キンプリ・永瀬 廉、地元で巨大タコ焼きをもらいご満悦。映画『うちの執事が言うことには』大阪舞台挨拶

キンプリ・永瀬 廉、地元で巨大タコ焼きをもらいご満悦。映画『うちの執事が言うことには』大阪舞台挨拶

5月17日(金)より全国公開されている、永瀬 廉(King & Prince)の初主演映画『うちの執事が言うことには』の大阪舞台挨拶が、5月19日に梅田ブルク7で開催。永瀬が地元・大阪に凱旋し、共演の清原 翔、神宮寺勇太(King & Prince)、監督の久万真路とともに会場を盛り上げた。

本稿では、そんなイベントのオフィシャルレポートをお届けする。

映画『うちの執事が言うことには』大阪舞台挨拶

本編上映終了後の場内に3人が姿を現すと、待ちわびた観客から一斉に割れんばかりの拍手と悲鳴のような歓声が!

MCから、できれば関西弁で……と振られつつ挨拶を促されると、永瀬は、「おはようございまーす! 今日はしんどいこと忘れて、バリ良い思い出作っていきましょう!」と元気よく挨拶。一方、清原が「使い方が分からなかったから」と標準語で挨拶すると、「なに? 機嫌悪いん?(笑)」と永瀬が清原をいじる場面も。ふたりの仲の良さが垣間見れる。

本作の物語の鍵を握る赤目役を演じた神宮寺は上映後の観客にむかって「もう見てくれたんですよね? ご覧になった後だと僕を見る目が少し変わっている方もいらっしゃると思いますが、そういうふうに思ってもらえることがうれしいです。せやかて(笑)」と、挨拶の語尾に、撮影現場で流行っていたという関西弁「せやかて」を無理やり付けて挨拶。そんな、神宮寺の正しくない“せやかて”の使い方を見ていた永瀬は、さきほど関西弁を使わずに挨拶した清原に「神(じん=神宮寺)がさっき言っていた“せやかて”の正しい使い方を」と、“せやかて”の正しい使い方をレクチャー。それを受けた清原は改めて、「今日は朝早いですけど、“せやかて”、みんな楽しんでいきましょう!」と挨拶し、関西らしいユーモア溢れる雰囲気で舞台挨拶はスタートした。

地元・大阪に初主演作を引っ提げての凱旋となったことについて、永瀬は「地元の友人達も観てくれているみたいで、照れくささもありますけど、大阪でやることにすごい喜びを感じています!」と感無量な様子。清原は、昨日の東京での舞台挨拶を振り返りつつ、「朝早くからこんなにたくさんの方に観ていただいて、(昨日の東京での舞台挨拶を)全国で中継もしていただいて、僕が想像しきれない範囲で色々な方に観て頂けているな、とすごくうれしいです」と話した。神宮寺は、会場に詰めかけた大阪の観客について、客席を見渡しながら、「(ファンの)うちわがちょっと派手なのかな(笑)。大阪って派手な人が多いイメージがあるんですよ。だって(観客が持っている)ポスターにすごいラメとか入っているもん(笑)。でもこういうのを作ってくれる……時間を費やしてくれていることがうれしいですよね。」と大阪の空気感を感じていた。

撮影時に苦労したシーンや印象に残っているシーンを聞かれると、永瀬は、自身のクランクインのシーンでもあったという、多くのエキストラが参加したパーティー会場のシーンを挙げ、「僕は人見知りで、エキストラも多くて緊張して、汗も垂れてきて、汗のシーンでNGになったりもして。苦労しましたね」と撮影当時の裏話を明かした。清原は、印象に残っているシーンに、物語上でも重要なシーンとなる花穎と衣更月が仲たがいするシーンを挙げ、「(そのシーンの撮影時、永瀬と監督と3人で)綿密にお話しをさせて頂いたので。監督があのシーンを撮った夜、(達成感で)ひとりで飲みに行ったと聞いて、嬉しかったですね」と話した。また、大学生でありながら企業家という役柄だったこともあり、普段使わない言い回しが多かったという神宮寺は「わからない言葉はネットで検索してました(笑)」とインターネットが役作りの強い味方になっていたことを振り返った。

いっぽう、本作のメガホンを取った久万監督は、映画初主演を務めた永瀬について、「永瀬君は、(撮影に)入る前に、プライベートでも涙が出ないんですよ、と不安がっていたんですが、ラストシーンを撮った時にボロ泣きしていたので、芝居じゃなく本当に花穎になりきったんだと思った」と座長の現場での様子を振り返った。それを聞いた永瀬は「すごい褒められた……」と、少し照れながらも喜んでいた。

