『アベンジャーズ/エンドゲーム』公開3日で興収14億円突破!

『アベンジャーズ/エンドゲーム』公開3日で興収14億円突破!

4月26日に公開された、マーベル・スタジオ最新作『アベンジャーズ/エンドゲーム』が世界中で歴史的大記録を更新中だ。

日本での初日の興行収入は5億709万円を記録。さらにその勢いはとどまることを知らず、週末3日間の興行収入は14億6,750万円を突破、動員は963,2000人という、MCU史上No.1の記録を打ち出し、日本の映画業界に激震が走る驚異的な数字を叩き出した。

その”衝撃“を目撃したファンからは「幸せ。最高。感無量。どんな言葉でも褒め足りない…」「MCUに出会ってない自分はきっと今の人生を歩んでないと思う。MCUありがとう。」「平成が終わるより、アベンジャーズが終わる方が悲しい。最後は涙で画面が見えませんでした。」「この時代に生きているからこそ、歴史的な瞬間をこの目で見られた」「この感動、興奮をこの先の人生であと何回経験できるだろうか」など、歴史に名を刻む瞬間に立ち会えたことへ感謝するコメントが寄せられ、”アベンジャーズロス“に号泣しながら劇場を後にする人たちが続出する事態に。

また、エンドロールの最後に拍手が沸きおこる劇場も多発するなど、その興奮は過熱するばかりで、“何回も観たくなる”といった声が多くあがり、早くもリピーターも続出し、その衝撃と感動は1回の鑑賞では終わらない本作の“凄まじさ“を物語っている。

全米でも、27日(現地時間)に公開、3日間の興行収入は速報数字で3億5千万ドル(約334億円)という脅威の数字を記録。全米で初週末の興行成績が3億ドルを突破したのは史上初、これまで歴代1位だった前作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(18)を上回る圧倒的な成績で、週末興行収入歴代1位を記録しロケットスタートを切っている。また韓国、フランス、イギリス、イタリア、スペインなど44の国と地域で“史上最高”のオープニング週末成績を記録、ハリウッドに次ぐ巨大映画市場の中国では、24日の公開後5日間の興行収入が3億3050万ドルを突破し、すでに歴代洋画史上4位の記録を叩き出すなど、映画史を塗り替える歴史的快挙を達成。全世界の興行収入は、12億ドル(約1,339億円)を突破し、週末興行収入歴代1位を記録した。

これは、前作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が持っていた歴代1位のオープニング記録を2倍近く上回る成績で、その衝撃のストーリーが明らかになると共に、各国で<映画史に残るであろう、史上最高のエンターテインメント>と称賛されている『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、いま世界で“社会現象”を巻き起こしているのだ。

“サノス倒し”だけじゃ終われない! 史上最大のクライマックスを迎える『アベンジャーズ/エンドゲーム』につながる“3つの事件”

“サノス倒し”だけじゃ終われない! 史上最大のクライマックスを迎える『アベンジャーズ/エンドゲーム』につながる“3つの事件”

2019.04.27

作品情報

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』
4月26日(金) 全国公開


監督:アンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ
出演:ロバート・ダウニーJr. ほか
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2019 MARVEL

アベンジャーズ/エンドゲーム オフィシャルサイト
https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-endgame.html