格』オフィシャルサイト
https://human-lost.jp