気分はさながら“オーシャンズ”! 実話映画『アメリカン・アニマルズ』12億円の本を盗む妄想シーンが解禁

気分はさながら“オーシャンズ”!  実話映画『アメリカン・アニマルズ』12億円の本を盗む妄想シーンが解禁

5月17日(金)に全国公開される、実際に起きた前代未聞の強盗事件を映画化した『アメリカン・アニマルズ』の最新映像が解禁となった。

野鳥画家・オーデュボンによって畳半畳ほどの大きさの紙435枚すべてに実物大の鳥が描かれた、時価12億円のヴィンテージ本を狙い、アメリカ・ケンタッキー州で大学生4人が実際に起こした強盗事件。本作は、そんな衝撃の実話を長編ドラマとしては本作が初監督作品となる、バート・レイトンが実写映画化したものだ。そして本作にはなんと、事件を起こした本人たちが劇中に登場。エヴァン・ピーターズやバリー・コーガンなどの俳優陣が事件当時の彼らを演じ、現在から過去を振り返るという形で犯人本人たちがそれぞれのエピソードを語っていく。

今回解禁となったのは、主人公ウォーレンの妄想シーン。華麗にお目当てのお宝本を盗み出す3人は、さながら“オーシャンズ”だ。

このシーンでかかっている曲は、ケイパームービー好きな人であれば一度は耳にしたことがあるであろう、エルヴィス・プレスリーの「A Little Less conversation」。これは『オ―シャンズ11』の主題歌として有名な曲で、『アメリカン・アニマルズ』に出てくる3人も『オーシャンズ11』を観て強盗を企てていることから、彼らがいかに映画に影響されて道を踏み外したかよく分かるような1シーンとなっている。

新米犯罪者の彼らは、歴代の犯罪映画を観て、どのように完璧な強盗を策謀したらいいかを調査。計画を練れば練るほど、それは依存性を増し、その妄想によって彼らは普通の生活から逸脱していくのだが、バート・レイトン監督は、「彼らは益々その妄想を手放したくなくなったんだ。普通の生活へ引き戻されるのが怖くて、誰もプラグを抜く役になりたがらなかった」と語っている。

【STORY】
アメリカ・ケンタッキー州で退屈な大学生活を送るウォーレンとスペンサーは、自分が周りの人間と何一つ変わらない普通の大人になりかけていることを感じていた。そんなある日、2人は大学図書館に時価1200万ドル(およそ12億円相当)を超える画集「アメリカの鳥類」が保管されていることを知る。「その本が手に入れば、莫大な金で俺たちの人生は最高になる」そう確信したウォーレンとスペンサーは、大学の友人エリックとチャズに声をかける。『スナッチ』『レザボア・ドッグス』『オーシャンズ11』などの犯罪映画を参考に作戦を練ることにした4人は、特殊メイクで老人に扮し図書館に乗り込む計画を立てる。来たる決行日、老人の姿に変装した4人は図書館へと足を踏み入れる――。そこで彼らを待ち受ける運命とは?この前代未聞の強盗の結末は?

作品情報

『アメリカン・アニマルズ』
5月17日(金)新宿武蔵野館、HTC渋谷ほか全国ロードショー!

監督・脚本:バート・レイトン『The Imposter』(英国アカデミー賞受賞)
出演:エヴァン・ピーターズ、バリー・コーガン、ブレイク・ジェナー、ジャレッド・アブラハムソン
提供:ファントム・フィルム、カルチュア・パブリッシャーズ
配給:ファントム・フィルム
原題:American Animals
© AI Film LLC/Channel Four Television Corporation/American Animal Pictures Limited 2018

オフィシャルサイト
phantom-film.com/americananimals/