平成最後のリリースラッシュ! ウィークリーアルバムダウンロードランキング

平成最後のリリースラッシュ! ウィークリーアルバムダウンロードランキング

音楽配信サイト・moraダウンロードランキングをお送りする。

平成最後のリリースラッシュとも言うべき注目作が複数リリースされた4月15日週。今回は通常のウィークリーアルバムランキングの結果をご紹介。
(集計期間:2019年4月15日~2019年4月21日)

 

1位を獲得したのは乃木坂46『今が思い出になるまで (Complete Edition)』。この「Complete Edition」はCDでは複数形態に分かれて収録されている楽曲をすべてひとつのパッケージで楽しめるという、配信限定のアイテム。2年連続で日本レコード大賞を受賞した「シンクロニシティ」や、人気メンバー・西野七瀬の卒業シングル「帰り道は遠回りしたくなる」を収録した今作は、フルアルバムとしては4枚目の作品。タイトル通り飛躍と節目を刻んだ、メルクマールな充実作となった。

乃木坂46『今が思い出になるまで (Complete Edition)』

 

2位は藍井エイルの4thアルバム『FRAGMENT (Special Edition)』。活動休止を挟んだ約3年ぶりのアルバムで、復活作として休止期間の心情を綴ったともとれる歌詞が印象的な「約束」から幕を開けるドラマティックな構成の全11曲だ。「Special Edition」となる本パッケージには配信限定ボーナストラックとしてライブ音源「シンシアの光 RE BLUE LIVE ver.」も収録。迫力あるロックサウンドのダイナミクスが楽しめるハイレゾ音源も人気のアイテムだ。

藍井エイル『FRAGMENT (Special Edition)』

 

全ストア総合のオリコン週間デジタルアルバムランキングでは1位を獲得したと報じられたTHE YELLOW MONKEYの『9999』は、moraランキングでは4位につけた。解散からの復活を経て、19年ぶりのアルバムとなる今作。音数を極限まで絞り込んだアレンジの隙間にブランクを感じさせない色気が立ちのぼる、録音作品としての充実にも注目だ。事実ロックバンドの新作としては珍しく、ハイレゾ音源のダウンロード数と通常音源のダウンロード数がほぼ同数という結果となった。

THE YELLOW MONKEY『9999』

 

その他の作品としては、声優であり、三人組ユニットTrySailのメンバーでもある夏川椎菜の1stフルアルバム『ログライン』、ブレイク真っ最中のバンド・King Gnuの常田大希から提供を受けた楽曲も収録の家入レオ『DUO』などが並ぶ。特に注目したいのは10位につけた富士 葵『声 ~Cover ch.~』だ。昨年、シングル「はじまりの音」でメジャーデビューしたいわゆる「VTuber(バーチャルユーチューバー)」のひとりである彼女。今作は配信限定リリースとなるカバー楽曲集だ。VTuberを主演にしたテレビドラマ『四月一日さん家の』がテレビ東京系で始まるなど、このムーブメントの勢いはますます増している。イラストレーターやコンポーザーなど、著名クリエイターを結びつけるハブとしての役割も注目される中、今後もリリースが続くであろう各VTuberの作品にも注目していきたい。

富士 葵『声 ~Cover ch.~』

 

10位までの各ランキングは以下の通り。
(ハイレゾ音源の配信があるものは、ダウンロード数を合算して集計)

1位:乃木坂46『今が思い出になるまで (Complete Edition)』
2位:藍井エイル『FRAGMENT (Special Edition)』
3位:祖堅 正慶『FINAL FANTASY XIV: STORMBLOOD – EP』
4位:THE YELLOW MONKEY『9999』
5位:家入レオ『DUO』
6位:夏川椎菜『ログライン』
7位:Aimer『Sun Dance』
8位:Aimer『Penny Rain』
9位:あいみょん『瞬間的シックスセンス』
10位:富士 葵『声 ~Cover ch.~』

 


 

邦楽・洋楽合わせて1,200万曲を配信する国内最大級の音楽配信サイトmora。CDの3~6.5倍の情報量を持つ高音質の「ハイレゾ音源」も取り揃えております!

mora ~WALKMAN[R]公式ミュージックストア~