ウィル・スミス、アラン・メンケンの伴奏で即興パフォーマンス! 山寺宏一、中村倫也も登壇した映画『アラジン』イベント開催【写真26枚】

ウィル・スミス、アラン・メンケンの伴奏で即興パフォーマンス! 山寺宏一、中村倫也も登壇した映画『アラジン』イベント開催【写真26枚】

6月7日(金)日本公開される映画『アラジン』の来日マジック・カーペットイベントが本日5月16日(木)に恵比寿ガーデンプレイス広場で行われ、本作で魔法の魔人、ジーニー役を演じたウィル・スミスをはじめ、「ホール・ニュー・ワールド」を生み出したディズニーレジェンドであり天才作曲家のアラン・メンケン、そして、日本語吹替版でアラジン役を演じる中村倫也、ジーニー役の山寺宏一、ジャスミン役の木下晴香、ジャファー役の北村一輝が登壇した。

ステージイベントでは、アラン・メンケンのスペシャルライブがスタート!「ホール・ニュー・ワールド」をピアノで生演奏を披露。続けて、ジーニーが歌う「フレンド・ライク・ミー」をメドレーで披露するはずが…サプライズでウィルが生歌で参加! ボイスパーカッションを披露するなどノリノリでライブさながらの盛り上がりを見せた。さらに、ダンサーとマーチングバンドによる「フレンド・ライク・ミー」スペシャルver.で日本人キャストも再登場した。 

ウィルは「本当に今大興奮しています! 「フレンド・ライク・ミー」は僕が『アラジン』に関わらせてもらうことになって一番最初に覚えてた曲なんです。今回、この舞台で初めてアランとの即興パフォーマンスをやったのですごく楽しかった。急に登場することになったんだ、びっくりしているよ!」と笑顔。アランも「そうなんです。さっき、思いついてウィルに登場してもらうことにしたんです! 一緒にパフォーマンスができて本当に楽しかったです」とコメントした。

すると、日本語版のジーニーを演じている山寺は「僕も入ろうと思ったけど、まだ新しいの覚えられてなくて…」とコメント。それでも関係ないよ!と言わんばかりにウィルはボイパ、アランはピアノは弾き、なんと3人でのパフォーマンスも実現した。

ウィルは山寺について、「こうやって、違う言語で声をした方にお会いできるのは珍しいことなんですけど、お会いできて最高の気分だし、僕たちの共通点はハンサムだってことだよね」とコメント。山寺も「オーケー! 僕もそう思います!」と嬉しそうに笑った。


最後に、本作についてウィルは「ディズニー映画がそうなんですが、この映画の中心には魔法があって、人々を幸せにできる要素がある。歌と踊り、演技、ラップ、ドラマ、コメディ、アクション…すべてが詰まった映画。家族全員で見てもらいです。とにかく素晴らしい、美しい映画で、僕が誇りに思っている映画です。アランの素晴らしい音楽とともに世界中に広がっていくと思います。前の『アラジン』が好きだったファンの方も、新しい『アラジン』のファンになってもらえると思いますし、新たに好きになってくれるファンもどんどん増えると思います」と自信を見せた。

作品情報

『アラジン』
6月7日(金)全国公開

監督:ガイ・リッチー
脚本:ジョン・オーガスト、ガイ・リッチー
音楽:アラン・メンケン
出演:メナ・マスード、ナオミ・スコット、ウィル・スミス
原題:Aladdin
全米公開:2019年5月24日
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
© 2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

オフィシャルサイト
https://www.disney.co.jp/movie/aladdin.html