西川きよしが笑いを封印、桂 文珍が剃髪!? 堤真一×岡村隆史ダブル主演 映画『決算!忠臣蔵』に師匠ふたりが出演決定

西川きよしが笑いを封印、桂 文珍が剃髪!? 堤真一×岡村隆史ダブル主演 映画『決算!忠臣蔵』に師匠ふたりが出演決定

11月22日(金)より公開される映画『決算!忠臣蔵』に西川きよし、桂 文珍の出演が決定した。

大石内蔵助に堤 真一、内蔵助を支える貧乏なそろばん侍・矢頭長助には、時代劇初挑戦の岡村隆史がダブル主演となる本作。

主君・浅野内匠頭の仇を討つため、石原さとみ演じるその妻・瑤泉院から預かった上限予算9,500万以内でなんとか討入りするべく、爪に火を灯す勢いで、日々の生活費や江戸までの旅費、武具までにも「これなんぼ?」と口癖の如く問い詰める内蔵助を筆頭に、本編は全編関西弁。赤穂藩は現在の兵庫県に位置しているので当然ではあるが、【予算】と【関西弁】を切り口にした忠臣蔵は史上初の試みだ。

そんな本作に、西川きよしは岡村演じる矢頭長助と同じそろばん侍で赤穂藩次席家老・大野九郎兵衛(おおの・くろべえ)役、桂 文珍は大石内蔵助らが赤穂藩再興の望みを託す遠林寺の住職・祐海和尚(ゆうかいおしょう)を演じる。

撮影現場では台本を片時も離さず、何度も何度もセリフを反芻し、真剣に役に向き合っていた西川は笑いを封印。。W主演の重責を担う岡村を気遣う姿も印象的で、「同じ板に上がったら、先輩も後輩もないからな」と、酸いも甘いも経験してきたきよし師匠ならではの懐の深さも垣間見られた。いっぽうの桂は、何年も貫いてきたヘアスタイルを「岡村くんのためやからな、何でもするで」と、今回の和尚役に合わせて快く剃髪している。

『西川きよし コメント】
芸歴55周年を迎えたこともあり、『決算!忠臣蔵』の話をいただいたときは大石内蔵助の役がついに来たか! と思いました。実際いただいた役は大野九郎兵衛という役で、役作りのために本を読んで勉強をしました。大野九郎兵衛は僕によく似た人物で、まさかあの言葉を映画の台詞として言えるとは夢にも思いませんでした。久々の映画出演で緊張の連続でしたが、空き時間は芸人仲間や俳優さんと一緒に談笑して楽しい時間を過ごせました。

【桂 文珍 コメント】
まさか! まさか! 私が『忠臣蔵』の映画に出演する日が来るなんて!! 元々、『忠臣蔵』というエンタメは文楽『仮名手本忠臣蔵』から始まり、歌舞伎や映画、TVドラマにと時代と共にメディアの変化、時代の空気感に合わせてみなさんに受け入れられてきたお話です。この『決算!忠臣蔵』は実に今のご時世らしい作品です。大石内蔵助がお金で苦労していたとは・・・。討ち入りのためにお金を調達する重要な役をいただいた!と思ってたのですが、実際は・・・。私にぴったりの役でした(笑)。ぜひ劇場でご覧になってください。

【中村義洋(監督)コメント】
・西川きよし師匠
忠臣蔵をお金の面から描く、となると赤穂藩の財政を一手に引き受ける次席家老・大野九郎兵衛は重要な登場人物になります。御家断絶後に内蔵助を支えていく矢頭長助(岡村さん)にもそのDNAは確実に受け継がれていくわけで、ではそんな大野を誰に演じて頂くか・・・。実は今回のキャスティングで最も時間がかかったのがこの大野役でした。あの人でもない、この人でもないと悩む日々の中、ついに師匠の名前が挙がった時の「これで映画ができる!」と思った瞬間は今でも忘れられません。普段の温厚篤実なお人柄からは一線を画す、激しく熱いお芝居にご期待ください。

