広瀬すず「パンチの効いたこともやってみたかった」『なつぞら』PHOTO BOOKで20歳の素顔全開!

広瀬すず「パンチの効いたこともやってみたかった」『なつぞら』PHOTO BOOKで20歳の素顔全開!

通算100作目となる、2019年度前期連続テレビ小説『なつぞら』でヒロインをつとめる広瀬すずにクランクインから密着し、“20歳の素顔”を撮り下ろしたPHOTO BOOK『広瀬すず in なつぞら』が4月1日に発売され、広瀬自身が出席する発売記念お渡し会が、5月4日(土)HMV&BOOKS SHIBUYAで行われ、会見に登場した。

本作は、『なつぞら』の舞台となる北海道で、緑が生い茂る夏と、白銀の世界が広がる冬にグラビア撮影を敢行。ここでしか見られない、大自然を背景にした躍動感あふれる姿が多数収められている。また、2018年6月、北海道・十勝でのクランクインから収録現場に密着。広瀬すずの『なつぞら』ヒロインとして過ごす日々が垣間見える貴重なオフショットが満載だ。

登壇すると、『広瀬すず in なつぞら』PHOTO BOOKの注目ポイントを披露。「『なつぞら』のクランクインは北海道ですが、北海道ロケのまま撮影させてもらって。冬にも北海道に行かせていただいたんですが、同じ場所なのに違う景色だったり…それがドラマの中でも感じてもらえる見どころだと思っています。それをこうして本にして出すことができて、違うカタチで北海道を感じてもらえたらうれしいなと思います」とコメント。

撮影は夏冬に北海道、都内でも撮影されている。撮影中の印象に残っていることを訊かれ「『なつぞら』(の世界)も一緒に本を出すということになって、さわやかなイメージがあるんですが、ちょっとパンチの効いたこともやってみたいなというのがありました。“自分”の部分と“奥原なつ”というキャラクターで北海道を感じている姿、両方あったらいいなということで、3回の撮影でスタッフさんも変えたりしながら、いろんな色を入れたらいいなという願望がありました。都内で撮影したのが、結構パンチの効いたもので、普段雑誌でもやらないメイクやヘア、衣装を着たりしたことが楽しかったです」。都内で撮影された、普段とはガラリと印象を変えた雰囲気で挑む「空」のイラストとのコラボ撮影は、本誌の見どころのひとつ。ヘアメイク・ファッションには、広瀬すず自身のこだわりが反映されている。

お気に入りの写真を披露してくれた。その理由としては「北海道ロケが終わってから撮ったんですが、半年くらい撮影していろいろ感じました。なつとしても、自分としても北海道にいるエネルギーを感じながら撮影ができるくらい安定してきたころなので、個人的に思うことがいろいろあったというか…デビューしてすぐお世話になったカメラマンさんに撮っていただいたので、ある意味素なのかな…不意に出た感じがして、個人的に何か感じるものがあったと思ってこれにしました」と、お気に入りの2枚について説明してくれた。

お気に入りを披露

お気に入り写真 「広瀬すず in なつぞら」PHOTO BOOK(東京ニュース通信社刊)

お気に入り写真 「広瀬すず in なつぞら」PHOTO BOOK(東京ニュース通信社刊)

『なつぞら』の今後の見どころを教えてくれた。「北海道編でもそうですが、登場するキャラクターが濃厚で面白いなと思うシーンがたくさんあります。今週からお兄ちゃん(岡田将生演じる奥原咲太郎)と岸川亜矢美(山口智子)さんというキャラクターと新しい出会いがあって、その存在がどんどん大きくなっていく中で生きていく、というようにお話が進んでいきます。もちろんアニメーションがはじまるので、この時代日本だけではなく世界で盛り上がりをみせている中で、(アニメーションの)ゼロからの作り方だったり…演じていてもすごいなと思うシーンがたくさんありますので、そこは注目してほしいです」と今後の見どころを披露してくれた。

トレンド入りした柴田泰樹を演じる草刈正雄とのシーンについての質問に及ぶと「草刈さんは何をしゃべってもまっすぐに届けてくださるので…これから東京に出たり、なつの気持ちが芽生えていくのですが、じいちゃんはなつの師匠でもあり、憧れでもあり…本当にそう思いながら、大切なシーンを撮ると、感情を共有できている感じがしています。個人的にも大切にしてたシーンがいいシーンになったらいいなという、ストレートに自分にも響くような言葉をセリフとして届けてくださっていて、すごいなぁと思います」と、家族としての絆が芽生えていることを裏付けるコメントをくれた。

最後に「100作品目というのもそうですけど、元号が変わるというのも、めぐり合わせってあるのかなって思いながら、今も撮影しています。これからも多くの方になつを応援してもらえたらいいなと個人的に思っています。面白いシーンも感動できるシーンもあるので、令和でも観ていただいきたいなと思います」とコメントし、会見は終了した。

本作のロングインタビューでは、「一日中お芝居をさせてもらえる毎日が、すごく楽しくて。日々“ 更新”していっている感覚です」と充実ぶりを告白している広瀬すず。この『なつぞら』を通して、女優としてさらに大きく成長していく広瀬すずの姿を記録した永久保存版の1冊『広瀬すず in なつぞら』PHOTO BOOKを、ドラマと共に楽しんでほしい。

フォトギャラリー

『広瀬すず in なつぞら』PHOTO BOOK

発売日:2019年4月1日(月)
定価:本体¥2,000+税
発売元:東京ニュース通信社