挿入歌は平成の歌姫・華原朋美! YouTuber 7組が“スマホがなかった時代”にタイムスリップ!? 『もしも平成元年に僕らがいたら』公開

挿入歌は平成の歌姫・華原朋美!  YouTuber 7組が“スマホがなかった時代”にタイムスリップ!?  『もしも平成元年に僕らがいたら』公開

ソフトバンクのWeb動画『もしも平成元年に僕らがいたら』が、ソフトバンクのYouTube公式チャンネルで公開された。

同社が展開する「▼SoftBank music project」の一環として制作されたWeb動画『もしも平成元年に僕らがいたら』は、平成に生まれたあらたな職業“YouTuber”と、平成に生まれたデバイス“スマホ”を通じて、残りわずかとなった平成の時代を改めて振り返る内容。 ※▼は連桁付き16分音符が正式表記

動画には、平成が生んだトップクリエイター集団“YouTuber”として活躍するHIKAKIN、水溜りボンド、Fischer’s-フィッシャーズ-など全7組が出演。「スマホのない時代でYouTuberとして活動している様子」を描いている。

さらに挿入歌「おもいでのアルバム(平成卒業 ver.)」は、平成を象徴するアーティストのひとりである華原朋美が担当。ロックテイストにリミックスされた童謡「おもいでのアルバム」を歌唱している。

そのほかにも、つい懐かしい気持ちになってしまうような平成のコンテンツが次々に登場。平成を振り返りながら楽しめる動画となっている。

■「▼SoftBank music project」について
ソフトバンクは、現代を生きる人々の生活に欠かせない「音楽」を主役とした「▼SoftBank music project」を2019年に始動。元日に発表した、いきものがかりとのコラボレーションを皮切りに、クリープハイプや足立佳奈、石川さゆり、秦基博、サカナクションとのオリジナル楽曲を発表。

「音楽とスマホで、僕らはもっと自由になれる。」というメッセージのもと、年間を通して季節やテーマに合わせて、様々なアーティストとコラボレーションし、テレビCMを中心に「音楽」を軸とした様々なな企画を展開する予定だ。

また、音楽を象徴するロゴとして、ソフトバンクのロゴである2本のラインの下にふたつの丸を書き足し、音符のように見立てたロゴマークを採用している。

■WEB動画『もしも平成元年に僕らがいたら』について
◇HIKAKIN、VHSで動画編集!
HIKAKINがスマホで電話をしていると、いつの間にかタイムスリップして平成初期の世界に。大きなVHSカメラで自分を撮影し、平成初期にあったVHSのリニア編集機材で動画を編集している光景が映しだされる。

◇水溜りボンドはバリ3求めてアンテナ大改造!?
街中で動画を見ていた水溜りボンドが持つスマホが、いつの間にかブラウン管テレビに。その後、なかなか電波を受信できないサラリーマンの横に、携帯電話のアンテナを改造した水溜りボンドが現れる。ふたりが手に持つ携帯電話の画面には、サラリーマンと違い「バリ3」の表示が。

◇Fischer’s-フィッシャーズ-は新宿「LOVE」で待ち合わせ!
スマホがない時代にタイムスリップしたFischer’s-フィッシャーズ-は、平成のドラマにも幾度となく登場した新宿にあるLOVEで待ち合わせ。ギャル男に扮したマサイのもとに、地図や地球儀を駆使してメンバーが集まってくる。

◇そのほかにも平成を振り返るコンテンツが!
ゲームセンターに置かれた『鉄拳 2』や『タイムクライシス 2』のほか、ガングロメイクのギャルや『バトルドーム』で遊ぶ姿など、思わず「懐かしい!!」と言いたくなるようなコンテンツが映し出される。

■華原朋美 コメント
自分の青春時代でもある「平成」を振り返るCMで、新時代の象徴のようなYouTuberの皆さんとコラボができとてもうれしいです。レコーディングも、監督さんがとっても優しくわかりやすく説明してくださったので、ここはこんな気持ちで歌ってみたり、ここはあんな気持ちで歌ってみたり、それぞれに季節があってニコニコしたり思い出したり楽しかったです。

■HIKAKIN インタビュー
「現時点で平成は“人生そのもの”です」
Q:撮影時、印象に残ったエピソードは?
HIKAKIN:兄・SEIKINと小さなころ一緒にプレイしていた『タイムクライシス2』をゲームセンターでプレイし、本当にタイムスリップしたようで、そのシーンがとても印象深かったです。

Q:平成とはどのような時代でしたか?
HIKAKIN:平成元年生まれなので、現時点で平成は“人生そのもの”です。

Q:令和になってからの1本目の動画はもう企画されていますか?
HIKAKIN:もちろんです! ずっと前から仕込んでいるのでお楽しみに!

Q:CM をご覧いただく皆さまにメッセージを
HIKAKIN:今回のCMは平成初期にタイムスリップしたりと、とても壮大な仕上がりになっているので平成時代の皆様にはたまらない仕上がりになっていると思うのでお楽しみに!

■SEIKIN インタビュー
「YouTuberたちの今まで見たことのない姿を見ながら平成を振り返ることができる映像」
Q:撮影時、印象に残ったエピソードは?
SEIKIN:僕は今回ゲームセンターでの撮影で、実際に子供の頃遊んだ懐かしいゲームがたくさんあってテンションが上がりました。

Q:平成とはどのような時代でしたか?
SEIKIN:地元新潟で過ごした子供時代、そして大人になり、東京に出て社会人として働いた会社員時代、そして、YouTuberになった今、僕の人生のほとんどが平成で、数え切れない思い出ができた時代です。これから歳を取っても決して忘れることのない時代だと思います。

Q:CMをご覧いただく皆さまにメッセージを
SEIKIN:人気YouTuberたちの今まで見たことのない姿を見ながら平成を振り返ることができる映像になっていると思いますので、ぜひ最後までお楽しみください!

