椎名桔平主演サスペンス『連続ドラマW 神の手』の追加キャスト、ポスタービジュアル、場面写真が解禁

椎名桔平主演サスペンス『連続ドラマW 神の手』の追加キャスト、ポスタービジュアル、場面写真が解禁

6月23日(日)よりWOWOWにて放送される、100年時代を迎える日本に現代医療の在り方を問う社会派サスペンス『連続ドラマW 神の手』の追加キャストが明らかに。ポスタービジュアル&場面写真も公開された。

原作は、患者本人をはじめ医師や家族など立場の違う、それぞれの考えや葛藤を交差させながら「人の死を人が扱う」という答えの出ない問題を題材にした久坂部 羊の同名小説。主演・椎名桔平と久坂部は医療ドラマ『破裂』に続き、2作目のタッグとなり、監督は映画『キセキ-あの日のソビト-』や『泣くな赤鬼』(6月14日(金)公開)の兼重 淳、脚本は田中洋史、幸 修司が務める。

そして今回、新たに杉本哲太、鈴木砂羽、北村有起哉、星野真里、近藤正臣など実力派俳優の出演が決定。

主人公の外科医・白川泰生(椎名桔平)は、21歳の末期がん患者・古林章太郎(葉山奨之)を彼の育ての母で伯母の古林晶子(坂井真紀)が見守る中、苦渋の選択で安楽死させる。しかしその処置は、ジャーナリストで章太郎の母・古林康代(鈴木砂羽)によって告発されてしまう。そして、この告発は安楽死法案の成立をめぐり医学界、政界、マスコミ、市民団体を巻き込んだ大騒動に発展。

白川の同僚で外科医の山名啓介(杉本哲太)は、日本の医療改革を企てる団体JAMO(ジャモ)の会長・新見偵一(北村有起哉)と副会長・柴木香織(芦名星)とともに安楽死法案の成立を推進していく。さらに、その背後では元内閣総理大臣の佐渡原一勝(近藤正臣)らが暗躍。一方で康代を筆頭に、医師で安楽死法案「阻止連」の代理理事・大塚彰彦(井上肇)らが法案成立の阻止を図る。

賛否両論の激しい論争の中で白川の発言は世論をも扇動し、彼自身も医師として人間として葛藤し苦悩する。そんな白川に、かつて同僚だった看護師の本村雪恵(星野真里)が同志として寄り添う。

はたして、白川が最後にたどり着く未来とは……。

【兼重 淳(監督)コメント】
自分の終末を考えることが多くなった。
その時、身体は自由になるのか? 意識はあるのか?
いつかは迎える最期に、自分は何を想い望むのだろう…

久坂部先生の描かれた壮大な物語を映像化できると聞いた時、「この原作の世界観を、どれだけドラマチックにできるか」とプレッシャーを感じた。上下巻の内容を全5話にドラマにしなければならない。そんな思いが重圧となって、より劇的なものを考えていた。

椎名桔平さんは、いつも背中を押してくれる。「監督、大丈夫ですよ。リアルに行きましょう」「ドラマだからなんて考えなくても大丈夫ですよ」そう言ってキャメラ前に立ってくれる。

そうだった。

患者の為を想ってやった医師の行為が、マスコミや世論、政治までも巻き込んで大きな渦になって行く。その渦中の抗えないたった一人の医師を、そして彼に関わる人間をそれぞれリアルに描けば良いんだ今日もキャメラ前の白川泰生を見つめる。椎名さんと私のリアルを求めて……

【STORY】
外科医の白川泰生(椎名)は、21歳の末期ガン患者・古林章太郎に対しあらゆる手段を尽くした末、最後に安楽死の処置を選んだ。メディアでも発言権のあるジャーナリストで章太郎の母・康代はそれを告発。殺人か過失致死かで連日取り沙汰される中、かねてより議論されていた安楽死の法制化が現実味を帯びる。背後で蠢く法案成立と日本の抜本的な医療改革を企てる団体、そして反対派の医師やマスコミを使って安楽死法案の阻止を図る康代。白川はやがて激流に呑み込まれていく。

番組情報

『連続ドラマW 神の手』
6月23日(日)放送

原作:久坂部 羊「神の手」(幻冬舎文庫)
監督:兼重 淳
脚本:田中洋史/幸 修司
音楽:横山 克
出演:椎名桔平、杉本哲太、鈴木砂羽 ・ 北村有起哉、星野真里/芦名 星、葉山奨之、井上 肇、坂井真紀、杉本哲太/近藤正臣

番組ページ
https://www.wowow.co.jp/dramaw/kaminote/

原作小説:久坂部 羊『神の手』上巻

下巻