SEGA AGESの次なる配信タイトルは『SEGA AGES ワンダーボーイ モンスターランド』に決定!

SEGA AGESの次なる配信タイトルは『SEGA AGES ワンダーボーイ モンスターランド』に決定!

セガゲームスは2019年5月21日、Nintendo Switch向けのSEGA AGESシリーズ最新作として『SEGA AGES ワンダーボーイ モンスターランド』を近日配信することを発表した。

思い出の名作ゲームが、当時のまま+新たな感動を加えて甦る
近日配信予定!『SEGA AGES ワンダーボーイ モンスターランド』
詳細情報を公開!

株式会社セガゲームスは、近日配信予定のNintendo Switch.用ソフトウェア『SEGA AGES ワンダーボーイ モンスターランド』の詳細情報を公開いたしました。

『SEGA AGES ワンダーボーイ モンスターランド』

【ゲーム紹介】
メガドライブなどで人気の高い「モンスターワールド」シリーズの原点となる、名作アーケードゲームです。
アクションとRPGの美味しいところ取りした斬新なゲームデザインは、いまだ多くのゲームファンに愛されています。
一部キャラクターを変えるなどして、さまざまなゲーム機に移植されてきましたが、本作はそれらすべてのオリジナルとなるアーケード版です。
モンスターに支配された世界を救うため、ブック少年はドラゴン討伐の冒険へと旅立ちます。
敵を倒してコインを集め、ショップで武器や防具、魔法アイテムを買いそろえてパワーアップ!モンスター城を目指しましょう。

【追加要素紹介】
・おなじみレバガチャボタンを搭載!
「錬金術」ことアーケードの常套テクニックであるレバガチャを、ボタンひとつで実行できる、通称「レバガチャボタン」は今回の移植でも標準搭載しています。

・新たな挑戦「マネーハングリーモード」!
その「レバガチャ」技を完全封印した、ゲームデザイナーが当初目指した真のゲームデザインでのプレイモードとして用意しました。世界中のプレイヤーと、ランキングを競うことができます。

 

 

・過去作にあったネットワークランキングもすべて収録!
普段対戦をスキップしがちのボス「スフィンクス」とガチバトルして競う「スフィンクスチャレンジ」、最終面の迷路になったダンジョンをタイムアタックする「モンスターキャッスルチャレンジ」、無限に使えるファイヤーボールのみで戦う、一撃死のアクションシューティングプレイ「ファイヤーボールチャレンジ」など、他機種移植版で収録されていたネットワークランキング要素も、漏れなく収録しています。

 


【商品概要】

商品名:SEGA AGES ワンダーボーイ モンスターランド
対応機種: Nintendo Switch
発売日:近日配信予定
価格:925円(税抜) ※ニンテンドーeショップからのダウンロード販売
ジャンル:アクション
プレイ人数:1P
発売・販売:株式会社セガゲームス
CERO表記:A区分(全年齢対象)

公式サイト: http://archives.sega.jp/segaages/ml/

©SEGA/LAT

※画面は開発中のものです。

※リリース情報を基に記事を掲載しています。