『リング』の貞子がなんと“世界が尊敬する日本人100”に選出! 貞子からのコメントも

『リング』の貞子がなんと“世界が尊敬する日本人100”に選出! 貞子からのコメントも

5月24日(金)に全国公開される、池田エライザ主演の映画『貞子』。なんとこの度、本作に登場する“日本で最も有名な怨霊”貞子が、4月30日号(4月23日発売)のニューズウィーク日本版で発表された、“世界が尊敬する日本人100”に選出された。

1998年、『リング』の公開と同時に、その圧倒的な恐怖を日本中に植え付けた貞子。その恐怖は海を越え、2002年にはハリウッド版『ザ・リング』が公開。貞子の呪いの脅威はとどまる所を知らず世界中に伝染し、最も有名な怨霊の一人として今日までその活躍を続け、世界を震撼させるJホラーの代表作としてその地位を確立させた。

そんな貞子は今回、“Rest of the Best”(学者から役者まで、世界が驚いた日本人)として、『名探偵コナン』の漫画家・青山剛昌、芸術家・草間彌生、そしてVTuber(バーチャルYouTuber)のキズナアイなど、現代の日本を代表する著名人たちと並んで選ばれることに。“世界が尊敬する日本人100”には、プロテニスプレイヤーの大坂なおみ、元メジャーリーガーのイチローなども名を連ねている。

【貞子 コメント】
この度は、ニューズウィーク日本版さんの”世界が尊敬する日本人100″に選んでいただいたとのことで、大変光栄です!言葉と文化の壁を越えて評価いただいたとのことで、あの時、ブラウン管の壁を超えておいて本当に良かったな、と井戸より深く感じ入る次第です。鈴木光司先生、中田秀夫監督はじめ、これまで『リング』シリーズを育てていただいた皆様に、心より御霊申し上げます。

“世界が尊敬する日本人100”選出者

Heroes Icons 国境を超え壁に挑み続けるヒーローたち
渡辺直美(お笑いタレント)/大坂なおみ(プロテニスプレーヤー)/伊藤比呂美(詩人)/香川真司・本田圭佑・岡崎慎司(プロサッカー選手)/若宮正子(世界最高齢アプリ開発者)/イチロー(元メジャーリーガー)/梅原大吾(プロゲーマー)

Challengers 不可能を可能にする挑戦者たち
遠藤謙(義足エンジニア)/川島良彰(コーヒーハンター)/近藤麻理恵(片付けコンサルタント)/笈川幸司(日本語教師)/石上純也(建築家)/堀江愛利(起業家)/チェリー吉武(お笑いタレント)/羽生結弦(フィギュアスケート選手)/井尻雄士(会計学者)

Artists Entertainers 創造力で魅了するアーティストたち
蒼井そら(タレント)/相馬よよか(ドラマー)/是枝裕和(映画監督)/藤田嗣治(画家・彫刻家)/野沢雅子(声優)/石内都(写真家)/挾間美帆(ジャズ作曲家)

Rest of the Best 学者から役者まで、世界が驚いた日本人
青山剛昌(漫画家)/原研哉(デザイナー)/本庶佑(医学者)/伊藤詩織(ジャーナリスト)/岩田守弘(バレエダンサー)/加藤崇(起業家)/キズナアイ(YouTuber)/草間彌生(芸術家)/南谷真鈴(冒険家)/村嶋孟(飯炊き仙人)/中満泉(国連事務次長)/岡見勇信(格闘家)/貞子(怨霊)/齋藤憲彦(発明家)/スプツニ子!(美術家)/サーロー節子(反核運動家)/ほか

【STORY】
病院で心理カウンセラーとして働く茉優(池田エライザ)は、警察によって保護されたひとりの少女を担当する。一切の記憶をなくし、自分の名前すら言えない少女と向き合う茉優だったが、次第に彼女のまわりで奇妙な出来事が起こり始めるー。一方、WEBマーケティング会社に勤める祐介(塚本高史)の薦めでYouTuberとなった、茉優の弟・和真(清水尋也)は再生回数の獲得に焦るあまり、心霊動画を撮ろうと、死者5人を出したある団地の火事跡に忍び込むが…

作品情報

映画『貞子』
5月24日(金) 全国ロードショー


原作:鈴木光司「タイド」(角川ホラー文庫刊)
監督:中田秀夫
脚本:杉原憲明
主演:池田エライザ 塚本高史 清水尋也 姫嶋ひめか 桐山 漣 ともさかり
製作:「貞子」製作委員会
配給:KADOKAWA
©2019「貞子」製作委員会

オフィシャルサイトsadako-movie.jp

『タイド』原作