・桂 文珍師匠
まさか・・・まさかあの文珍師匠がトレードマークのあの髪型を剃って、頭を丸めてくださるなんて・・・。自分は大変なことをお願いしてしまったと青くなっているところへ「だいぶ寒うおまんな」と事も無げに、にこやかな笑顔で現れなさった師匠を見て、不覚にも泣いてしまいました。あんたこの仕事気張って続けてかなあかんで、と言われているようで、身の引き締まる思いでした。またお芝居が自然体で・・・。スーッと現場に来て、軽?くお芝居をされて、その中にたまに凄味を効かせて、スーッと帰っていかれる・・・。かっこ良過ぎました。

【池田史嗣(プロデューサー)コメント】
圧倒的存在感のきよし師匠に喝を入れられ、何を考えているか読めない文珍師匠にかき乱され右往左往する金欠の赤穂浪士たち…。今回勢揃いした日本映画界を代表する実力派のオールスター俳優陣と、お笑い界のレジェンドお二人のハイレベルな芝居合戦。コメディでありながら、お芝居はそれぞれの技量を尽くした真剣勝負。お二人のおかげで現場は(特に吉本勢が)緊張感に包まれ、作品がしっかりと締まったような気がします。まもなく平成が終わり、本作は“令和初の忠臣蔵映画”となりますが、新時代に送り出すのに相応しい、かつてなく斬新で面白い国民的エンターテイメントになっているはず。どうぞご期待くださいませ。

【STORY】
元禄14(1701)年3月14日。事件が起こったのは江戸城・松の廊下。
「濁った水を綺麗にする」ことを強く願う清廉潔白な赤穂藩藩主・浅野内匠頭は、かねてより賄賂まみれだった吉良上野介の態度の据え兼ね、斬りかかります。通常であれば喧嘩両成敗となるはずが、幕府が下した結論は、浅野家のお取り潰しと、内匠頭の即日切腹。突然藩主を亡くし、お家断絶となり、赤穂藩士たちは路頭に迷います。

要は江戸時代の優良企業倒産事件。現代に置き換えると、藩は会社、武士はサラリーマンということ。
筆頭家老・大石内蔵助(堤)は、嘆く暇もなく、勘定方・矢頭長助(岡村)の力を借り、ひたすらリストラに励む日々。
その努力や幕府への取次も虚しく、お家再興の夢は断たれてしまいます。それでも一向に討入る様子のない内蔵助。

ですが、江戸の庶民たちは赤穂浪士たちによる、吉良上野介への仇討を超熱望!
いつの時代も物事を動かすのは、なんとなくの時代の空気感。それは現代でも変わりありません。
ただそこで発覚した大変な事実。なんと、討入りするにも予算が必要。その上限は9500万!!!

討入るのか討入らないのか、迷っているうちに予算はどんどん減っていく。
でも世間の空気的に仇討しないと絶対にまずい!どうする大石内蔵助!?

予算の都合で、チャンスは一回。果たして彼らは【予算内】で、一大プロジェクト【仇討】を、無事に【決算】することができるのか!? こんな忠臣蔵見たことない! 涙と笑いの予算達成エンタテインメント!

作品情報

『決算!忠臣蔵』
2019年冬 全国公開
原作:山本博文『「忠臣蔵」の決算書』 (新潮新書)             
出演:堤 真一 岡村隆史 濱田 岳、横山 裕、妻夫木 聡、荒川良々、竹内結子、石原さとみ 木村祐一、板尾創路、村上ショージ
ほか
監督・脚本:中村義洋
製作:「決算!忠臣蔵」製作委員会
製作幹事:松竹株式会社、吉本興業株式会社
配給:松竹株式会社
©2019「決算!忠臣蔵」製作委員会 

オフィシャルサイト
http://chushingura-movie.jp/

原作書籍

「忠臣蔵」の決算書
著:山本博文 出版社:新潮社