■Fischer’s-フィッシャーズ- インタビュー
「平成卒業でどんな新時代が始まるのか、ワクワクしてます!」
Q:撮影時、印象に残ったエピソードは?
マサイ:まさか平成最後にギャル男化するとは……。メンバーも初期化しましたけど、1994、95年生まれからすれば体験したことのない格好で斬新でした。タンクトップアイドルは不思議とマッチしていてお気に入りです。フィッシャーズが平成初期にいたらどうなってたんだろう…!

Q:CM と同様に、平成初期にタイムスリップしたら
ンダホ:もしタイムスリップできたらヤマンバギャルとパラパラ踊ってみたって動画を撮りたいです!

Q:平成とはどのような時代でしたか?
モトキ:平成は僕らを育ててくれた時代でした! フィッシャーズは全員平成生まれなので、これまでの僕らにとって、平成とは人生そのもの! 平成卒業でどんな新時代が始まるのか、ワクワクしてます!

Q:CMをご覧いただく皆さまにメッセージを
シルクロード:ご覧いただく皆さまには、初めてやったローラースケートのところに注目してもらいたいです! 映像上ではきれいにできているように見えますが、実際は笑ってしまうほどガタガタで、メンバーが緊張しながらアピールしているところを見てほしいです!

■関根りさ インタビュー
「平成でいちばんの出来事はケータイ電話が出たこと!」
Q:CMと同様に、平成初期にタイムスリップしたら?
関根:平成にタイムスリップしたらギャルメイクでギャル全盛期の渋谷を練り歩いてタピオカ飲んでパラパラしたいです(笑)。

Q:平成とはどのような時代でしたか?
関根:平成でいちばんの出来事はケータイ電話が出たこと! 画面はカラーになって、着メロが着ボイス、カメラ機能が備わって、、、。フォルダごとにケータイのライトのカラーを変えたり、着メロを変えたり、懐かしい、わたしの青春がつまった時代です。

Q:CMをご覧いただく皆さまにメッセージを
関根:あー懐かしい!!!がつまった動画です! 平成っていい時代だったなって感じてもらえたらうれしいです! ありがとう平成、よろしく令和!

■水溜りボンド インタビュー
「この作品はそれぞれのタイミングで『なんかあの動画観たいなぁ』と思ってまた観るもの」
Q:CMと同様に、平成初期にタイムスリップしたら?
カンタ:平成は今までで初めて戦争がなかった時代で、きっと平成初期は今とはまた違う希望だったり、活気があった気がします。エンタメも超面白かった時代でそこに少しでも自分らしく参加して遊べていたらいいなと思います。

Q:平成とはどのような時代でしたか?
カンタ:「平成生まれは」みたいにテレビで取り上げられることも多かったですが、ここから平成生まれってすげえなって思われるような人もたくさん出てくるしその人たちが社会を引っ張ると思います! 令和は平成の時代です。
トミー:平成について考えたことはなかったですが、終わっていくと考えた途端「寂しいな。好きだったな」と感じます。「あの頃は良かった」なんて令和で言わないように令和になっても頑張ります。

Q:CMをご覧いただく皆さまにメッセージを
トミー:この作品はこれから先それぞれのタイミングで「なんかあの動画観たいなぁ」と思ってまた観るものだと思います。今観た感想とまたいつか観た感想はまったく違うと思います。時代だけでなく、流行だけでなく、自分自身も変化していくからです。この作品を観てこの時代を象徴する出来事や流行を感じるとともに今この作品を観て自分はどんなことを思ったのかも大切に記憶していただけたらと思います。そして令和の水溜りボンドもよろしくお願いいたします。

■パオパオチャンネル インタビュー
「平成があったからこそ僕たちがここにいると思います」
Q:CMと同様に、平成初期にタイムスリップしたら?
小豆:パラパラを踊る、付け爪をつけたギャルになりたいです!

Q:平成とはどのような時代でしたか?
ぶんけい:「カオス」だと思っています。情報テクノロジーの発達で様々なものが混ざりあった時代でもあり、僕たちのような新しい職種も生まれました。平成があったからこそ僕たちがここにいると思います。
小豆:自分を作り上げた時代だと思っています。きっとこれからの未来より、はやりを追ったり影響を受けやすかった学生時代を作り上げた平成が私にとっていつまでも青春になるんだと思います。

Q:CMをご覧いただく皆さまにメッセージを
ぶんけい:皆さんにとっての「平成」を思い返しながらご覧いただきたいです。ここに描かれていることはほんの一部で、ひとりひとりの平成があったと思います。それを思い出すきっかけになれればうれしいです。

■ワタナベマホト インタビュー
「昭和は知らないけど絶対平成のほうがヤバい。最高」
Q:CMに出演されたご感想は?
ワタナベ:数秒の出演でこんなに撮影に時間がかかるのは本当に驚き、プロってすげぇなと思った。ベンチコート着たときは俳優さんみたいでワクワクしました(笑)。

Q:平成とはどのような時代でしたか?
ワタナベ:いろいろ物事が動きまわった最高な時代。昭和は知らないけど絶対平成のほうがヤバい。最高!

Q:CMをご覧いただく皆さまにメッセージを
ワタナベ:ものすごく時間がかかってる作品なので細かいところにも注目してみてください。このCM、最高 DA.YO.NE!?

 


ソフトバンク OFFICIAL WEBSITE
https://www.softbank.jp/


Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC