磐音(松坂桃李)を一途に想う芳根京子演じる奈緒に注目! 映画『居眠り磐音』の新たな場面写真が解禁

磐音(松坂桃李)を一途に想う芳根京子演じる奈緒に注目! 映画『居眠り磐音』の新たな場面写真が解禁

5月17日(金)に全国公開される映画『居眠り磐音』の新たな場面写真が解禁となった。

本作は 、平成で最も売れている時代小説シリーズとして多くの時代小説ファンの心を掴み、シリーズ累計発行部数2000万部を突破した佐伯泰英の名作『居眠り磐音』を原作とする本格時代劇エンターテインメント。主演に松坂桃李を迎え、木村文乃・芳根京子・柄本 佑・杉野遥亮・佐々木蔵之介・奥田瑛二・陣内孝則・石丸謙二郎・財前直見・西村まさ彦・谷原章介・中村梅雀・柄本 明など、日本を代表する豪華俳優陣が大集結する。

今回解禁となったのは、ある“哀しい事件”によって引き起こされる芳根京子演じる奈緒の“変化”と、それでも揺るがない“一途さ”を捉えた場面写真。2枚の写真で奈緒が握りしめているのは、磐音が江戸勤番を終えて藩に戻った際、奈緒のために持ち帰ってきたお土産の“南天の匂い袋”。どちらの写真でもその匂い袋を大事そうに握りしめており、磐音を想う気持ちの強さ、一途さが表れている。

そして、上品な色使いの上品な着物に身を包んだ写真(1枚目)では、その眼差しから磐音のことを想い、何かを憂うような、心配そうな表情を表している奈緒。そんな美しくも綺麗な出で立ちとは打って変わり、お家断絶となり苦難の生活を余儀なくされ、古びた着物を身にまとった写真(2枚目)では、匂い袋をすがるように固く握りしめ、髪を結い上げる綺麗なかんざしも見当たらない。藩で起こった“哀しい事件”が、直接関わった磐音、琴平(柄本 佑)、慎之輔(杉野遥亮)だけでなく、奈緒を含めた周囲の人々にも変化をもたらしたことが見て取れる。

“哀しい事件“を機に、奈緒の境遇や生き方はどう変化していくのか。取り巻く環境が変化する中でも揺らぐことがなく、磐音を想う奈緒の強さ、一途な想いにぜひ注目してほしい。

【STORY】
主人公・坂崎磐音(松坂桃李)は人情に厚く、礼節を重んじる好青年で、春風のように穏やか。剣の達人ではあるが、その剣術は日向ぼっこで居眠りする老猫のようで、眠っているのか起きているのかわからないことから「居眠り剣法」と呼ばれていた。
江戸勤番を終え九州・豊後関前藩に三年ぶりに戻った磐音と幼馴染の小林琴平(柄本佑)、河井慎之輔(杉野遥亮)。琴平の妹・舞は慎之輔に嫁ぎ、また磐音も、琴平と舞の妹・奈緒(芳根京子)と祝言を控えており、三人は幼馴染以上の深い絆で結ばれていた。
ところが、磐音と奈緒の祝言の運びになった時、慎之輔が「妻・舞が不貞を犯した」という噂を聞き、舞を斬ってしまう。それに激高した琴平は慎之輔に噂を吹き込んだ人物、さらには慎之助をも斬るという凄惨な展開に。琴平は罰せられることとなり、磐音が琴平を討ち取るよう命じられてしまった。
決死の闘いで琴平を討ち取った磐音は実の兄を殺した以上、奈緒と一緒にはなれないと、奈緒を残し脱藩することを決意。すべてを失い、江戸へ向かった――。
江戸で浪人として長屋暮らしを始めた磐音は、収入源がなく家賃の支払いも滞るように。見かねた大家の金兵衛(中村梅雀)に鰻割きの仕事や、両替商・今津屋の用心棒の仕事を紹介してもらい、なんとか生活の工面をしていた。穏やかで優しいが、剣も立つ磐音は次第に周囲から頼られる存在になっていき、今津屋の女中で金兵衛の娘・おこん(木村文乃)からも好意を持たれるなど江戸での暮らしも慣れ始めてきた。
そんな折、今津屋が南鐐二朱銀をめぐる騒動に巻き込まれ、磐音は用心棒として今津屋を守るために立ち向かうー。

作品情報

『居眠り磐音』
5月17日(金)全国公開


原作:佐伯泰英「居眠り磐音 決定版」(文春文庫刊)
出演:松坂桃李 木村文乃 芳根京子 柄本 佑 杉野遥亮 佐々木蔵之介 陣内孝則 谷原章介 中村梅雀 柄本 明 ほか
監督:本木克英
脚本:藤本有紀
音楽:髙見 優
製作:「居眠り磐音」製作委員会
配給:松竹
©2019映画「居眠り磐音」製作委員会

オフィシャルサイト
iwane-movie.jp
オフィシャルTwitter
https://twitter.com/iwane_movie
オフィシャルFacebook
https://www.facebook.com/iwane.movie/