突如現れる貞子に注意!「リング」シリーズ最新作『貞子』本編映像が解禁

突如現れる貞子に注意!「リング」シリーズ最新作『貞子』本編映像が解禁

見ると1週間後に呪い殺されるという「呪いのビデオ」の恐怖を描いた鈴木光司のホラー小説を原作に、中田秀夫監督が映画化した『リング』(98)。それから20年、時代の変化と共に恐怖の形状を変えながら、つねに日本のホラー映画界を牽引してきた「リング」シリーズ最新作『貞子』が、若手実力派女優として躍進著しい池田エライザをヒロインに迎え、中田秀夫監督率いる伝説のオリジナルチームの手で新たに映画化、5月24日(金)に全国公開となる。

そんな本作の本編映像が解禁。心理カウンセラーとして働く茉優(池田)の勤め先の病院に運ばれてきた謎の少女(姫嶋ひめか)。茉優は、記憶が曖昧な少女を気にかけ、彼女の病室に立ち寄り優しく声をかけ様子を伺うが、少女の目線は茉優ではなく、背後のテレビ画面に映り込む貞子だった…。突如現れた自分だけが見える存在に震え、思わず部屋を出る少女がそのまま倒れこんでしまうところまでが描かれており、この後どんな恐ろしい展開が待ち受けているのか気になるところだ。

【STORY】
病院で心理カウンセラーとして働く茉優(池田エライザ)は、警察によって保護されたひとりの少女を担当する。一切の記憶をなくし、自分の名前すら言えない少女と向き合う茉優だったが、次第に彼女のまわりで奇妙な出来事が起こり始めるー。一方、WEBマーケティング会社に勤める祐介(塚本高史)の薦めでYouTuberとなった、茉優の弟・和真(清水尋也)は再生回数の獲得に焦るあまり、心霊動画を撮ろうと、死者5人を出したある団地の火事跡に忍び込むが…

作品情報

映画『貞子』
5月24日(金) 全国ロードショー


原作:鈴木光司「タイド」(角川ホラー文庫刊)
監督:中田秀夫
脚本:杉原憲明
主演:池田エライザ 塚本高史 清水尋也 姫嶋ひめか 桐山 漣 ともさかり
製作:「貞子」製作委員会
配給:KADOKAWA
©2019「貞子」製作委員会

オフィシャルサイトsadako-movie.jp

『タイド』原作