「いてまえー!」。山内圭哉のコッテコテの関西弁が癖になる。映画『空母いぶき』本編映像解禁

「いてまえー!」。山内圭哉のコッテコテの関西弁が癖になる。映画『空母いぶき』本編映像解禁

5月24日(金)に全国公開される、映画『空母いぶき』の本編映像が解禁された。

『沈黙の艦隊』『ジパング』のかわぐちかいじ原作、累計500万部突破のベストセラーコミックを、西島秀俊、佐々木蔵之介、髙島政宏、玉木 宏、藤 竜也、そして佐藤浩市といった日本映画界を牽引する超重厚キャストの共演で映画化する本作。

今回解禁となった映像は、敵駆逐艦と護衛艦《いそかぜ》の攻防シーン。《いぶき》の前方に現れた敵駆逐艦に対して、敵味方ともに極力犠牲者を出さないよう、主砲による砲撃で敵の無力化に挑む様子が映し出されている。

護衛艦《いそかぜ》の艦長・浮船武彦は、本気モードになるとつい関西弁が出てしまうという個性的なキャラクター。敵駆逐艦との攻防では敵のことを“やっこさん”と呼んだり、砲撃する時には“いてまえー!”と叫ぶなど、一癖も二癖もある艦長を山内圭哉が熱演。山内が演じる感情豊かでユーモラスなキャラクターによって、浮船と彼の率いる《いそかぜ》という艦の人間関係や雰囲気が鮮やかに浮かび上がっている。

先行上映会でいち早く本作を観た人たちの中には、「あの“いてまえ!”はクセになる」「イケメンが揃ってる中で異彩を放つ山内圭哉が最高に癒しだった」「山内圭哉さんと和田正人さんの会話は私の中で最高w」と浮船艦長にどハマりする人が続出。特に関西での先行上映会では、緊迫感の中に差し込まれるコテコテな関西弁に会場が大きな笑いに包まれていた。

そんな浮船艦長をはじめ、常に冷静沈着な《はつゆき》艦長・瀬戸斉昭(玉木)や、原作再現度が高いと話題の《はやしお》艦長・滝隆信(髙嶋)など、個性的なキャラクターが作る、それぞれの艦のカラーにも期待したい。

【STORY】
20XX年。日本の最南端沖で起こった国籍不明の軍事勢力による突然の発砲。日本の領土の一部が占領され、海保隊員が拘束された。未曾有の緊張が走る中、政府は初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とする護衛隊群を現場に向かわせる。空がうっすらと白み始めた午前6時23分。この後日本は、かつて経験したことのない1日を迎えることになる―。

作品情報

『空母いぶき』
5月24日(金)全国超拡大ロードショー!


原作・監修:かわぐちかいじ「空母いぶき」(小学館「ビッグコミック」連載中・協力:惠谷治)
企画:福井晴敏
脚本:伊藤和典、長谷川康夫
音楽:岩代太郎
監督:若松節朗
製作:『空母いぶき』フィルムパートナーズ
配給:キノフィルムズ

キャスト
西島秀俊(航空機搭載型護衛艦「いぶき」艦長:秋津竜太)
佐々木蔵之介(航空機搭載型護衛艦「いぶき」副長:新波歳也)

航空機搭載型護衛艦「いぶき」
藤 竜也(第五護衛隊群群司令:湧井継治)/村上 淳(船務長:中根和久)/石田法嗣(砲雷長:葛城政直)
戸次重幸(第92飛行群群司令:淵上晋)/市原隼人(アルバトロス隊隊長:迫水洋平)
平埜生成(アルバトロス隊パイロット:柿沼正人)/金井勇太(海幕広報室員:井上明信)

護衛艦「あしたか」工藤俊作(艦長:浦田鉄人)/千葉哲也(砲雷長:山本修造)
護衛艦「いそかぜ」山内圭哉(艦長:浮船武彦)/和田正人(砲雷長:岡部隼也)
護衛艦「はつゆき」玉木 宏(艦長:瀬戸斉明)
護衛艦「しらゆき」横田栄司(艦長:清家博史)
潜水艦「はやしお」髙嶋政宏(艦長:滝隆信)/堂珍嘉邦(船務長:有澤満彦)

RF4EJ偵察機
袴田吉彦(ナビゲーター:大村正則)/渡辺邦斗(パイロット:備前島健)

首相官邸
佐藤浩市(内閣総理大臣:垂水慶一郎)/益岡 徹(内閣官房長官:石渡俊通)中村育二(副総理兼外務大臣:城山宗介)

外務省アジア大洋州局
吉田栄作(局長:沢崎勇作)/三浦誠己(局員:赤司徹)

P-Panel
本田翼(記者:本多裕子)/斉藤由貴(プロデューサー:晒谷桂子)片桐仁(ディレクター:藤堂一馬)/土村芳(AD:吉岡真奈)

コンビニ
中井貴一(店長:中野啓一)/深川麻衣(アルバイト:森山しおり)/伊達円祐(アルバイト:和田正幸)

ジャーナリスト 
小倉久寛(東邦新聞記者:田中俊一)/岩谷健司(東邦新聞記者:一ノ瀬隆)今井隆利(現代日報記者:飯野智司)

オフィシャルサイトkuboibuki.jp

『空母いぶき』原作コミック

©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