PS4/Switch向け恐竜サバイバル『PixARK』、環境が異なる4つのエリアを紹介

PS4/Switch向け恐竜サバイバル『PixARK』、環境が異なる4つのエリアを紹介

スパイク・チュンソフトは2019年5月13日、PlayStation 4/Nintendo Switch向けソフト『PixARK』について、ゲームの舞台となる4つのエリア情報を公開した。


PlayStation 4/Nintendo Switch
オープンワールド恐竜サバイバルアクション
『PixARK(ピックスアーク)』
環境が大きく異なる 4つのエリアを紹介!

株式会社スパイク・チュンソフトは、 2019年7月4日(木)発売予定の PlayStation 4/Nintendo Switch向けオープンワールド恐竜サバイバルアクション『PixARK(ピックスアーク)』について、生息する生物や気候などの環境が大きく異なる 4つのエリア情報を紹介いたします。

様々な環境がプレイヤーを待ち受ける!

環境が大きく異なる複数のエリアによって構成される『PixARK(ピックスアーク)』の世界。生息する生物や気候はエリアごとに特色があり、それによってサバイバルの難易度にも違いが出てきます。

「砂漠」
砂漠エリアは非常に暑く、水を補給できる場所がほとんどないため、アイテムをしっかりと準備することが大事です。また、エンペラースコーピオンやハイエナといった砂漠特有の生物が生息しています。

【ハイエナ】

【エンペラースコーピオン】

 

 

「氷の大地」
雪に覆われたこのエリアは、気温が低く、毛皮の装備が不可欠です。ダイアウルフやギガントピテクスといった猛獣、アイスエレメンタルなどの魔法生物も生息し、たいへん危険度が高いエリアです。

【ダイアウルフ】

【ギガントピテクス】

 

「魔法の森」
キラキラと輝きを放つ魔法の木が生え、ペガサスなどの魔法生物が生息している幻想的な森です。ここで採れる木材や鉱石などはすべて魔力を帯びており、魔法のアイテムをクラフトするための素材になります。

【ペガサス】

【トレント】

 

 

「水中」
染料となるワカメなど、水中にも素材となるアイテムが存在します。ただし、探索の際は息切れに注意が必要です。ダイビングスーツなどを装備すれば、建築素材となる美しい海水晶を深海で採掘できるでしょう。

【イクチオサウルス】

【メガピラニア】

 


ゲームスペック

タイトル:PixARK(ピックスアーク) 
プラットフォーム:PlayStation 4 / Nintendo Switch 
発売日:2019年7月4日予定 
価格:パッケージ版・ダウンロード版/5,500円+税 
ジャンル:オープンワールド恐竜サバイバルアクション 
プレイ人数:オフライン 1人、オンライン 最大70人 
 ※Nintendo Switchのローカル通信プレイでは、1~8人 
CERO:A 
開発:Snail Games USA 
販売:株式会社スパイク・チュンソフト 

公式サイト
https://www.spike-chunsoft.co.jp/pixark/

© 2016-2019 Snail Games. All rights reserved. PixARK and the respective logos are trademarks or registered trademarks of Snail Games in the U.S. and/or other territories. All other trademarks are the property of their respective owners.

※リリース情報を基に記事を掲載しています。