「令和」記念! アナタの生まれ年の一冊を読める!? 『改元 島耕作』4月26日出荷!

「令和」記念! アナタの生まれ年の一冊を読める!? 『改元 島耕作』4月26日出荷!

明日4月26日(金)、コミック『改元 島耕作』が講談社より発売される。

1983年(昭和58年)の「島耕作」(著:弘兼憲史)シリーズスタートから2017年(平成29年)までの作品を、作品内の暦、掲載号(モーニング、マグナム増刊)をもとに1年ごと、 33巻にわけて収録。 該当作品は、『課長 島耕作』『部長 島耕作』『取締役 島耕作』『常務 島耕作』『専務 島耕作』『社長 島耕作』『会長 島耕作』。 巻によっては、 30ページと島 耕作があまり働いていない1年(?)や、 900ページを超える大忙しだった1年もある。 

貴方の生まれた年、働き始めた年、誰かと出会い、別れた年――島耕作も泣き、笑っていた。大切な人、そして貴方へ贈る。 昭和、平成、激動のあの頃を振り返ろう。

島 耕作とは
大手家電メーカー「初芝電器産業」に勤務する団塊世代のサラリーマン島 耕作が主人公。掲載当初はオフィスラブが描かれていたが、ストーリーが進むにつれて、一匹狼として社内の派閥抗争とは距離を置いていた島が、上司や同僚社員、女性たちの助力も得て、出世していく姿を描く。連載は1983年に雑誌「モーニング」(講談社)にて始まり、 36年目を迎える長期連載となった。その間、島は部長、取締役、常務、専務、社長、会長と出世し、時世に合わせたストーリーが描かれている。現在、「モーニング」では、テコット会長となった島が、経済団体の代表幹事も務め、素粒子物理に関連する研究施設「国際リニアコライダー」の誘致に携わる姿が描かれている。 

著者・弘兼憲史 コメント
「昭和」「平成」「令和」と3つの時代にわたって続いている島耕作は自分でもスゴイと思う。新しい時代もつぶさに漫画の中で表現していきたい。 

商品情報

改元 島耕作(1)~(33)電子版のみ ※平成9、10年はありません

発売:4月26日(金)
価格:本体50円~2,500円(税別。価格は巻によって異なる)
著:弘兼憲史
発行:講談社
©弘兼憲史/講談社