大阪での凱旋となったことにちなみ、地元である“大阪の味”を聞かれた永瀬は「おでんですね! 友達のお好み焼き屋さんのおでんがすごい好きで。そのお店はイケメンはタダにしてくれるので、お金払ったことないんですけど僕は(笑)」と冗談を交えながら意外な回答。いっぽう、清原と神宮寺も、それぞれの地元(清原=湘南出身、神宮寺=千葉出身)の味を聞かれると、清原は「しらすとかかな。生のしらすは苦味が強いんですよ、だから、茹でたしらすですかね」と話し、神宮寺は、「まぐろですね。しかも部位は赤身が好きなんですよね。みなさん中トロとか大トロが好きって言いますけど、ほんとは赤身だよ?」と郷土愛あふれるトークを披露した。

本作が令和初の映画出演作(神宮寺は本作が映画初出演)であることにちなみ、令和に挑戦したいことを聞かれると、永瀬は「僕はバイトですね! バイトして、バイトリーダーにまでのぼりつめたいですよね。シフト決めたいです他の人の」と意外な願望を明かした。バイトの経験があるという清原は、「ブルースハープを最近買いまして、THE 虎舞竜の『ロード』のイントロを令和中に(弾けるように)頑張ります。令和中? かかりすぎか(笑)」と少し控えめ(?)な目標を掲げていた。神宮寺は「最近、釣りに行くんですよメンバーが。釣りに行こうよって誘ってくれるんです。まぐろ釣ってみたいのよ(笑)」とまぐろ愛溢れる目標を話した。永瀬からは「まず船舶免許取ろうよ」とアドバイス。神宮寺は「OK。じゃあ取りますよ」と令和の挑戦を新たにしていた。

舞台挨拶の終盤には、映画の公開を記念し、スタッフからのサプライズプレゼントが。直径30cmを超える巨大な特製ジャンボたこ焼きが登場すると、「やば!」「でか!」「本物コレ??」と4人のテンションは最高潮に。「僕の顔よりデカい(笑)」と、永瀬が自身の顔とたこ焼きのサイズを比べるとその姿に会場からは「かわいい!」と歓声があがる場面も。そのまま、4人は、たこ焼きとともにフォトセッションを行い、大阪らしい写真撮影となった。

最後に永瀬は、「僕の初主演の映画が、大好きな場所で、大好きな皆さんに観て頂けるというのは嬉しいことですし、僕らがこうやって仕事できるのは皆さんのおかげだなって改めてこの映画を通して感じることができました。僕たちが愛したこの作品、たくさんの人に愛して頂けると嬉しいです」と感謝をこめて挨拶し、大盛況の舞台挨拶は幕を閉じた。大ヒット公開中の本作。永瀬の地元・大阪からも日本全国に“うち執”旋風を巻き起こしそうだ。

【STORY】
日本が誇る名門・烏丸家の第27代当主となった花穎(永瀬 廉)は、18歳にして既に飛び級で大学を卒業する程の頭脳明晰、 しかも色彩に関して特別な能力を備えている。突然の引退を宣言した先代当主の父・真一郎は行方がわからず、急ぎ留学先から 戻ってきてみると、そこにいたのは幼少時代から全幅の信頼を寄せる老執事・鳳ではなく、新しい執事だという仏頂面の見知らぬ青 年・衣更月蒼馬(清原 翔)だった。父・真一郎が遺した突然の発令により、不本意ながらも衣更月と主従関係を結ぶ羽目になっ た花穎。まだ自覚が足りない若き当主・花穎と、仏頂面で新米執事・衣更月との関係には、ビミョーな空気が流れる。そんな中花穎 は、招待された芽雛川(めひながわ)家次男のバースデーパーティーで、ある事件に巻き込まれる。親しげに近づいてくる大学生にし て起業家の赤目刻弥(神宮寺勇太)とは何者なのか?さらに、次々に起こる不可解な出来事・・・烏丸家に上流階級の陰謀が 降りかかる。花穎と衣更月は、烏丸家を守り抜くことができるのかー。

作品情報

『うちの執事が言うことには』
大ヒット上映中

出演:永瀬 廉(King & Prince) 清原 翔 神宮寺勇太(King & Prince) 優希美青 神尾楓珠 矢柴俊博 村上 淳  原 日出子 吹越 満 奥田瑛二
原作:高里椎奈「うちの執事が言うことには」(角川文庫刊) 
監督:久万真路 脚本:青島 武 
配給:東映
©2019「うちの執事が言うことには」製作委員会

書籍情報

コミック『うちの執事が言うことには』第10巻
5月24日(金)発売

小説「うちの執事に願ったならば」

原作コミック『うちの執事が言うことには』

『うちの執事が言うことには』オフィシャルサイト
uchinoshitsuji.com