カトパン初のビジネス書が絶好調! 発売1カ月で5万部突破!

カトパン初のビジネス書が絶好調!  発売1カ月で5万部突破!

フリーアナウンサーの加藤綾子の初のビジネス書『会話は、とぎれていい 愛される48のヒント』(4月12日発売、文響社)が発売1カ月で発行部数5万1,000部(4刷)を突破した。同書は明石家さんま、タモリ、笑福亭鶴瓶ら、彼女が出会った「魅力的な人たち」「コミュニケーションの達人たち」の姿勢や考え方を紹介する内容となっており、取次大手のトーハンの調べでは、女性の本棚部門(2019年5月1日〜5月15日)で1位に輝くなど女性から大きな支持を受けている。

読者の65%が女性

POSデータによると購入者の約65%が女性で、特に20-30歳代の女性に売れており、読者からも

「大物著名人の方々と第一線でお仕事されてきた説得力のある著者だからこそ書ける内容」
「人前で話すことが苦手だったが、緊張しない方法を見つけられた気がする」
「上からでも下からでもなく、『横からの目線』で書かれているのが良かった」

といった声が寄せられている。

加藤綾子 コメント
たくさんの方に読んでいただき、本当に感謝しております。
特に同世代の女性に多く読んでいただいていることは、私にとってもとても嬉しく、これまで経験してきた失敗なども無駄ではなかったと励まされるほどの嬉しさです。 

<収録内容抜粋>
◆会話がうまい人は「脱線」する
◆一流の人ほど緊張する
◆ダメ出しに強くなる方法
◆自分の「失敗」を楽しく話せる人が愛される
◆明石家さんまさんの隠れた魅力
◆阿川佐和子さんと高島 彩さんの「聞く力」
◆タモリさんがスタッフに慕われる理由
◆羽鳥慎一さんは「言わない」
◆テレビに映らない安住紳一郎さんのすごさ
◆「言いづらいこと」の伝え方…etc

書籍情報

会話は、とぎれていい 愛される48のヒント

出版社:文響社
定価:1,180円+税
新書判 200P